ワールドレポート

2021年10月

2021年10月の記事一覧

牧阿佐美先生が10月20日、都内のご自宅で逝去された

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi舞踊家・振付家、牧阿佐美バレヱ団主宰の牧阿佐美先生が去る10月20日、都内のご自宅で永眠されました。近親の方々と団員たちにより密葬され、後日、お別れの会が開催される予定だそうです。牧 阿佐美いつも公演会場ではお見かけするのに、最近はお姿がなかったこともありましたが、活躍されている有り様が目に残っており、突然のことでし

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/10/25掲載

パリ・オペラ座のラコットによる注目の新作バレエ『赤と黒』がスタート、主役レナール夫人を踊るオニール八菜に最新情報を聞く

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi Sanko89歳のベテラン、ピエール・ラコット振付による新作バレエ『赤と黒』のプルミエが10月16日に行われた。その二日後、10月18日にガルニエ宮の目の前にあるカフェ・ド・ラ・ぺでオニール八菜さんにお会いした。ピエール・ラコットは『ラ・シルフィード』『パキータ』(1971年、主役はラコット夫人のギスレーヌ・テスマー)といった19世紀

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2021/10/22掲載

世界的振付家クリスタル・パイトとの出会いから始まったキャリア=鳴海令那×小㞍健太トークイベント

ワールドレポート/東京レポート=坂口香野 Text by Kaya Sakaguchiカナダ・バンクーバーを拠点に活動するクリスタル・パイトは、今、世界で最も注目される振付家の一人だ。パリ・オペラ座バレエ、英国ロイヤル・バレエをはじめ、各国のバレエ団に作品を提供している。8月29日、横浜・馬車道のダンスハウス、ダンスベースヨコハマ(DaBY)で、彼女のカンパニーで活躍する鳴海令那をゲストに、トーク

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/10/13掲載

『アリエノール 宮廷恋愛をめぐるヴァリエーション(Aliénor Variation sur l'amour courtois)』にアニエス・ルテステュが出演、華やかに踊った

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi Sanko新型コロナウィルスのワクチン接種が春以降、急速に進んだフランスでは夏から新規患者数、入院者数とも減る傾向が続いている。6月2日ガルニエ宮での「ローラン・プティへのオマージュ」から観客を迎えた公演を再開したパリ・オペラ座は、9月24日に「デフィレ」、テス・フォルカー振付『クラウズ・インサイド』、ダミアン・ジャレ振付『防波堤』、

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2021/10/11掲載

男性ダンサーの多様なキャスティングにより様々な役作りを楽しむことができた、東京バレエ団『海賊』

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki東京バレエ団『海賊』アンナ=マリー・ホームズ:振付(マリウス・プティパ、コンスタンチン・セルゲイエフに基づく)東京バレエ団が、2019年に初演して高い評価を得たアンナ=マリー・ホームズ版『海賊』を再演した。2年振りの公演で初演時の成果を確認し、さらに磨きをかけようと意図したのだろう。主役のメドーラ&コンラッドは、初演時は

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/10/11掲載

ローザンヌ国際バレエコンクール出身者など海外で活躍する日本人ダンサーたちが多数出演──「Dance at the Gathering 2021」

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna「Dance at the Gathering 2021」西尾智子:プロデュースローザンヌ国際バレエコンクールをきっかけに海外はばたいたダンサーたちを中心に、海外で活躍する日本人ダンサーが多く集ったガラ。新型コロナ禍の中、シーズンの区切りで帰国し、2週間待機後すぐに出演といったダンサーも多かったようだが、全体に

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2021/10/11掲載

高比良洋を振付に招いて 松岡伶子バレエ団アトリエ公演

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna松岡伶子バレエ団アトリエ公演『Somewhere Down the Line』『The Sun Rises Again~陽はまた昇る~』高比良洋:振付、『アダンの曲によるパ・ド・ドゥ』松岡璃映・窪田弘樹:振付、『タランテラ』松岡璃映:振付 他松岡伶子バレエ団の今年のアトリエ公演は、第1部、第2部でクラシック、第

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2021/10/11掲載

10月19日開催のワールド・バレエ・デー2021に新国立劇場バレエ団も参加決定!

ワールドレポート/その他香月 圭 text by Kei Kazuki英国ロイヤル・バレエ、ボリショイ・バレエ、オーストラリア・バレエが中心となり、世界各国のバレエ団のモーニング・クラスやリハーサル、関係者のインタビューの様子をリレー形式でつないでいくオンライン・イベント「ワールド・バレエ・デー」は2014年にスタートした。回を重ねるごとにバレエ・ファンの注目を集め、2019年には3億回再生された

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/10/11掲載

パリ・オペラ座バレエで活躍、二山治雄が世界的ギタリストichikaと共演!「Eclips」開幕直前 二山治雄インタビュー

ワールドレポート/東京インタビュー=坂口 香野バレエと、日本のポップミュージックとのコラボレーションは少ない。コロナ禍で活動の場が減ってしまったダンサーやミュージシャンのために、今しかできない企画を――制作サイドのそんな思いから、10月15日、一夜限りのコラボレーションが実現する。ダンスは、17歳でローザンヌ国際バレエコンクール第1位、YAGPシニアの部金賞を受賞、パリ・オペラ座バレエ団で契約ダン

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/10/10掲載

18歳以下限定で子どもを無料招待! モーリス・ベジャール・バレエ団日本公演『ボレロ』他、『バレエ・フォー・ライフ』の全日程

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi最近は特に、こども庁の設置など子ども対策が大きな話題となっているが、モーリス・ベジャール・バレエ団公演が18歳以下限定・子ども無料招待を募集している。これは新型コロナウイルス感染症の影響で、子どもたちが文化芸術の鑑賞や体験をする機会が失われていることから、劇場芸術の鑑賞や体験などを子どもたちに積極的に提供しようという

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/10/05掲載

新シーズンの開幕に上演するピーター・ライト演出『白鳥の湖』(新制作)の記者会見が開催された、新国立劇場バレエ団

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団 吉田都舞踊芸術監督、主演ダンサーたちが出席して、2021/22シーズン開幕に上演される新制作『白鳥の湖』(ピーター・ライト演出)の記者会見が、9月28日にオペラパレスのホワイエで行われた。この古典バレエの名作は、吉田都監督が2020年10月に就任第1作目として上演しようと企画していたが、新型コロナ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/10/03掲載

国際バレエコンクール『オーチャード・グランプリ』(熊川哲也監修)誕生! エントリー受付中!

ワールドレポート/東京香月 圭 text by Kei KazukiBunkamuraオーチャードホール芸術監督 熊川哲也 ©Koutarou Washizaki2022年8月、Bunkamuraオーチャードホール芸術監督 熊川哲也総合監修のもと、新たな国際バレエコンクール「オーチャード・グランプリ Asia Pacific Ballet Competition」が開催される。世界中が停滞している

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/10/03掲載

ページの先頭へ戻る