ワールドレポート

東京

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Tokyo <東京>

東京の記事一覧

ダンスという強烈な「呪い」、やはり、ひとりでは見ないほうが......。ルカ・グァダニーノ監督による再構築版『サスペリア』がまもなく公開!

ワールドレポート/東京坂口 香野 Text by Kaya Sakaguchi「決してひとりでは見ないでください」1977年、このキャッチコピーで一世を風靡した、ダリオ・アルジェント監督の『サスペリア』。ショッキングで忘れがたい美しさをもつホラーの名作として『エクソシスト』『オーメン』などと並び称されてきた。前作『君の名前で僕を呼んで』で高い評価を受けたルカ・グァダニーノ監督によるリメイク版『サス

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/19掲載

新国立劇場オペラ、バレエ、演劇 3部門の2019 /20シーズンのラインナップが発表された

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi小川絵梨子演劇芸術監督、大野和士オペラ芸術監督、大原永子舞踊芸術監督新国立劇場オペラ、バレエ、演劇 3部門の2019 /20シーズンのラインナップが1月17日に発表された。オペラ芸術監督の大野和士に続いて、大原永子バレエ芸術監督がマイクを取って新シーズンの予定を説明した。大原芸術監督は、これまで<ダンサーの育成><観

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/19掲載

ナタリア・マカロワ版『ラ・バヤデール』のライヴビューイングがいよいよ上映される!

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi英国ロイヤル・バレエの2018/19シネマシーズンは、昨年の『うたかたの恋』から始まっており、1月18日より『ラ・バヤデール』の上映が全国で順次始まる。周知のように、英国ロイヤル・バレエの『ラ・バヤデール』はナタリア・マカロワ版で、最後の寺院崩壊まで描かれている希少ヴァージョンである。セルゲイ・ヴィハレフが2002年

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/12掲載

生き生きとした人々、闊達な踊り、渾然とした艶やかな色彩、この上なく楽しい『ドン・キホーテ』

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiマリインスキー・バレエ『ドン・キホーテ』マリウス・プティパ:振付、アレクサンドル・ゴールスキー:改訂振付マリインスキー・バレエ団が3年ぶりに来日公演を行った。今回は、「日本におけるロシア年」の中枢イベントであり、マリウス・パウティパ生誕200年に当たり、ロシアでもこのクラシック・バレエの巨匠に関する様々にベントが行わ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/10掲載

選りすぐりのレパートリーを堪能した―マリインスキー・バレエ「マリインスキーのすべて〜スペシャル・ガラ〜」

ワールドレポート/東京梶 彩子 text by Ayako KajiThe Mariinsky Galaマリインスキー・バレエ「マリインスキーのすべて〜スペシャル・ガラ〜」東京文化会館でマリインスキー・バレエのガラ公演「マリインスキーのすべて〜スペシャル・ガラ〜」を鑑賞した。マリインスキー・バレエのレパートリーの中から、プティパやフォーキン、バランシンらの傑作から、マーネンやゴーティエらのヨーロッ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/10掲載

永久メイの踊りの美しい流れに思わず感じ入ってしまった『白鳥の湖』

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiマリインスキー・バレエ『白鳥の湖』マリウス・プティパ、レフ・イワノフ:振付、コンスタンチン・セルゲイエフ:改訂振付・舞台監督マリインスキー・バレエの『白鳥の湖』は、プティパ、イワノフ版に基づいて1950年に初演されたものが受け継がれている。おそらくこのヴァージョンが一つのスタンダードと目されて、世界中で多く上演されて

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/10掲載

プロコフィエフの名曲と共鳴する振付・演出、愛の奇蹟を見事に表した『シンデレラ』

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiキエフ・バレエ ータラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエー『シンデレラ』ヴィクトル・リトヴィノフ:振付・演出キエフ・バレエータラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエーが来日し、『シンデレラ』『くるみ割り人形』『白鳥の湖』という3作の全幕バレエを全国21公演を行なった。中でも『シンデレラ』は、1990年と

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/10掲載

技法やスタイルの異なる作品を見事に踊り分けたダンサーたちに感心、東京バレエ団<20世紀の傑作バレエ 2>

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki東京バレエ団〈20世紀の傑作バレエ 2〉『スプリング・アンド・フォール』ジョン・ノイマイヤー:振付、『イン・ザ・ナイト』ジェローム・ロビンズ:振付、『小さな死』イリ・キリアン:振付、『ボレロ』モーリス・ベジャール:振付古典名作だけでなく優れた現代作品の上演にも定評のある東京バレエ団が、20世紀後半にバレエの世界を刷新した

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/10掲載

歌舞伎や文楽の技法を巧みに採り入れバレエと融合させたベジャールの傑作『ザ・カブキ』、初演の「香り」を大切に上演された

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki東京バレエ団『ザ・カブキ』モーリス・ベジャール:演出・振付東京バレエ団がモーリス・ベジャールの『ザ・カブキ』を2年振りに上演した。東京バレエ団から委嘱を受けたベジャールが、「仮名手本忠臣蔵」を基に、作曲家の黛敏郎とコラボしながら、歌舞伎や文楽の技法や所作を巧みに採り入れて創り上げた傑作で、1986年の初演以来、日本の伝統

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/10掲載

木村優里と渡邊峻郁による素晴らしいグラン・パ・ド・ドゥ、イーグリング版『くるみ割り人形』

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』ウエイン・イーグリング:振付2017年11月に初演した新国立劇場バレエのウエイン・イーグリング振付『くるみ割り人形』が、今年も上演された。初演は小野絢子、福岡雄大のペアで観たので、今回は木村優里(クララ・こんぺい糖の精)と渡邊峻郁(ドロッセルマイヤーの甥、くるみ割り人形、王子)のコ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/10掲載

