ステージ & ワークショップ

コンクール

国内外で行われる各種コンクール情報や、結果、レポートなどをお届けします。

コンクールの記事一覧

2018年コズロヴァ国際バレエコンクール(ニューヨーク、3月25日〜30日)の審査員が発表される

第8回コズロヴァ国際バレエコンクールが2018年3月25日から30日まで、ニューヨークのシンフォニー・スペースにて開催される。2018年の本コンクールは、故ルドルフ・ヌレエフの80回目の生誕日を祝って追悼記念を兼ね、全世界からニューヨークに集まる100人以上のダンサー達が、名だたる審査員の前で、スカラシップ、カンパニー契約、そして賞を競う。以下は今回の審査員。アンドリス・リエパ(ロシア)、審査員長

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

ローザンヌ国際バレエコンクール2018が開幕! 日本から9人が参加した

第46回ローザンヌ国際バレエコンクール2018が1月29日に開幕した。日本からの参加者は9人(女子7人、男子2人)。2006年以来10人を切ったのは今年が初めて。だがレベルでは例年に引けを取らないようだ。ローザンヌ初日の感想を本多優衣子(メザミバレエスタジオ)、立花乃音(アイコ・シーマンバレエスタジオ)、森脇崇行(小池バレエスタジオ)に聞いた。今年のコンクールには、ビデオ審査通過者とウルグアイでの

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

ローザンヌ国際バレエコンクール2018 森脇崇行と大木愛菜が決勝進出!

第46回ローザンヌ国際バレエコンクールの準決勝が2日行われ、世界16カ国74人の中から21人の決勝進出者が選出された。日本からは広島市・小池バレエスタジオの森脇崇行(15)と大木愛菜(17)が選ばれる快挙となった。今年はシニア部門・男子のレベルが高く、観客から拍手とブラボーの歓声が何度も起こった。ジュニア部門・男子で踊った森脇崇行は、クラシックのポジションをきちんと決め、表現力豊かにきれいに仕上げ

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

ローザンヌ国際バレエコンクール2018ファイナル 1位にシェイル・ワグマン(カナダ)

第46回ローザンヌ国際バレエコンクールの決勝が行われた3日、21人の決勝進出者の中から入賞者8人が選出された。1位を射止めたカナダ人のシェイル・ワグマン(17)の高い技術と豊かな表現力は群を抜いており、踊り終わるや客席からブラボーの歓声と拍手が起こり、しばらく鳴り止まなかった。2、3、5位を勝ち取った韓国、中国の女性ダンサーの優美なクラシックの踊りにも観客は酔いしれた。小池バレエスタジオの森脇崇行

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

2018 パリ・オペラ座バレエ昇級コンクール詳報

2018年度コール・ド・バレエ昇級コンクールが3月2日、3日にオペラ・ガルニエで開催された。くじ引きにより、苗字の頭文字がアルファベットのUからのスタート。男女ともコリフェの空席数が2、スジェの空席数が2、プルミエの空席は1という、狭き門だった。この数年、12月ではなく11月に開催されていた昇級コンクールだが、2018年度は諸般の事情から秋の開催が無理で3月となったそうだ。11月に開催の場合は9月

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

ダンス・コンペティション in 仙台 2018<結果>

「第13回ダンス・コンペティション in 仙台2018」が2018年2月10日(土)、11日(日)と2日間にわたって、宮城県の多賀城市文化センター 大ホールで開催された。この冬のインフルエンザの猛威による数名の欠場者もあったが、他県からのエントリーも含む参加者が日頃の成果を発揮した。モダン部門の表彰式では2016年にモダン シニア部門で第一位を受賞した大前光市の名前が上がり、今後もこの様に優れたダ

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

ユース・アメリカ・グランプリ2018世界各地および全米での予選を通過した日本人・日系の若いダンサーたち

ユース・アメリカ・グランプリ(Youth America Grand Prix-以下YAGPと表記)2018の予選が10カ国・アメリカ23都市で行われた。2017年9月20日サンパウロからスタートし、最終開催地は2018年3月15日アメリカ、インディアナポリスだった。これらの予選通過者リストに日本人・日系と思われる名前が散見するので、ご紹介しよう。パリ予選では、ローザンヌ国際バレエ・コンクール20

