令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ワールドレポート

2012年8月

2012年8月の記事一覧

黄昏の港を借景とした野外公演の醍醐味を堪能させた東京バレエ団『ボレロ』ほか

ワールドレポート/東京佐々木 三重子text by Mieko Sasaki〈横浜ベイサイドバレエ〉東京バレエ団:モーリス・ベジャール振付『ギリシャの踊り』『ボレロ』/アルベルト・アロンソ振付『カルメン』より横浜港の大桟橋とベイブリッジをバックに赤レンガ倉庫の敷地に組まれた特設ステージで、東京バレエ団が上演した〈横浜ベイサイドバレエ〉は、夜空の下、潮の匂いを運ぶ風を浴びながら鑑賞するという、夏の夜

  • #ワールドレポート
  • #東京

2012/08/10掲載

サープ+シナトラの神話をビッグバンドが彩った『カム・フライ・アウェイ』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiBROADWAY MUSICAL "Come Fly Away"トワイラ・サープ演出・振付『カム・フライ・アウェイ』トワイラ・サープが演出・振付けた、フランク・シナトラの楽曲構成によるブロードウェイ・ミュジカル『カム・フライ・アウェイ』の来日公演を観た。サープとシナトラ、といえばもう26年も昔のことだがその印象がまった

  • #ワールドレポート
  • #東京

2012/08/10掲載

悲劇のドラマをいっそう深めた緻密な演出、井上バレエ団100回公演『ジゼル』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi井上バレエ団関直人 振付、ブリュノ・コーアペ 脚色・演出『ジゼル』井上バレエ団は第100回公演(井上博文によるバレエ劇場50回、井上バレエ団50回)を迎えて、ピーター・ファーマー美術による『ジゼル』を上演した。そして同時に出産のため舞台活動を休止していたプリマバレリーナ島田衣子の本格的復帰公演となった。(他日公演は宮嵜

  • #ワールドレポート
  • #東京

2012/08/10掲載

登場人物の把握に優れたダンサーたちによる楽しい舞台だった『真夏の夜の夢』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi東京シティ・バレエ団中島伸欣 台本・演出、中島伸欣、石井清子 振付『真夏の夜の夢』東京シティ・バレエ団の『真夏の夜の夢』は、2003年に提携したティラこうとうで初めて上演した全幕バレエだが、とても楽しい舞台に仕上がっている。特に第2幕の構成は、無駄がなく密度があってかつ物語の展開自体が活き活きとしていて、心楽しく見られ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2012/08/10掲載

洗練されたプログラム構成だった「下村由理恵バレエ・リサイタル」

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiDANCE for Life 下村由理恵バレエ・リサイタル2012下村由理恵 振付『水の精霊』、篠原聖一 振付『Charlie』『Adagietto』『Season』下村由理恵バレエ・リサイタルがDANCE for Life主催により、8年ぶりに青山円形劇場で開催された。下村由理恵振付『水の精霊』、篠原聖一振付『Cha

  • #ワールドレポート
  • #東京

2012/08/10掲載

死を迎える準備、とは、とことん生ききること、黒田育世の新作

ワールドレポート/東京浦野 芳子text by Yoshiko Uranoふじのくに⇄せかい演劇祭2012黒田育世 構成・演出・振付『おたる鳥をよぶ準備』疾走し続けるダンサーたちが、跳ぶ、叫ぶ、倒れる。舞台を無邪気に転がるボール、遠慮なく舞い上がる羽、勢いよく放水するゴムホース。いつもながらにエネルギー全開、身体も心も切ないほどにギリギリまで使い切る黒田育世の世界が、今回は野外劇場と言う場を得てさ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2012/08/10掲載

息の合ったスズペルギーのリーズとマニュネのコラのパ・ド・ドゥが楽しい『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Frederick Ashton ¨La Fille mal gardée¨ フレデリック・アシュトン振付『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』7月に入って『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』の第2キャストを見た。 リーズはプルミエール・ダンスーズ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/08/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:フランソワ ・アリュ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAFrançois Alu フランソワ・アリュ( コリフェ)コリフェに上がった2011〜12年シーズン後半、若いエネルギーいっぱいに快走。与えられた大任をどれも見事にこなした頼もしい18歳。『リーズの結婚』でアラン初役を7月13日に果たした彼。『ラ・バヤデール』でブロンズ・アイドルを踊り

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/08/10掲載

ページの先頭へ戻る