令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ワールドレポート

2013年3月

2013年3月の記事一覧

ナイフによって愛の情念の極北を描いたスペイン舞踊劇の傑作『メディア』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchiスぺイン国立バレエ団『グリート』アントニオ・カナーレス:振付、『セビリア組曲』アントニオ・ナハーロ:原案、振付、演出、『ホタ〜スペインのオペラ「ラ・ドローレス」より』ピラール・アリソン:振付、『ファルーカ〜フラメンコ断章』フアン・キンテーロ:振付、『ボレロ』『メディア』ホセ・グラネーロ:振付スペイン国立バレエ団が6年ぶ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/03/11掲載

首藤康之が兵士を見事に演じ小尻健太の悪魔が躍動した、中村恩恵振付『兵士の物語』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi2012 ART DANCE KANAGAWA No.9『兵士の物語』中村恩恵:振付ART DANCE KANAGAWAの9回目は、中村恩恵が振付けたイーゴリ・ストラヴィンスキー作曲の『兵士の物語』。この作品はストラヴィンスキーがロシア革命によって領地を失い、経済的苦境に陥った第1次世界大戦後に、小規模の楽器編成と小劇

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/03/11掲載

ディアギレフのバレエ・リュスが甦るフォーキンの4作品をNBAバレエ団が上演

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiNBAバレエ団『ル・カルナヴァル』ミハイル・フォーキン:振付、セルゲイ・ヴィハレフ:復元『ポロヴェッツ人の踊り』オペラ「イーゴリ公」より ミハイル・フォーキン:振付、セルゲイ・ヴィハレフ:復元(ロプホフ版による)『ショピニアーナ』ミハイル・フォーキン振付、セルゲイ・ヴィハレフ:復元(ワガノワ版による)『クレオパトラ』ミ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/03/11掲載

クリメントヴァとムンタギロフが息の合ったパートナー・シップをみせた『ジゼル』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団『ジゼル』コラリ,ペロー、プティパ:振付、コンスタンチン・セルゲーエフ:改訂振付新国立劇場バレエ団がレパートリーとしている『ジゼル』は、コンスタンチン・セルゲイエフ版。オーソドックスな演出・振付であり、ロマンティック・バレエらしい雰囲気のあるヴァージョンである。今回は長田佳世、ダリア・クリメントヴァ、

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/03/11掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー : オーレリア・ベレ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAAurélia Bellet オーレリア・ベレ(スジェ)昨年のコンクールで一席のプルミエール・ダンスーズへの昇級は至らなかったものの、ここのところスジェの女性ダンサーとしては配役に恵まれている。今春、『天井桟敷の人々』ではバレリーナ役で来日。牡丹の花のような艶やかさ。それでいて幼女のよ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2013/03/11掲載

☆☆パリ・オペラ座バレエ団 2013・14年シーズンのプログラム発表☆☆

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi Sanko2月26日パリ国立オペラ座の2013・14年シーズンのプログラムが公式発表された。バレエの開幕公演は9月21日にジョン・ノイマイヤー振付『椿姫』(ガルニエ宮、10月13日まで)となる。閉幕公演にはローラン・プティ振付『ノートルダム・ド・パリ』(6月13日から7月16日、会場はバスチーユ・オペラ)が選ばれた。 クラシック・バレエ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2013/03/11掲載

獅子を踊る森山開次と能管と和太鼓が共鳴して神秘的な浄土のイメージが浮き立った

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi伝統と創造シリーズ vol.5第1部「石橋」(半能)第2部ダンス『Shakkyou』森山開次:演出・振付・出演、津村禮次郎:出演、松田弘之:笛、佐藤健作:和太鼓セルリアンタワー能楽堂の「伝統と創造シリーズ」のVol.5は、能『石橋』に触発された森山開次が『Shakkyou』を振付け、踊った。2011年に能楽師津村禮次郎

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/03/11掲載

著しい進境を見せた笠井端丈が上村なおかと踊った『海とクジラ』

ワールドレポート/東京佐々木 三重子text by Mieko Sasaki笠井端丈×上村なおか『海とクジラ』笠井端丈:構成・演出・振付/ピアノ演奏:高橋悠治このところ充実した活躍が目立つダンサー・振付家の笠井端丈が、実生活のパートナーでもある上村なおかと組み、異色の作曲家・ピアニスト、高橋悠治を迎えて、70分の新作『海とクジラ』を発表した。二人にとっては『青空散歩』に続く4年ぶり2作目のデュオ作

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/03/11掲載

和太鼓、パーカッション、雅楽で構成され幻想的で美しいキリアン振付の『輝夜姫』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Jiri KLIAN , ¨kaguyahime¨ イリ・キリアン振付『輝夜姫』1988年にネーデルランド・ダンス・シアターで世界初演され、2010年にパリ・オペラ座バレエ団のレパートリーに入ったキリアンの『輝夜姫』が再演された。会場

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2013/03/11掲載

ページの先頭へ戻る