ワールドレポート

ワールドレポート(その他)

世界のダンス最前線!パリ、ニューヨーク、オーストラリア、東京ほか、世界のダンス情報をお届けします。

ワールドレポート(その他)の記事一覧

プリンシパルに昇進したアンドレイ・エルマコフや永久メイが登場する第27回マリインスキー音楽祭「白夜のスターたち」

ワールドレポート/サンクトペテルブルク香月 圭 text by Kei Kazuki毎年恒例のマリインスキー音楽祭「白夜のスターたち」(白夜祭)が今年も開催される。プログラムについてお伝えする前にファースト・ソリストのアンドレイ・エルマコフがプリンシパルに昇進したというニュースが飛び込んできた。マリインスキー劇場の公式発表によると、マリインスキー国際フェスティバルとアメリカ・ワシントン公演の成功に

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/05/13掲載

高田茜がジュリエット、平野亮一がロミオを共にデビューし喝采を博した、英国ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』

ワールドレポート/ロンドンアンジェラ・加瀬  Text by Angela Kase6月下旬に3年ぶりの日本公演に向かう英国ロイヤル・バレエは、18/19シーズン終盤の現在、マクミラン振付の代表作の上演や鬼才振付家による新作世界初演で本拠地ロイヤル・オペラ・ハウスを沸かせている。バレエ以外にもアーティストを囲んでのイベントも数多く行われており、5月3日には高田茜と平野亮一によるトーク・イベント(日

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/05/10掲載

高田茜・キャンベル、金子扶生・カマルゴ、ナグディ・サンべ、オシポワ・ムンタギロフ、マグリ・キャンベル、金子・ボールが踊ったアコスタ版『ドン・キホーテ』を観た

ワールドレポート/ロンドンアンジェラ・加瀬  Text by Angela Kase英国ロイヤル・バレエ団3年ぶりの日本公演も来月となり、映画館で来日公演の演目であるアコスタ版『ドン・キホーテ』が見られる日まで秒読みとなった。今月号では本拠地ロイヤル・オペラ・ハウスの観客を沸かせた様々な配役での公演の模様をレポートする。英国ロイヤル・バレエは2月15日〜4月4日までアコスタ版『ドン・キホーテ』を上

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/05/10掲載

地元の人、観光客、アーティストが一緒になった、瀬戸内国際芸術祭 2019 の伊藤キムによるパフォーマンス

ワールドレポート/その他三崎 恵里  Text by Eri Misaki瀬戸内国際芸術祭2019『侵入〜運んでホイホイ』 伊藤キム:演出2010年に創始され、三年ごとに実施されてきた瀬戸内国際芸術祭の第4回春会期が4月26日にオープンした。その初日、高松港に設置されている大巻伸嗣(おおまきしんじ)作『Liminal Air -core- 』の前でダンサー、伊藤キムが自らの舞踊団GEROを率いてパ

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/05/10掲載

金子扶生(英国ロイヤル・バレエ ファースト・ソリスト)インタビュー「カルロス・アコスタ版『ドン・キホーテ』を踊って」

ワールドレポート/ロンドンインタビュー構成・関口紘一----金子さんは2013年にカルロス・アコスタ版『ドン・キホーテ』でキトリを踊られました。アコスタ版はとても素晴らしいヴァージョンでしたが、最初に踊るときには、アコスタから主役を踊るためにどのような要望がありましたか。金子 今回もカルロスに少し指導に来ていただいて、いろんな指導をいっぱいいただきました。カルロスの『ドン・キホーテ』、"これがこう

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/04/30掲載

第25回黄金のマスク賞受賞式がボリショイ劇場で行われた

ワールドレポート/モスクワ香月 圭 text by Kei Kazuki最優秀作品賞『ヌレエフ』左よりユーリ・ポソホフ、キリル・セレブレンニコフ Photographed by Dmitriy Dubinskyロシア全土の2017-2018年シーズンに上演された演劇・オペラ・ダンス界の公演の中で著しい功績を挙げた作品や演出/振付家や出演者を表彰する第25回黄金のマスク賞授賞式が2019年4月16日

