令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ワールドレポート

2016年6月

2016年6月の記事一覧

[ロンドン] グロテスクなモンスターをめぐる残酷なドラマを尖鋭な美意識で描いたスカーレットの最新作『フランケンシュタイン』

ワールドレポート/その他アンジェラ・加瀬text by Angela KaseThe Royal Ballet 英国ロイヤル・バレエ団'Frankenstein' Choreographed By Liam Scarlett 『フランケンシュタイン』リアム・スカーレット:振付ロイヤル・バレエは5月4日リアム・スカーレット振付の『フランケンシュタイン』を世界初演。27日まで計10公演を行った。 同作

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2016/06/14掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー ドロテ・ジルベール

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURADorothée Gilbert ドロテ・ジルベール(エトワール)『ロミオとジュリエット』に続いて『ジゼル』。オペラ座のクラシック作品のレパートリーを踊るのに技術的にも芸術的にも申し分のないエトワールであることを、ドロテ・ジルベールはこの2作品で再び観客に強く確信させた。この夏、「エト

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2016/06/10掲載

抑圧された戦いの場を提示し、明快なメッセージを込めたマギー・マランの『拍手は食べられない』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris  パリ・オペラ座バレエ団"Les applaudissements ne se mangent pas" Maguy Marin『拍手は食べられない』マギー・マラン:振付最近、ヴェネチアビエンナーレ芸術祭でイタリア人作曲家のサルヴァトーレ・シャリーノ、英国

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2016/06/10掲載

すみずみにまで細やかな気持ちが込められていたジルベールとムンタギロフの『ジゼル』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris  パリ・オペラ座バレエ団"Giselle" Jean Coralli、Jules Perrot 『ジゼル』ジャン・コラリ、ジュール・ペロー:振付レエファン待望の『ジゼル』が5月28日から6月14日までガルニエ宮で上演されている。 5月28日のプルミエにはミ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2016/06/10掲載

ジュリエットを踊った森下洋子の渾身の演舞に感動、松山バレエ『ロミオとジュリエット』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi松山バレエ団『ロミオとジュリエット』清水哲太郎:演出・振付松山バレエ団の『ロミオとジュリエット』は、森下洋子舞踊歴65周年記念公演として上演された。初演は1980年だから、35年以上にわたり演じられてきている。 開幕は、黎明の中、音楽が響き渡って、ロミオ(刑部星矢)がソロ・ヴァリエーションを踊るシーンから始まった。やが

  • #ワールドレポート
  • #東京

2016/06/10掲載

小野、福岡のたおやかさと力感漲る踊り、木村、中家の伸びやかな踊りが際立った『ドン・キホーテ』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』マリスス・プティパ、アレクサンドル・ゴルスキー:振付、アレクセイ・ファジェーチェフ:改訂振付新国立劇場バレエ団の『ドン・キホーテ』が、3組のキャスト(米沢唯/井澤駿、小野絢子/福岡雄大、木村優里/中家正博)で上演された。新国立劇場バレエの『ドン・キホーテ』は、プティパ、ゴルスキーの振

  • #ワールドレポート
  • #東京

2016/06/10掲載

メヌエットからコンテンポラリー作品まで、安達哲治の案内で辿る楽しいバレエの旅

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi安達哲治による「拝敬(啓) フランスバレエの英雄達!」安達哲治後援会牧阿佐美バレヱ団で踊り、2012年までNBAバレエ団の芸術監督だった安達哲治(ミタカバレエ主宰)による「拝敬(啓)フランスバレエの英雄達!」は、とてもおもしろくかつ楽しかった。「不確かなものを少しでも確かなものにできると、より深く感じることができる」と

  • #ワールドレポート
  • #東京

2016/06/10掲載

将来が楽しみなダンサーたち──「こうべ全国洋舞コンクール」各部門トップの舞台写真とともに

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna第29回こうべ全国洋舞コンクールこうべ全国洋舞コンクール実行委員会;主催決選直後に喜びの笑顔のスナップ写真とともに速報をお届けした「こうべ全国洋舞コンクール」(速報ページ:www.chacott-jp.com/magazine/news/concours/29-1.html)の舞台写真が届いているので、今回は写真

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2016/06/10掲載

バレエを観なれない人も楽に見られそうな、お洒落な演出・振り付けによる『白鳥の湖』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna株式会社ヤスナート『白鳥の湖〜ラヴ・ストーリーは突然に〜』やすなみずほ;振付モノクロームの、男女が抱き合う背中の写真がメインの映画のようなリーフレット。バレリーナで劇団四季などでも活躍したやすなみずほが、バレエクリエーターとして守山市民ホールとともに手がけた舞台のリーフレットだ。当日のプログラムも冊子ではなく、小

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2016/06/10掲載

森田玲子とキジママナカの自作自演の2作が「なにわ芸術祭新人賞」を受賞した──なにわ芸術祭

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna第53回なにわ芸術祭バレエ&コンテンポラリーの饗宴全日本洋舞協会、産経新聞社ほか:主催日本舞踊や落語、クラシック音楽、ジャズなどさまざまなジャンルの舞台が行われ、時代を担う芸術家に新人賞が贈られる「なにわ芸術祭」。産経新聞社が昭和39年(1964年)に創設、今年53回目となる総合芸術祭だ。その一環として行われた「

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2016/06/10掲載

ページの先頭へ戻る