令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ワールドレポート

2010年4月

2010年4月の記事一覧

R.プティ『ランデヴー』『若者と死』ラコット版『パキータ』ピナ『春の祭典』他が上演される

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris  パリ国立オペラ座バレエ団Programme de la saison 2010 2011 2010・2011年シーズンのプログラムパリ国立オペラ座の来シーズンのプログラムが発表された。ブリジット・ルフェーヴル舞踊監督の15シーズン目となる。現在バレエ公演

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2010/04/12掲載

ステファン・ビュリョン、カール・パケットのアルマンが素晴らしかった『椿姫』

ワールドレポート/パリ秀 まなかtext by Manaka ShuBallet de l'Opera national de Paris パリ国立オペラ座バレエ団Jhon Neumeier:La Dame aux Camélias  ジョン・ノイマイヤー振付『椿姫』パリ・オペラ座バレエ団『椿姫』の続報では、アニエス・ルテステュ、ステファン・ビュリョン組、イザベル・シャラヴォラ、カール・パケット組

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2010/04/12掲載

スラヴ色の濃厚なバレエ・リュス、アレキサンドロワ、ツィスカリーゼ他

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoTheatre des Champs-Elysees  シャンゼリゼ歌劇場Kremlin Ballet : Les Saisons russes du XXIeme siecle クレムリン・バレエ団「21世紀のバレエ・リュス」1907年にマリインスキー劇場から優秀なダンサーを選んでディアギレフが創設したロシア・バレエ団の19

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2010/04/12掲載

鮮烈な印象を残したデュポン、ルナヴァン、プレルヨカーユ『シッダールタ』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris  パリ国立オペラ座バレエ団Angelin Preljocaj : Siddhârta アンヨラン・プレルヨカーユ『シッダールタ』プレルヨカーユのパリ国立オペラ座バレエ団のための4つめの作品となる『シッダールタ』が世界初演された。 少年時代にヘルマン・ヘッセ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2010/04/12掲載

伊藤キムの「今」が見られた知立市公演のダンス3作品

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu伊藤キムが振付「岡崎サリー2010」 伊藤キムを振付「伊藤キム まず電気を消します!」 カンパニー作品「ブチ込み、ヤミ鍋、舌ツヅミ」パティオダンス公演2010 伊藤キムを知ろう!愛知県出身の伊藤キムが久しぶりに出身地・知立でダンス公演を行った。近年では自らの活動を自身のクリエイションから教育へと移しており、今回もダンス公

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/04/12掲載

市川透芸術監督による新カンパニー BALLET NEXT第一弾『シンデレラ』

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu市川透:振付『シンデレラ』BALLET NEXT 2010BALLET NEXTは、登録制のカンパニーとして、公演ごとのオーディションで選出されたダンサーたちによって活動を行ってきた。過去3回では、『ジゼル』をはじめとした市川透振付による古典などの演目を発表してきたが、今回より市川芸術監督の下、その中心となるファーストメ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/04/12掲載

ダンサーを輝かせる深川秀夫の世界「Ballet Spitz バレエアーベント」最終公演

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu畑野ゆかり:振付「チャイコフスキーの夕べ」『Die Frau』深川秀夫振付『パトロンと女達』『ファンタジー』Ballet Spitz 「バレエアーベント」畑野ゆかり率いるBallet Spitzのバレエアーベントは、畑野を筆頭に東海地域のフリーのダンサーたちが自ら制作を担う意欲的な公演だ。5回目となった舞台も、もちろん深

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/04/12掲載

4学年が揃った神戸女学院音楽学部公演、國立臺北藝術大學舞蹈學院も参加

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna神戸女学院大学音楽学部音楽学科舞踊専攻島崎徹:構成・振付『Here we are!』『Courage』『Patch work』『The Naked Truth』4年前、振付家の島崎徹を専任教授に迎え開設された神戸女学院大学音楽学部音楽学科舞踊専攻。その初めての卒業生を送り出す今春、初の4学年が揃った公演が行われた

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/04/12掲載

アルティ・アーティスト・プロジェクトの2人の若手振付家による『カルミナ・ブラーナ』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzunaアルティ・アーティスト・プロジェクト山口陽子、河邊こずえ:演出・振付『カルミナ・ブラーナ』京都府立府民ホール"アルティ"が行っているアルティ・アーティスト・プロジェクト(A.A.P.)。ブヨウ部門公演では芸術監督である望月則彦が演出・振付を手がけることが多いが、6回目を迎えた今回はA.A.P.メンバーである若手2

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/04/12掲載

ページの先頭へ戻る