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

第15回ペルミ国際バレエ・コンクール"アラベスク2018"開幕! オープニング・ガラ・セレモニーと第1予選結果

第15回ペルミ国際バレエ・コンクール(第15回エカテリーナ・マクシモワ記念ロシア・オープン・バレエ・コンクール"アラベスク2018" The XV Russian Open Ballet Competition "Arabesque-2018" named after Ekaterina Maximova)がペルミ国立オペラ・バレエ劇場で4月11日開幕した。コンクール事務局および劇場の報道によると

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

海外コンクール情報----よく知られる海外コンクールで活躍している日本人たち

今、各地で海外コンクールが盛んに開催されている。その中で予選を突破するなど、多くの日本人が活躍している。現時点の情報をまとめてお伝えしよう。◆ユース・アメリカ・グランプリ2018ニューヨーク・ファイナル(YAGP2018 NYCFinal)決戦出場者ユース・アメリカ・グランプリ2018ニューヨーク・シティ(NYC)・ファイナル(Youth America Grand Prix 2018 NYC F

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

第15回ペルミ国際バレエ・コンクール"アラベスク2018"最終審査結果

2018年4月11日から10日間に渡って行われた第15回ペルミ国際バレエ・コンクール"アラベスク2018"の決勝が4月20日に行われた。ジュニア女子部門で第2位に井関エレナ、第3位に河合保希が入賞した。また、コンテンポラリー振付コンクールでは、高頂(TAKANE)がワシーリエフ特別賞を受賞した。また韓国のLee Seung Yongのパートナーとして舞台に立った多久田さやかがベスト・パートナー賞に

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

ユース・アメリカ・グランプリ2018ニューヨーク・ファイナル決戦出場者&ガラ公演出演予定者

ユース・アメリカ・グランプリ(Youth America Grand Prix :YAGP)2018ニューヨーク・シティ(NYC)・ファイナルが2018年4月13日スタートした。YAGP事務局によると世界からNYCファイナルに集まった参加者は1200名を超えたという。日本予選を経てニューヨーク・ファイナルに出場した参加者のなかで決戦に進出したメンバーが以下のとおり発表された。ユース・アメリカ・グラ

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

ユース・アメリカ・グランプリ2018ニューヨーク・ファイナル入賞者

2018年4月13日からスタートしたユース・アメリカ・グランプリ2018ニューヨーク・ファイナルの決勝が行われ、シニア男子部門で松浦祐磨が第1位、ジュニア女子部門で中島耀が第2位、ジュニア男子部門で末次正樹が第2位、プリコンペティティブ部門で梨木玲斗がホープ賞を受賞した。日本から出場した参加者の結果は以下のとおり。◇シニア女子TOP12 立花乃音 Non Tachibana 15歳  Aiko S

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

ヴァレンティーナ・コズロヴァ国際バレエコンクール入賞者発表、日本人2名が受賞した

3月下旬にニューヨークで行われた第8回ヴァレンティーナ・コズロヴァ国際バレエコンクールは3月30日、入賞者を発表、ルドルフ・ヌレエフの80年生誕記念を祝って、入賞者たちによるガラ公演が行われた。今回は世界の20ヶ国から100名以上の古典及びコンテンポラリー・ダンサーが参加して、メダルや著名バレエスクールの奨学金、そしてカンパニー契約を競い合った。当日はパリ・オペラ座バレエの元エトワールでヌレエフ財

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

【コクール速報】ジュネ国際バレエコンクール2018で佐藤慧乃花が第3位入賞!

ステージ & ワークショップ/コンクール香月 圭 text by Kei Kazuki香港で2018年8月3日から12日まで開催されていたジュネ国際バレエコンクール2018で佐藤慧乃花が第3位となる銅メダルを受賞した。ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス(The Royal Academy of Dance:RAD)主催のこの大会が香港で開催されるのは2006年以来12年ぶり。今年は13カ国から15

  • #ステージ & ワークショップ
  • #コンクール

ページの先頭へ戻る