ワールドレポート

東京

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Tokyo <東京>

東京の記事一覧

アートの先鋭たちがジャンルを超え結集した伝説的オペラ『浜辺のアインシュタイン』、10月に上演

ワールドレポート/東京坂口 香野 Text by Kaya Sakaguchi今年から始まる「神奈川県民ホール開館50周年記念オペラシリーズ」の第1弾として、音楽+舞踊をテーマに、オペラ『浜辺のアインシュタイン』が10月8日・9日に上演される。振付・演出は平原慎太郎、Kバレエカンパニー名誉プリンシパルの中村祥子をはじめ選りすぐりのダンサー25名が出演するなど、バレエファンにも注目の舞台となりそうだ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/06/27掲載

「ダンサーとして今何ができるか」キエフ・バレエ支援チャリティーガラ公演ーー草刈民代ほかが記者会見

ワールドレポート/東京香月 圭 text by Kei Kazuki「キエフ・バレエ支援チャリティー BALLET GALA in TOKYO」が、7月5日、昭和女子大学人見記念講堂で開催される。6月17日には芸術監督の草刈 民代、ウクライナ国立バレエ(キエフ・バレエ)副芸術監督の寺田 宜弘、出演者として元バーミンガム・ロイヤル・バレエの厚地 康雄、そしてRENAISSANCE CLASSICSプ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/06/20掲載

バレエで描く日常とその先の希望、第5回Melos Dance Experience

ワールドレポート/東京坂口 香野 Text by Kaya SakaguchiMelos Dance Experienceは、ダンサー・アートプロデューサーの土井由希子による、コンテンポラリーやネオクラシック作品を中心とした公演プロジェクト。2018年の立ち上げ以来、振付家の中村恩恵、遠藤康行、ダンサーの八幡顕光、三木雄馬ら一線で活躍するアーティストを迎え、小空間で質の高い作品を発信してきた。「M

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/06/17掲載

10回目を迎えた堀内充 バレエコクレクションは、新作3作品とストラヴィンスキーの『カード遊び』が上演された

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi「堀内充 バレエコクレクション 2022」『金と銀』『胡蝶』『EPISODE/エピソード』堀内充:振付、『カード遊び』堀内完:振付今回で10回目となる「堀内充 バレエコレクション2022」が開催された。2013年に「堀内元・堀内充 バレエコレクション」として始まり、コロナ禍などの厳しい状況もあったのだが、10年間にわ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/06/10掲載

激しく生き抜き燃え尽きた恋人たちをドラマティックに描いた傑作、クランコ版『ロミオとジュリエット』

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki東京バレエ団『ロミオとジュリエット』ジョン・クランコ:振付東京バレエ団が、シュツットガルト・バレエ団の創設者で、物語バレエの巨匠とうたわれるジョン・クランコによる『ロミオとジュリエット』を日本のバレエ団として初めて上演した。クランコの作品としては、2010年に上演した『オネーギン』に続くものだが、『ロミオとジュリエット』

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/06/10掲載

ジゼルの悲恋を村の悲劇として描いたピーター・ライト版の優れた演出、スターダンサーズ・バレエ団

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiスターダンサーズ・バレエ団『ジゼル』マリウス・プティパ(ジャン・コラリ、ジュール・ペローの原振付に基づく):振付、ピーター・ライト:追加振付、演出渡辺恭子・林田翔平 © Kiyonori Hasegawaスターダンサーズ・バレエ団がカンパニーの芸術顧問を務めている、サー・ピーター・ライト振付の『ジゼル』を上演した。キ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/06/10掲載

『ノートルダム・ド・パリ』とローラン・プティ

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi牧阿佐美バレヱ団がローラン・プティの代表作『ノートルダム・ド・パリ』を、6月11日、12日に上演する。この華麗な色彩が乱舞する壮大なドラマティック・バレエは、日本では唯一、牧阿佐美バレヱ団のレパートリーとなっており、今回が6年ぶりの上演となる。振付スーパーバイザーのルイジ・ボニーノも来日して、今、リハーサルが熱くなっ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/06/06掲載

