ワールドレポート

2016年4月

2016年4月の記事一覧

オーソドックスかつ華やかな日本伝統芸能をニューヨークで披露

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里text by Eri MisakiGrand Japan TheaterIchikawa Ebizo XI Grand Japan Theater New York Performance 十一代目市川海老蔵グランド・ジャパン・シアター、ニューヨーク公演あらゆる意味でのグローバル化が進む昨今、ニューヨークで日本の伝統芸能が鑑賞できることは、決して珍しくなく

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/04/12掲載

[ フランクフルト ] 即興性を発揮させる振付、フォーサイスのインスタレーションによる「The Fact of Matter」展

ウィリアム・フォーサイスのインスタレーションを中心に構成されたThe Fact of Matter展が、2015年10月17日から2016年3月13日までフランクフルト現代美術館で開催された。 振付家としてのフォーサイスというと、「ハード・バランシン」、「バレエのデコンストラクション」、即興を使った集団創作やメディアテクノロジーを用いたダンスの分析や創作など、知的でともすれば難解なイメージを思い浮

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2016/04/12掲載

伝統的フラメンコに現代的な振付を融合させた斬新なダンサオーラ

ワールドレポート/ニューヨークブルーシャ西村text by BRUIXA NISHIMURACOMPANIA ROCIO MOLINA "DANZAORA & VINATICA"コンパニーア・ロシオ・モリーナ「ダンサオーラ&ヴィナティカ」3月17日、ニューヨーク・シティ・センターでコンパニーア・ロシオ・モリーナの「ダンサオーラ&ヴィナティカ」の公演がありました。私は斬新で個性的な踊りをする

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/04/12掲載

"毎年恒例、スペインから直接やってくるフラメンコ・フェスティバル"

ワールドレポート/ニューヨークブルーシャ西村text by BRUIXA NISHIMURAFLAMENCO FESTIVAL 2016フラメンコフェスティバル 2016 FARRUQUITO "IMPROVISAO"  ファルキート「インプロビサーオ」スペイン政府やアンダルシア自治政府の協賛で、スペイン本土からフラメンコのアーティストたちが世界を巡回する、毎年恒例のフラメンコ・フェスティバルが、

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/04/12掲載

ロパートキナの絶品『瀕死の白鳥』ほか、偉大なるバレリーナ、プリセツカヤ追悼公演

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里text by Eri MisakiMariinsky Ballet マリインスキー・バレエ"Tribute to Maya Plisetskaya" performed by Mariinsky Theatre. 『マヤ・プリセツカヤ追悼公演』昨年からロシアのマリインスキー・シアター(バレエ団及びオーケストラ)がニューヨークのBAM (Brooklyn A

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/04/12掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:マリーヌ・ガニオ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAMarine Ganio マリーヌ・ガニオ(スジェ)初日の3月9日はストにより中止されたが、4月1日までオペラ・ガルニエで『イオランタ/くるみ割り人形』の公演があった。これはチャイコフスキーの音楽によるオペラとバレエを組み合わせ、幕間2回を含め合計4時間5分という新作。スジェのマリーヌ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2016/04/12掲載

ガニオとアルビッソン、ルーヴェとボーラックが踊り、華麗な絵巻を繰り広げた『ロメオとジュリエット』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団"Roméo et Juliette" Rudolf Noureev 『ロメオとジュリエット』ルドルフ・ヌレエフ:振付ルドルフ・ヌレエフ振付の『ロメオとジュリエット』が、バスチーユ・オペラで3月19日から4月16日まで上演中だ。 主役

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2016/04/12掲載

ページの先頭へ戻る