令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ワールドレポート

2006年12月

2006年12月の記事一覧

アート・スクランブル12『人属のマチエール』

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu 舞踊家のこかチちかこが主宰するアート・スクランブル公演の12回公演には、同じくこかチが主宰するオープンセサミのこどもたちが多数参加した。オープンセサミは、障害のある子どもたちのためのダンス教室で、こうした活動を通してこかチは、狭義の芸術としてのダンスから、アートの社会貢献というダンスを社会へとつなげる活動を展開している

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/12/10掲載

第5回ナゴヤ・テアトル・ド・バレエ公演『ダフニスとクロエ』ほか

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu ナゴヤ・テアトル・ド・バレエ公演は、塚本洋子バレエ団が中心となり、バレエ団のしがらみに縛られることなく他の所属あるいはフリーのダンサーも参加できる場として定着し、今回で5回目をむかえた。今年は名古屋出身の振付家・深川秀夫を芸術監督に迎え、3つの演目を上演した。『White Suites』は、山本美樹子がアダンの音楽で、

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/12/10掲載

越智インターナショナルバレエ『白鳥の湖』公演

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu『白鳥の湖』 越智インターナショナルバレエの秋の公演は、新プロデュースによる『白鳥の湖』だ。同バレエ団がはじめてこの作品に取り組んだのは、半世紀以上も前のことだというから、再演にあたっての思いも深いというもの。そして今またこの名作に取り組むにあたって、越智實の念願だったプロローグの場面など、いくつかの場面で改訂された新プ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/12/10掲載

単独バレエ団としては日本初演 法村友井バレエ団『アンナ・カレーニナ』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna『アンナ・カレーニナ』 トルストイの大長編『アンナ・カレーニナ』。この大人の恋---不倫物語を、日本人が上演して陳腐にならないものだろうか?正直なところ、そんな心配を抱きつつ劇場に向かった。---というのも、このアンドレ・プロコフスキー振付の『アンナ・カレーニナ』、日本ではこれまで日本バレエ協会の公演で2度上演さ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/12/10掲載

千日前青空ダンス倶楽部『水の底』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 千日前青空ダンス倶楽部、演出・振付は紅玉。彼は、この作品が上演された大阪のコンテンポラリーの拠点、アートシアターdB(DANCE BOX)のエグゼクティブ・プロデューサーである大谷燠と同一人物、演出・振付としては紅玉というわけだ。千日前青空ダンス倶楽部『水の底』の出演は、稲吉、てるてる、ぽん太、あやめ、小つるの

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/12/10掲載

青少年に送る舞台鑑賞会バレエ『ドン・キホーテ』全幕

ワールドレポート/大阪・名古屋桜井 多佳子text by Takako Sakurai 主催は大阪市と(財)大阪都市協会。文化・芸術、特にバレエへの支援は、ほとんどなかった大阪市としては画期的な催しだった。プログラムは、松田敏子らによるバレエ解説のあと、矢上恵子作・振付『Gebet』と柳原麻子&法村圭緒主演の『ドン・キホーテ』上演。チケットが発売とともに売り切れたというのも納得できる。『Gebet

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/12/10掲載

ページの先頭へ戻る