ワールドレポート

2016年5月

2016年5月の記事一覧

ブロードウェイ・ミュージカル『王様と私』にダンサーとして出演中の四宮貴久にインタビュー

ワールドレポート/ニューヨークインタビュー/ブルーシャ西村text by BRUIXA NISHIMURA四宮貴久は近年、注目を集めるミュージカル俳優(ダンサー・歌手)、プロデューサーです。四宮の経歴は、通常ミュージカルをやってきている人とは毛色が違い、興味深い独自の活動をしています。国境と型に収まりきらない個性の持ち主で、四宮は本格的な声楽というベースの上に、ニューヨークで23歳からバレエとダン

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/05/10掲載

フラメンコ・フェスティバル最終日はバレ・フラメンコ・デ・アンダルシアの舞台で大いに盛り上がった

ワールドレポート/ニューヨークブルーシャ西村text by BRUIXA NISHIMURABallet Flamenco de Andalucia バレ・フラメンコ・デ・アンダルシア"IMAGES: 20 YEARS" Rafaela Carrasco 「イメージズ:20年」ラファエラ・カラスコ:芸術監督&振付3月18日と19日に、スペインのバレ・フラメンコ・デ・アンダルシアの公演が、ニューヨー

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/05/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:シモン・ル・ボルニュ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURASimon Le Borgne シモン・ル・ボルニュ(期間限定契約 臨時団員)パリ・オペラ座で4月、マギー・マランの『Les Applaudissement ne se mangent pas(拍手は食べられない)』の公演があった。舞台で1時間強踊り続ける8名のダンサーの一人に選ばれた

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2016/05/10掲載

[ロンドン] シェイクスピア没後400年を記して『冬物語』が再演され、平野亮一がポリクセン役を踊る

ワールドレポート/その他アンジェラ・加瀬text by Angela KaseThe Royal Ballet 英国ロイヤル・バレエ団"The Winter's Tale'" By Christopher Wheeldon 『冬物語り』クリストファー・ウィールドン:振付今年はイギリスが生んだ文豪ウィリアム・シェイクスピア没後400年。これにちなんで世界各国でシェイクスピア400と名付けられた様々な

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2016/05/10掲載

主役2人の渾身の演技が圧倒的な輝きを放ったベインズ版『白鳥の湖』

AUSTRALIAN BALLET オーストラリア・バレエ団"SWAN LAKE" STEPHEN BAYNES 『白鳥の湖』 スティーブン・ベインズ:振付オーストラリア・バレエ団の2016年シドニー公演のオープニングを飾ったのは『白鳥の湖』だ。この作品はオーストラリア・バレエ団が50周年を迎えた4年前、バレエ団の座付き振付家、スティーブン・ベインズ(Stephen Baynes) に委嘱された全

  • #ワールドレポート
  • #オーストラリア

2016/05/10掲載

ページの先頭へ戻る