熊川哲也版『カルメン』三者三様のラストシーンと圧巻の「ハバネラ」!リハーサルレポート

ワールドレポート/東京坂口 香野 Text by Kaya Sakaguchi熊川哲也 © Ayumu Gombi熊川哲也版『カルメン』が、6月1日〜5日に東京・オーチャードホールで上演される。2014年の初演以来、数多くの観客を熱狂させてきたドラマティック・バレエの傑作だ。開幕2週間前の5月18日、東京・小石川のKバレエカンパニー本拠地で、主要4キャスト全員参加による公開リハーサルが行われた。「

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/05/26掲載

勅使川原三郎演出のオペラ『オルフェオとエウリディーチェ』ゲネプロレポート

ワールドレポート/東京坂口 香野 Text by Kaya Sakaguchi勅使川原三郎が演出するバロック・オペラの傑作『オルフェオとエウリディーチェ』が、5月19日、新国立劇場で開幕した。指揮は、バロック奏者・指揮者・プロデューサーとして活躍する鈴木優人。「カウンターテナーの王者」と評されるローレンス・ザッゾらの美しい歌声と、ハンブルク・バレエのアレクサンドル・リアブコら、勅使川原の信頼厚いダ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/05/19掲載

「堀内充バレエコレクション」でストラヴィンスキーの『カード遊び』を復刻する堀内充に聞く

ワールドレポート/東京インタビュー=関口紘一堀内充インタビュー――「堀内充バレエコレクション」が10回目を迎えます。今回は1982年11月にお父様の堀内完先生が初演されたストラヴィンスキーのバレエ音楽『カード遊び』を復刻上演されますね。初演後、初めての上演となりますか。「胡蝶」リハーサル堀内充 初演の半年後の1983年に再演をしましたが、その後は再演の機会がなく、一時は封印していました。初演の時、

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/05/16掲載

小野絢子の動きと気持ちと音楽が一体となった素晴らしいシンデレラ

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団『シンデレラ』フレデリック・アシュトン:振付<シンデレラ・ストーリー>という言葉を生んだシャルル・ペローの童話『シンデレラ』は、バレエの題材に適しており、しばしばバレエとして上演されてきた。近年では1944年にセルゲイ・プロコフィエフのバレエ音楽が作曲され、45年にボリショイ劇場でロスチスラフ・ザハ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/05/11掲載

Noism×鼓童『鬼』記者発表ーー鬼伝説の里、新潟から世界へ向けて発信する

ワールドレポート/その他香月 圭 text by Kei Kazuki金森穣率いるりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館の専属舞踊団 Noism Company Niigata と佐渡を拠点として活動する太鼓芸能集団 鼓童が、作曲家・原田敬子による新曲で共演を果たす。この公演は7月1日から新潟を皮切りに埼玉、京都、愛知、山形と巡回する。4月22日にりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館にて行われた記者発表

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/04/28掲載

クランコ版『ロミオとジュリエット』でジュリエットを踊る足立真里亜(東京バレエ団)に開幕直前インタビュー

ワールドレポート/東京インタビュー=坂口香野東京バレエ団が4月29日より、ジョン・クランコ版『ロミオとジュリエット』を初演する。同団にとって、2010年に初演した『オネーギン』に続き2作目のクランコ作品だ。子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』、金森穣振付『かぐや姫』主演に続き、今回、ジュリエット役に挑戦する足立真里亜に聞いた。痛いほど純粋な愛。選択肢がないゆえの勇敢さ――『かぐや姫』でのみずみ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/04/22掲載

ダンスの「いま」に触れる、DaBY(ダンスベース横浜)4月〜5月ラインナップ

ワールドレポート/東京坂口 香野 Text by Kaya Sakaguchiダンサー・振付家、異分野・異業種のアーティストと観客の交流拠点として、刺激的な活動を展開してきたダンスハウス、Dance Base Yokohama(ダンスベース横浜、DaBY)が、4〜5月のラインナップを発表した。3組のアーティストがワークショップやショーイングを展開。誰でも無料でクリエイション風景を鑑賞できるオープン

