令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ワールドレポート

2013年4月

2013年4月の記事一覧

[ ロンドン ]ワトソン熱演! コンテンポラリー・ダンスの可能性を広げるカフカ『変身』の舞踊劇

ワールドレポート/その他アンジェラ・加瀬text by Angela KaseThe Royal Ballet ROH2 英国ロイヤル・バレエROH2 " The Metamorphosis " Choreographed by Arthur Pita Dance -Theatre adaptation after Franz Kafka 『変身』アーサー・ピタ振付 フランツ・カフカ原作による舞

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2013/04/10掲載

日本のコンテンポラリー・ダンスに可能性を感じさせてくるダンス

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団「DANCE to the Future 2013」『The Well-Tempered』中村恩恵:振付『O Solitude』『Who is "Us"?』中村恩恵:演出・振付、『solo for 2』金森穣:振付中村恩恵は2007年にヨーロッパから日本に活動の拠点を移し、多くの振付作品を発表している

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

勅使川原三郎がシュルツに触発されて創った、独特の"春"を表わす存在感

ワールドレポート/東京浦野 芳子text by Yoshiko UranoKARAS『春、一夜にして』ブルーノ シュルツ「春」より 勅使川原三郎 佐東利穂子 ジイフ 林誠太郎:出演 あれっ? いつもとなんだか雰囲気が違う。―ブルーノ・シュルツの短編『春』の一節が読み上げられ、まるで曙の空にかかる月のように、白い衣裳をまとい登場した佐東利穂子の隣でぎこちない動きを繰り広げはじめた彼は、やっぱり勅使川

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

クラシッカルな感覚とコンポラリーのセンスが素敵なバランスをみせた、IBC主宰「Gala 2013」

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiBallet Gala 2013/Iwaki Ballet Company『チャイコフスキー・スウィート』西島千博:振付、『Wings to Fly』小尻健太:振付、『リベルタンゴ』Karina Sarkissova、『海賊』より マリウス・プティパ:振付、『眠れる森の美女』より マリウス・プティパ:振付、『Docto

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

白鳥の女王としての気品ある踊りを見せたエフセーワ、バレエ協会『白鳥の湖』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi日本バレエ協会アレキサンドル・ゴルスキー版『白鳥の湖』マリウス・プティパ/レフ・イワノフ:原振付、アレキサンドル・コルスキー:改訂振付、ワレンチン・エリザリエフ:監修日本バレエ協会が2013都民芸術フェスティバル参加公演として、アレクサンドル・ゴルスキー版『白鳥の湖』を上演した。バレエ協会はかつて、小牧正英、島田廣、コ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

音楽性豊かなバレエを一流のダンサーが踊った「NHK バレエの饗宴 2013」

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiNHK バレエの饗宴2013『コンチェルト』ケネス・マクミラン:振付 小林紀子・バレエ・シアター『ドニゼッティ・パ・ド・ドゥ』マニュエル・ルグリ:振付 橋本清香&木本全優『春の祭典』モーリス・ベジャール:振付 東京バレエ団『ラプソディ』からパ・ド・ドゥ 吉田都&ロバート・テューズリー『コッペリア』から第3幕 石井清子:

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

原典を尊重した優美な振付によるクラシック・バレエ、牧バレヱ『眠れる森の美女』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』テリー・ウエストモーランド:演出・振付(M.プティパによる)牧阿佐美バレヱ団の『眠れる森の美女』はテリー・ウエストモーランド版をレパートリーとしている。このバレエは、フランス ルイ14世時代の宮廷文化を背景に、善と悪、光と闇、生と死の対立を、シャルル・ペローの有名な童話に託して描いてい

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー : レティツィア・ガロニ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURALetizia Galloni レティツィア・ガロニ(コリフェ)「ベジャール/ニジンスキー/ロビンス/シェルカウイ、ジャレット」の公演が、5月2日からオペラ・ガルニエで始まる。シェルカウイとジャレットによるクリエーション『ボレロ』を踊る5名の女性ダンサーの一人に、21歳のコリフェ、レテ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2013/04/10掲載

「ルドルフ・ヌレエフへのオマージュ」ガラ公演の舞台写真集

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Hommage a Rudolf Noureev「ルドルフ・ヌレエフへのオマージュ」ガラ公演ルドルフ・ヌレエフは1993年1月6日に54歳でパリで亡くなった。1992年10月8日に念願の『ラ・バヤデール』を初演してから、わずか3ヵ月後

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2013/04/10掲載

傑作の上演でベジャールの普遍性を改めて確認し、ユーモラスなジル振付作品も堪能

ワールドレポート/東京佐々木 三重子text by Mieko SasakiBEJART BALLET LAUSANNE モーリス・ベジャール・バレエ団A:"DIONYSOS(SUITE)" "BOLERO " by Maurice Béjart "SYCOPE" by Gil Roman『ディオニソス組曲』『ボレロ』モーリス・ベジャール:振付/『シンコペ』ジル・ロマン:振付B:"LIGT" by

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

衣裳、装置、演出、そして音楽と振付が見事に調和して、素敵な「シンデレラ」が誕生した

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiK-BALLET COMPANY『シンデレラ』熊川哲也:演出・振付K-BALLET CAMPANYの『シンデレラ』は、熊川哲也のオーチャードホール芸術監督就任を記して、昨年2月に世界初演された。熊川にとっては9作目にあたるグランド・バレエの演出・振付作品である。この魔法のファンタジーは、ロイヤル・バレエの大先輩のアシュ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

エトワール昇格を決めたアバニャートが「死神に遣わされた美女」を鮮烈に踊った

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Roland Petit, " Le Rendez-vous " " Le Loup " " Carmen "ローラン・プティ振付『ランデブー』『狼』『カルメン』ローラン・プティは2011年7月11日に亡くなった。その数ヶ月前に『ラン

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2013/04/10掲載

ページの先頭へ戻る