令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ワールドレポート

2006年9月

2006年9月の記事一覧

佐々木美智子バレエ団公演『卒業記念舞踏会』ほか

ワールドレポート/大阪・名古屋桜井 多佳子text by Takako Sakurai (社)日本バレエ協会の承認を得て、横瀬三郎の指導、橋浦勇の監修のもと6年ぶりに上演された『卒業記念舞踏会』は、同バレエ団にとても良く似合う作品だ。特に即興第1ソロの佐々木美織が芸達者で、どんな仕種も笑わせる。第2ソロの富田遥も一見大人しそうながら、表情はとても豊か。佐々木のパートナー、秋定信哉の活き活きとした演

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

Water drops Company "Relationship"

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu モダン、バレエ、ジャズ、芝居など、様々なフィールドで活動している愛知県の若手ダンサー&パフォーマーたちによるコンテンポラリー・ダンスの公演が開催された。振付は夜久ゆかり、単独公演は初めてであったが、これまでの自身の豊富な活動を反映した充実した舞台となった。 人と人、物と物、時間・空間・流れがつながりによって生まれてくる

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

カール・パケットが出演した京都バレエ専門学校創立30周年記念公演

ワールドレポート/大阪・名古屋桜井 多佳子text by Takako Sakurai 京都バレエ専門学校が創立30周年の記念公演を行った。同学校は、日本で最初のバレエ専修学校として有馬弘毅・龍子夫妻が1976年に設立。当初からパリ・オペラ座バレエ団との親交が深く、開校2年目からは、歴史的なプリマ、イヴェット・ショビレを名誉校長に迎えており、さらに次期には、パリ・オペラ座バレエ学校元校長クロード・

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

日本人留学生も大活躍、ジョン・クランコ・バレエ・スクール公演

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 兵庫県が国内外の青少年の芸術団体を招いて行っている「ひょうごインビテーショナル」。これまで、ボリショイ・バレエ・アカデミーやウィーン・バレエ・アカデミー、カナダ・ナショナル・バレエ・スクールなど様々なバレエ学校がやってきている。今回のジョン・クランコ・バレエ・スクール(シュツットガルト・バレエ・スクール)は二度

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

関西拠点のプロダンサーを中心に MRBバレエスーパーガラ

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 関西で、所属を超えてこれだけ多くのダンサーが共に舞台に立つ機会は、今のところこの公演以外にはないのではないだろうか? 今年も海外や東京で活躍する人を含め、多くのダンサーたちが集った。プロデュースは自らも踊ったMRB主宰の松田敏子。 渡辺美咲と恵谷彰の、正確なテクニックと少年少女のような可愛らしさの『パリの炎』の

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

深川秀夫『3人のキトリによるドン・キホーテ』井上勇一郎振付作ほか

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna「海賊」 夏の生徒公演の楽しみは、初舞台の小さな子供たちの可愛らしさと同じ舞台で、海外からバカンスで里帰りしている出身ダンサーたちのレベルの高い踊りも観ることができる。 幕開けは『エチュード』。さまざまな年代の子供たちが、みんなで踊る生徒公演らしい演目。白鳥の手振りを取り入れたりしながら、子どもの可愛らしさが生か

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

世界に散らばって活躍する針山ファミリーが集って「夢 CONCERT2006」

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna " Ballet Beauty"と中央に書かれたチャコットの広告 ---白鳥のポーズが美しく印象的なモデルは針山愛美。現在、ウラジミール・マラーホフ率いるベルリン国立バレエ団で活躍する彼女は、芸術家一家の長女。大阪在住の父・憲夫はクラリネット奏者、母・和子はピアニスト、次女・祐美はNYのブロードウェイや劇団四季

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

ページの先頭へ戻る