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/04/16掲載

衝撃的な『うたかたの恋』そして『ボレロ』、「シュツットガルト・バレエ団の輝けるスターたち」はスタンディングオベーションで幕を下ろした

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki「シュツットガルト・バレエ団の輝けるスターたち」Aプログラム『うたかたの恋』(第2幕のパ・ド・ドゥ)ケネス・マクミラン:振付、『ボレロ』モーリス・ベジャール:振付ほか〈シュツットガルト・バレエ団の輝けるスターたち〉と銘打って、ドイツの名門バレエ団のトップスターや期待の新鋭ら11人によるガラ公演が開催された。3月に予定され

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/04/11掲載

グリジやエルスラー、チェリートが踊ったロマンティック・バレエの黄金時代を彷彿させたバレエ協会公演『ラ・エスメラルダ』

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi2022都民芸術フェスティバル 日本バレエ協会公演『ラ・エスメラルダ』ユーリ・ブルラーカ:復元振付・演出2022都民芸術フェスティバルのバレエ協会公演は、ユーリ・ブルラーカ復元振付・演出による『ラ・エスメラルダ』全幕だった。林田翔平、川島麻美子 撮影/staff TES『ラ・エスメラルダ』の原作は、周知のようにヴィク

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/04/11掲載

『緑のテーブル』『マラサングレ』『セレナーデ』が踊られたDance Speaks 2022、スターダンサーズ・バレエ団

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiスターダンサーズ・バレエ団「Dance Speaks 2022」『セレナーデ』ジョージ・バランシン:振付、『マラサングレ』カィェターノ・ソト:振付、『緑のテーブル』クルト・ヨース:台本・振付「Dance Speaks」ダンスは何を語るのか、という命題を掲げたスターダンサーズ・バレエ団の今回の公演はトリプルビルだった。

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/04/11掲載

美しい軌跡を描いて踊る勅使川原の動きを観客は固唾を飲んで見守った、アップデイトダンス『ペトルーシュカ』

ワールドレポート/東京香月 圭 text by Kei Kazukiアップデイトダンス No.92『ペトルーシュカ』勅使川原三郎:演出・照明・出演、佐東利穂子:出演勅使川原三郎がこの作品の原型としたバレエ『ペトルーシュカ』は、フォーキンの振付により1911年パリ・シャトレ座でバレエ・リュスが初演した。ニジンスキーが演じたペトルーシュカ、カルサーヴィナが扮したバレリーナのほかに彼女と恋仲になるムーア

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/04/11掲載

上野水香(東京バレエ団 プリンシパル)が第72回芸術選奨 文部科学大臣賞を受賞した

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasakiphoto/Toru Hasumi東京バレエ団のプリンシパル、上野水香が、令和3年度(第72回)芸術選奨舞踊部門で文部科学大臣賞を受賞した。新国立劇場バレエ団のプリンシパル、奥村康祐と同時受賞で、ほかに新国立劇場バレエ団プリンシパルの井澤駿が文部科学大臣新人賞を受賞した。上野の受賞理由は、「類まれなプロポーションと柔軟性

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/03/19掲載

集中力と情感を研ぎ澄まして『アルルの女』のフレデリを踊りきった水井駿介(牧阿佐美バレヱ団)に聞く

ワールドレポート/東京インタビュー=関口紘一――伊達コンペティションで審査員特別賞、NBAのバレエコンクールで入賞され、スカラシップでウィーン国立バレエ学校に行かれましたね。これはどういう経緯ですか。水井 スカラシップをいただいたときに選んでいただいたのが、ウィーン国立バレエ団の先生でした。「アルルの女」水井駿介撮影/鹿摩隆司――まだ、マニュエル・ルグリがウィーン国立バレエ団の芸術監督に就任してい

  • #ワールドレポート
  • #東京

2022/03/18掲載

ページの先頭へ戻る