ワールドレポート

2018年10月

2018年10月の記事一覧

第8回ワガノワ国際バレエコンクールが開催された

ワールドレポート/ペテルブルク香月 圭 text by Kei KazukiVladlen Semenovのコーチング © Andrew Lush/VBA2018年10月14〜21日サンクトペテルブルクで第8回ワガノワ国際バレエコンクール(Vaganova-PRIX)が行われた。このコンクールは、ワガノワ・バレエ・アカデミーがロシア文化省と共同して1988年に設立されたコンクールで、過去にはロパー

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/10/24掲載

ロマノフ最後の皇帝ニコライ2世と恋におちた伝説のバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤの波瀾の運命を描いた映画『マチルダ』が12月にロードショー

ワールドレポート/東京インタビュー=関口紘一『マチルダ』監督アレクセイ・ウチーチェリ=インタビュー----19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したロシアの伝説的バレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤの悲恋を描いた映画『マチルダ』は、ロシアという国の底知れぬパワーを背景に、一人のバレリーナの運命がダイナミックに描かれていてたいへんおもしろく見せていただきました。激しいパワーとか弱いバレリーナの大胆

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/10/24掲載

パリ・オペラ座ダンサー・インタビュー:アレッシオ・カルボーネ

ワールドレポート/パリ大村 真理子(在パリ・フリーエディター) Text by Mariko OMURAAlessio Carbone(アレッシオ・カルボーネ)プルミエ・ダンスールステージ上で以前と変わらぬ敏捷さ、快活さをもって踊るアレッシオ・カルボーネ。永遠の青年といった印象を受けるが、2020年1月で定年を迎えるという。25歳のときからプルミエ・ダンスールとして、彼はさまざまな作品に配役された

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/10/16掲載

平野亮一が新シーズン初日をオシポワ、ラム、ヌニェズと飾った

ワールドレポート/ロンドンアンジェラ・加瀬  Text by Angela Kase英国ロイヤル・バレエ『マイヤリング』The Royal Ballet " Mayerling" Choreography by Kenneth MacMillan英国ロイヤル・バレエは10月8日に2018・19のバレエ・新シーズン初日の幕を開けた。演目はケネス・マクミラン振付ドラマティック・バレエの名作『マイヤリン

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/10/16掲載

水谷実喜が本拠地ヒポドローム劇場でリーズ役デビュー、バーミンガム・ロイヤル・バレエ『リーズの結婚』

ワールドレポート/ロンドンアンジェラ・加瀬  Text by Angela Kaseバーミンガム・ロイヤル・バレエ『リーズの結婚』Birmingham Royal Ballet " La Fille Mal Gardee"バーミンガム・ロイヤル・バレエは、9月26日に本拠地バーミンガム・ヒポドローム劇場で新バレエ・シーズンの幕を開けた。開幕作品は5月の日本公演で披露した『リーズの結婚』。シーズン初

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/10/16掲載

ニューヨークで活躍中のダンサーに聞く その3

ワールドレポート/ニューヨークインタビュー/平沢あやこ(バレエピアニスト) Ayako Hirasawaニューヨーク、人種のるつぼと言われるこの街にはとてもたくさんのダンサーたちが働いています。ダンス・スタジオは、バレエ、コンテンポラリー、ジャズ、タップはもちろん、カリビアンからミクロネシアンなど存在するすべてのジャンルが割拠しています。あらゆるダンスが自由闊達に24時間休むことなく踊られている街

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2018/10/10掲載

ロシアを代表する4つのカンパニーのダンサーがロシア・バレエの古典から現代作までを華やかに競演、「ロシア・バレエ・ガラ2018」

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi SekiguchiRUSSIAN BALLET GALA 2018ロシア・バレエ・ガラ 2018マリインスキー・バレエ、ボリショイ・バレエ、ミハイロフスキー劇場バレエ、モスクワ音楽劇場バレエなどから選ばれたダンサーにより、ロシア・バレエの古典名作から現代作品に至るまでを上演するガラコンサート「ロシア・バレエ・ガラ 2018」が開催され

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/10/10掲載

古典バレエの原点ともいうべきプティパの多彩な作品を見事に踊った、東京バレエ団

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki東京バレエ団マリウス・プティパ生誕200年記念〈プティパ・ガラ〉"クラシック・バレエの父"と称されるマリウス・プティパの生誕200年を記念して、東京バレエ団が〈プティパ・ガラ〉と題して、この振付家の作品による特別ガラ公演を横浜の神奈川県民ホールで行った。プティパ(1818-1910年)はフランス生まれのダンサー・振付家で

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/10/10掲載

メシアンの音楽により米沢唯と首藤康之が踊った見事な踊り、「モネ それからの100年」展のコンサート

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi「音楽と舞踊小品集〜水・空気・光」横浜美術企画展「モネ それからの100年」によせて中村恩恵:振付、中村恩恵、首藤康之、折原美樹、米沢唯、中島瑞生、渡邉拓朗:出演「モネ それからの100年」展と連携するコンサート「音楽と舞踊小品集〜水・空気・光」が開催された。これは印象派を代表する画家クロード・モネと同時代を生き、や

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/10/10掲載

大きく花開いた「劇的舞踊」、金森穣の演出振付による『ROMEO & JULIETS』

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko SasakiNoism1×SPAC 劇的舞踊Vol.4『ROMEO & JULIETS』(ロミオとジュリエットたち) 金森穣:演出振付・出演りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)専属の金森穰率いるダンスカンパニーNoism1とSPAC(静岡県舞台芸術センター)による"劇的舞踊"のVol.4として、金森の演出振付による『ROME

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/10/10掲載

楽しく活気のあるバレエ、リン・テイラー・コーベット振付『リトルマーメイド』NBAバレエ団

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi SekiguchiNBAバレエ団『リトルマーメイド』リン・テイラー・コーベット:振付NBAバレエ団が『HIBARI』(2015年初演)に続いて、リン・テイラー・コーベット振付の『リトルマーメイド』を上演した。『リトルマーメイド』はアンデルセンの童話『人魚姫』に基づいて、ディズニーのアニメーション映画やブロードウェイ・ミュージカル、劇団

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/10/10掲載

環佐希子振付『恋のガーデン』など──環バレエ団「初秋のバレエコンサート」

ワールドレポート/大阪すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna環バレエ団・環ジュニアバレエ団「初秋のバレエコンサート」『恋のガーデン』環佐希子;振付、『Sleeping Beauty/眠れる森の美女』よりハイライト 原田高博;振付『Sleeping Beauty/眠れる森の美女』よりハイライト オーロラ姫:田中佑美、デジレ王子:上村崇人撮影:田中 聡(テス大阪)(すべて)環バレエ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2018/10/10掲載

ページの先頭へ戻る