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/04/21掲載

2019年度ローレンス・オリヴィエ賞授賞式が行われ、マシュー・ボーンに特別賞が贈られた

ワールドレポート/ロンドン香月 圭 text by Kei Kazuki英国の演劇・オペラ・舞踊界で、その年に際立った功績を残した人々や作品に対して授与されるローレンス・オリヴィエ賞の授賞式が、2019年4月7日開催された。会場はロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで、動画でその模様が公開された。今年は日本人俳優の渡辺謙が『王様と私』の主演で、2015年のトニー賞ノミネートに続いてローレンス・オ

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/04/15掲載

オニール 八菜 ロンドン・デビュー!『白の組曲』とヌレエフ版『シンデレラ』を踊る

ワールドレポート/ロンドンアンジェラ・加瀬  Text by Angela Kase4月7日、パリ・オペラ座のプルミエール・ダンスーズであるオニール 八菜が、由緒歴史あるコロシアム劇場の大舞台に登場。『白の組曲』とヌレエフ版『シンデレラ』のパ・ド・ドゥを踊ってロンドン・デビューを果たした。photo/Angela Kaseこれは英国ロイヤル・バレエの元プリンシパルで、バレエ公演のプロデューサーとし

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/04/11掲載

バイエルン国立歌劇場がバランシンの『ジュエルズ』(バイエルン国立バレエ)をSAATSOPER. TV で配信

ワールドレポート/ミュンヘンニューヨーク・シティ・バレエのプリンシパル・ダンサー、アシュレイ・ボーダーやマリインスキー・バレエのプリンシパル、アリーナ・ソーモアとともにバイエルン国立バレエ団が踊る、バランシン振付の大作『ジュエルズ』が、オンデマンド配信される。フォーレの曲に「エメラルド」、ストラヴィンスキーの曲に「ルビー」、チャイコフスキーの曲に「ダイヤモンド」と、構成された珠玉のバレエである。バ

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/04/10掲載

第18回マリインスキー国際バレエフェスティバル 2019のプログラムをどうぞ!

ワールドレポート/その他香月 圭 text by Kei Kazuki第18回目を迎えるマリインスキー国際バレエフェスティバルの概要が発表された。初日の「アメリカの振付作品の夕べ」ではバランシン、ロビンズといったマリインスキー・バレエのレパートリーに入っている振付家のほかに、トワイラ・サープが1976年にバリシニコフに振付けた『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』がロシアで初めて上演される(キミン・キ

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/03/10掲載

永久メイがマリインスキー劇場で念願の『ジゼル』主役デビューを果たした!

ワールドレポート/ペテルブルク香月 圭 text by Kei Kazuki『ジゼル』 で主役デビューした永久メイ(C)Natasha Razina/State Academic Mariinsky Theatre昨年末のマリインスキー・バレエ来日公演で人気が沸騰中の永久メイ。正式入団前から『くるみ割り人形』のマーシャ(2018年4月)、入団後『ラ・シルフィード』のシルフィード(2018年10月)

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/03/09掲載

第19回英国批評家協会賞(ナショナル・ダンス・アワード)結果

ワールドレポート/ロンドン香月 圭 text by Kei Kazukiワディム・ムンタギロフ『白鳥の湖』© Bill Cooper第19回英国批評家協会賞(ナショナル・ダンス・アワード)授賞式が2019年2月18日ロンドンのバービカン・センターで行われ、その模様がライブ配信された。今年も多様性に富んだ新たなダンスが次々と生み出された英国舞踊界の活況を反映する結果となった。クラシック部門では、息の

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/02/21掲載

第47回ローザンヌ国際バレエコンクール結果:日本人3名が見事入賞!