太田朱音、山本達史、中川郁が踊った楽しく明快な物語、牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』レフ・イワーノフ:振付、三谷恭三:演出・改訂振付牧阿佐美バレヱ団の『くるみ割り人形』は、レフ・イワノフの振付に基づいて、芸術監督の三谷恭三が演出・改訂振付を行なっている。私は金平糖の精/太田朱音、王子/山本達史、雪の女王/中川郁というキャストで観た。(他日は織山万梨子・清滝千晴・青山

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/01/10掲載

米沢唯と渡邉峻郁が踊った二つのパ・ド・ドゥが印象に残った、新国立劇場バレエ団の『不思議の国のアリス』

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団『不思議の国のアリス』クリストファー・ウィールドン:振付バレエ『不思議の国のアリス』は2011年にルイス・キャロルの同名の小説(1865年)に基づいて、クリストファー・ウィールドンが英国ロイヤル・バレエ団に振付けたもので、作曲はジョビー・タルボット、台本はニコラス・ライトだった。このバレエは少女の夢

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/12/10掲載

切なく甘美なデュットとともにジークフリート王子の悲劇を描いたクランコ版『白鳥の湖』

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko SasakiTHE STUTTGART BALLET シュツットガルト・バレエ団"Swan Lake" John Cranko 『白鳥の湖』ジョン・クランコ:振付ドラマティック・バレエの名門、シュツットガルト・バレエ団が、3年振り11度目の日本公演を行った。同団は、この9月、長年にわたってプリンシパルとして活躍したタマシュ・デートリ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/12/10掲載

50年という時を越えて輝く『オネーギン』、ゲストにヴィシニョーワ、ガニオを迎え、シュツットガルト・バレエ団が上演

ワールドレポート/東京原 桐子 Text by Tohko HaraTHE STUTTGART BALLET シュツットガルト・バレエ団"ONEGIN" John Cranko 『オネーギン』ジョン・クランコ:振付今シーズンから就任した新芸術監督、タマシュ・デートリッヒが率いるシュツットガルト・バレエ団は3年ぶりに来日した。前回来日時と同じ『オネーギン』と日本では久しぶりとなる『白鳥の湖』2演目を

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/12/10掲載

伊藤範子の演出・振付に確かな手応えを感じさせた、谷桃子バレエ団「創作バレエ・15」のダブルビル

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki谷桃子バレエ団「創作バレエ・15」『HOKUSAI』『道化師〜パリアッチ〜』伊藤範子:演出・振付谷桃子バレエ団の「創作バレエ・15」は、文化庁の海外特別研修員として、2016年11月からイタリアのミラノ・スカラ座バレエ団で演出・振付・教授法を学んできた伊藤範子の新旧2作品によるダブルビル。ミラノで研修中に見た「HOKUS

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/12/10掲載

時代と共に生き、ダンスを創造した藤井公、若松美黄、庄司裕の作品が踊られた、ダンス・アーカイヴ in JAPAN 2018

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiダンス・アーカイヴ in JAPAN 2018『砂漠のミイラ』藤井公・利子:構成・演出・振付、『獄舎の演芸』若松美黄:構成・振付、『八月の庭』庄司裕:構成・振付このシリーズの第3回目、ダンス・アーカイブ in JAPAN 2018では、藤井公『砂漠のミイラ』(1993年)、若松美黄『獄舎の演芸』(1977年)、庄司裕

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/12/10掲載

マリインスキー・バレエ 日本公演 2018 記者会見、ダンサーたちの言葉

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiマリインスキー・バレエ団の3年ぶりの来日公演はすでに幕を開けているが、東京公演を翌日に控えた11月27日、東京文化会館で主要ダンサーが揃って記者会見が行われた。今回のマリインスキー・バレエ団の来日は、プティパ生誕200年ということもあり、『ドン・キホーテ』(22年ぶりの上演)『白鳥の湖』の全幕2作と、「マリインスキー

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/12/02掲載

K バレエ カンパニーとBunkamuraがフランチャイズ契約を結ぶ、熊川哲也芸術監督と中野哲夫社長が記者会見で発表

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki複合文化施設「Bunkamura」運営する東急文化村は、2018年11月1日付けで、熊川哲也率いるKバレエ カンパニーと5年間のフランチャイズ契約を締結した。この契約締結について11月26日、東急文化村代表取締役社長・中野哲夫と、Kバレエ芸術監督・熊川哲也が記者懇談会を開いた。契約の概要は、東急文化村はKバレエのオーチャ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/12/01掲載

勅使川原三郎と佐東利穂子が『月に憑かれたピエロ』を踊る!

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi勅使川原三郎の近年の活躍ぶりは、誠に目覚しい。その凄まじい踊るエネルギーにはただただ圧倒されるばかりだ。今年に限って見ても、本拠地のカラス・アパタラスの [アップデイトダンスシリーズ] で、『ピグマリオン・人形愛』『青い花』『白痴』『火傷の季節』『幻 ファンタスム』『読書』『特性のない男』12月13日からは『黒旗 中

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/11/28掲載

一周忌を前に......薄井憲二バレエ・コレクション特別展によせて

ワールドレポート/東京関 典子(薄井憲二バレエ・コレクション・キュレーター/ダンサー/神戸大学准教授)Text by Noriko Seki――「あなたはダンサーでもあるのね? 僕もそう。現場の人間。踊る者だから、わかることがある。」これは、2014年の夏、新キュレーターの候補者として、初めて薄井憲二先生にお会いした時に、掛けていただいた言葉です。私は現在、コンテンポラリー・ダンスを専門に、研究・

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/11/22掲載

ページの先頭へ戻る