ワールドレポート

2011年5月

2011年5月の記事一覧

オペラ座ダンサー・インタビュー:クリストフ・デュケンヌ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAChristophe Duquenne クリストフ・デュケンヌ(プルミエ・ダンスール)入団23年目の実力と若々しい青年の風貌を併せ持つ。4月は『ロメオとジュリエット』でベンヴォリーオ役を好演。『ロメオとジュリエット」のファースト・キャストでベンヴォリーオ役を踊ったクリストフは、表情豊か

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/05/10掲載

サン=レオンの振付を復元したオペラ座バレエ学校のラコット版『コッペリア』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoEcole de Danse de l'Opéra national de Paris パリ国立オペラ座バレエ学校公演John TARAS DESSEINS POUR SIX ジョン・タラス振付『6のためのデッサン』 Pierre LACOTTE COPPELIA  ピエール・ラコット復元振付『コッペリア』パリ国立オペラ座ダン

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/05/10掲載

ガニオのロメオ、プジョルのジュリエット、エイマンのマキューシオが競演

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Nudolf NOUREEV ROMEO ET JULIETTE  ルドルフ・ヌレエフ振付『ロメオとジュリエット』幕があがるとルネッサンス時代のヴェローナの町が広がった。騎馬像のある広場は装飾を施したきらびやかな館に囲まれている。イタ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/05/10掲載

楽しくしあわせそうな夜のダンス、原美香ファーストリサイタル

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna演出・振付:深川秀夫、キミホ・ハルバート、中田一史「ファーストリサイタル 原美香 with Friends」原美香バレエスタジオ関西を拠点にさまざまな舞台で主役をはじめ主要な役を重ねて来た原美香。30歳代になってからドイツ、チューリンゲン州立アイゼナハ歌劇場バレエ団とソリスト契約し、そこでも『くるみ割り人形』に主

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2011/05/10掲載

明るい喜びを表した泉ポールの『カルミナ・ブラーナ』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna構成・演出・振付:泉ポール『カルミナ・ブラーナ』ほかiSバレエ・フェスティヴァル女性全員が白いチュチュ、男性は白いブラウスと白いタイツで踊った『Fantasia Blanc』で華やかに幕を開けたiSバレエ・フェスティヴァル。続いてダンサーそれぞれの個性と魅力を活かしたクラシック・バレエのヴァリエーションが披露され

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2011/05/10掲載

ページの先頭へ戻る