ワールドレポート/ローザンヌ香月 圭 text by Kei Kazuki第47回ローザンヌ国際バレエコンクールの受賞者と審査員 © Rodrigo Buas第47回ローザンヌ国際バレエコンクールの決勝が2019年2月9日ボーリュ劇場で行われ、第3位に佐々木須弥奈、第4位に脇塚優、第8位に住山美桜の日本人3名が入賞した。この快挙に日本中が湧いている。佐々木須弥奈はベスト・スイス賞も受賞した。この賞

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/02/11掲載

2020年ローザンヌ国際バレエコンクールはモントルーにて開催、夏季ヨーロッパ選抜も行われる

ワールドレポート/その他香月 圭 text by Kei Kazukiまもなく第47回ローザンヌ国際バレエコンクール本選(2019年2月4〜9日)が開催されるが、コンクール会場の役目を長年果たしてきたローザンヌのボーリュ劇場が今夏から改装工事に入るため、第48回大会はレマン湖東側の街モントルーのストラヴィンスキー・オーディトリアムで開催されると舞踊財団とモントルー文化財団が共同で発表した。コンクー

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2019/01/17掲載

薄井憲二バレエ・コレクション特別展、そごう美術館にて開催!

そごう美術館(横浜)にて、バレエ史料・美術〜華麗なる衣装の展覧会、「薄井憲二バレエ・コレクション特別展 The Essence of Beauty バレエ-究極の美-を求めて」が開催される。薄井憲二バレエ・コレクション特別展The Essence of Beauty バレエー究極の美を求めて―■会 期:2018年11月23日(金・祝)- 12月25日(火)[会期中無休]■開館時間:午前10時〜午後

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/11/20掲載

第47回ローザンヌ国際バレエコンクール出場者とYAGP2019日本予選結果

ワールドレポート/その他香月 圭 text by Kei Kazuki©PaulineDaragon2019ローザンヌ国際バレエコンクール ビデオ審査員プロのバレエ・ダンサーを志す十代の青少年向けの2大コンクール、ローザンヌ国際コンクールとユース・アメリカ・グランプリYAGP(Youth America Grand Prix)が今年も本格的に始動した。2019年2月3〜10日に開催される第47回ロ

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/11/10掲載

第8回ワガノワ国際バレエコンクールが開催された

ワールドレポート/ペテルブルク香月 圭 text by Kei KazukiVladlen Semenovのコーチング © Andrew Lush/VBA2018年10月14〜21日サンクトペテルブルクで第8回ワガノワ国際バレエコンクール(Vaganova-PRIX)が行われた。このコンクールは、ワガノワ・バレエ・アカデミーがロシア文化省と共同して1988年に設立されたコンクールで、過去にはロパー

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/10/24掲載

平野亮一が新シーズン初日をオシポワ、ラム、ヌニェズと飾った

ワールドレポート/ロンドンアンジェラ・加瀬  Text by Angela Kase英国ロイヤル・バレエ『マイヤリング』The Royal Ballet " Mayerling" Choreography by Kenneth MacMillan英国ロイヤル・バレエは10月8日に2018・19のバレエ・新シーズン初日の幕を開けた。演目はケネス・マクミラン振付ドラマティック・バレエの名作『マイヤリン

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/10/16掲載

水谷実喜が本拠地ヒポドローム劇場でリーズ役デビュー、バーミンガム・ロイヤル・バレエ『リーズの結婚』

ワールドレポート/ロンドンアンジェラ・加瀬  Text by Angela Kaseバーミンガム・ロイヤル・バレエ『リーズの結婚』Birmingham Royal Ballet " La Fille Mal Gardee"バーミンガム・ロイヤル・バレエは、9月26日に本拠地バーミンガム・ヒポドローム劇場で新バレエ・シーズンの幕を開けた。開幕作品は5月の日本公演で披露した『リーズの結婚』。シーズン初

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/10/16掲載

《ニジンスキー・プログラム》ほか、モンテカルロ・バレエ2018年、新シーズンのラインナップが発表された

ワールドレポート/モナコ香月 圭 text by Kei Kazuki秋の到来とともに開幕する海外のバレエ団の新シーズン。ジャン=クリストフ・マイヨー率いるモンテカルロ・バレエでは「発見と旅」をテーマとしたラインナップを発表した。まず《ニジンスキー・プログラム》では伝説と化したニジンスキーが演じた4作品(『ダフニスとクロエ』『薔薇の精』『牧神の午後』『ペトルーシュカ』)についてマイヨー、マルコ・ゲ

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/09/25掲載

ページの先頭へ戻る