ワールドレポート

2016年9月

2016年9月の記事一覧

[ロンドン]ボリショイ・バレエ団がジャン=クリストフ・マイヨーの『じゃじゃ馬馴らし』を、ロイヤル・オペラハウスで上演

ワールドレポート/その他アンジェラ・加瀬text by Angela KaseThe Bolshoi Ballet in London ボリショイ・バレエ団ロンドン公演'The Taming of the Shrew' by Jean-Christophe Maillot 『じゃじゃ馬馴らし』ジャン=クリストフ・マイヨー:振付3週間におよんだボリショイ・バレエのロンドン公演も中盤にさしかかった8月

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2016/09/20掲載

[ 山口 ] 『くるみ割り人形』を中心にバレエ、コンテンポラリー、ジャズダンス、ミュージカルと多彩、yoshimura dance centerの舞台

yoshimura dance center『ここに、向こうに』『くるみ割り人形』礼よしむら:振付ほか劇団四季でも活躍した礼よしむら主宰のyoshimura dance centerの舞台を初めて観た。クラシック・バレエはもちろん、映画『フラッシュ・ダンス』をオマージュしたものなどのジャズダンス、ストリートジャズ、中田一史振付『destiny』などのコンテンポラリー・ダンス、それに踊るだけでなく歌

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2016/09/12掲載

ステラ・アブレラが赤いバラのイメージによるオーロラをゴメスと踊り、情熱的な絵をちりばめた

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里text by Eri MisakiAmerican Ballet Theatre アメリカン・バレエ・シアター"The Sleeping Beauty" choreographed by Marius Petipa, Staged by Alexei Ratomansky 『眠れるの森の美女』マリウス・プティパ:振付、アレクセイ・ラトマンスキー:演出アメリ

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/09/12掲載

サーク・ド・ソレイユによるブロードウエイ・ミュージカル『愛人 Paramour』の美しいアクロバット

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里text by Eri MisakiCirque de Soleil "Paramour" on Broadwayブロードウエイミュージカル、サーク・ド・ソレイユ『愛人』カナダのサーカスカンパニー、サーク・ド・ソレイユは全く動物を使わないサーカスとしてデビュー、人間の動きの可能性の限界を追及する一つの芸術体として、また娯楽目的の興業として世界的に成功した。サ

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/09/12掲載

能楽、観世流宗家が23年ぶりにニューヨーク公演を行い、能『羽衣』『葵の上』、狂言『佛師』を上演した

ワールドレポート/ニューヨークブルーシャ西村text by BRUIXA NISHIMURALincoln Center Festival 2016、Kanze Noh Theatreリンカーンセンターフェスティバル 観世流宗家 能楽ニューヨークで毎年夏恒例の芸術の祭典、リンカーンセンター・フェスティバルで、日本の重要無形文化財である、能楽の観世宗家が招聘され、7月13日から17日まで公演を行いま

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/09/12掲載

リンカーンセンターで上演され、精神性が高く純粋な心を表した観世能が喝采を浴びた!

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里text by Eri MisakiLincoln Center Festival 2016, Kanze Noh Theatre.リンカーンセンターフェスティバル 観世能毎年夏のニューヨークの文化の祭典の一つに、リンカーンセンター・フェスティバルがある。決して長い歴史を持つフェスティバルではないが、ニューヨークを代表する文化の殿堂、リンカーンセンターの名誉

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/09/12掲載

ドラマティックな出来事が次々と起こる『冬物語』をウィールドンが効果的に演出・振付けた

ワールドレポート/ニューヨークブルーシャ西村text by BRUIXA NISHIMURAThe National Ballet of Canada カナダ国立バレエ団"The Winter's tale" by Christopher Wheeldon 『冬物語』クリストファー・ウィールドン:振付 クリストファー・ウィールドン、ジョビー・タルボット:台本ニューヨークで毎年夏恒例の、リンカーンセ

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/09/12掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:ロクサンヌ・ストジャノヴ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURARoxane Stojanov (コリフェ)昨年の昇級コンクールで、19名のカドリーユが競ったコリフェの5席。その1席を一位で得たのがロクサンヌだ。昨シーズン最終プログラム中、フォーサイスの創作『Blake Work1』に参加。その再演で今シーズンを始める彼女は、これからの活躍も楽しみ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2016/09/12掲載

ダンサーの視線や表情を消して、身体の動きとフォームだけで構成したJ.ペックの最新作

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団『Entre chien et loup』Justin PECK 『黄昏時 』ジャスティン・ペック:振付(世界初演) 『Brahms-Schönberg Quartet』 George BALANCHINE 『ブラームス・シェーンベル

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2016/09/12掲載

[ 大分 ] 首藤康之が演出・振付け、小野絢子と福岡雄大が踊った、「いのち」について考える示唆に富んだ『コッペリア』

笠木啓子バレエ研究所 創立55周年特別記念公演『コッペリア』首藤康之:演出・振付大分市の笠木啓子バレエ研究所が創立55周年を迎え、当研究所出身で世界的に活躍しているバレエダンサー、首藤康之の演出・振付による『コッペリア』全幕を上演した。 笠木啓子は、大分市では未だクラシック・バレエの全幕上演がなされていなかった頃から、積極的に取り組み、最初に上演した古典全幕バレエが『コッペリア』だったという。それ

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2016/09/12掲載

ページの先頭へ戻る