ワールドレポート

パリ

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Paris <パリ>

パリの記事一覧

パリ・オペラ座ダンサー・インタビュー:マチュー・ガニオ

ワールドレポート/パリ大村 真理子(在パリ・フリーエディター) Text by Mariko OMURAMathieu Ganio(マチュー・ガニオ)エトワール12月上旬、『Mathieu Ganio vu par Michel Lidvac』(LE QUAI/MICHEL DE MAULE刊/ 49ユーロ)と題された1冊が発売された。ダンスを撮影し続けて45年という写真家ミッシェル・リドヴァック

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/12/12掲載

ロビンズへのオマージュ、『ファンシー・フリー』『ダンス組曲』『牧神の午後』『グラス・ピーシズ』が踊られた

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Hommage à JEROME ROBBINS ≪ジェローム・ロビンズへのオマージュ≫"Fancy Free", "A suite of dances", "Afternoon of a faun", "Glass Pieces"

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/12/10掲載

2018年12月・2019年1月パリダンス公演案内

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団☆Rudolf NOUREEV ルドルフ・ヌレエフ振付 Cendrillon 『シンデレラ』原作 シャルル・ペロー音楽 セルゲイ・プロコフィエフ翻案・振付・演出 ルドルフ・ヌレエフ装置 ペトリカ・イオネスコ衣装 森英恵照明 グイド・

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/12/10掲載

パリ・オペラ座バレエ団コール・ド・バレエ昇級コンクール

ワールドレポート/パリ大村 真理子(在パリ・フリーエディター) Text by Mariko OMURA前回のコール・ド・バレエ昇級コンクールは開催時期が通常より遅れて、3月に開催された。今回は例年と同じ時期に戻り、11月9日(男性)、10日(女性)にオペラ・ガルニエで開催された。苗字の頭文字が、アルファベットのEからのスタート。今回のコンクールの昇級決定者は、2019年1月1日から新しい階級に上

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/11/17掲載

ダンサーの身体が発散する破格のエネルギーと視覚的な美によって強烈な印象を残した、ナハリンの『デカダンス』

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団"DECADANCE"Ohad NAHARIN 『デカダンス』オハッド・ナハリン:振付9月初めのマーサ・グレアム舞踏団の引越公演につづいて、ガルニエ宮では9月28日から10月19日まで、『デカダンス』が上演された。振付を行ったオハッ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/11/12掲載

パリ・オペラ座ダンサー・インタビュー:アレッシオ・カルボーネ

ワールドレポート/パリ大村 真理子(在パリ・フリーエディター) Text by Mariko OMURAAlessio Carbone(アレッシオ・カルボーネ)プルミエ・ダンスールステージ上で以前と変わらぬ敏捷さ、快活さをもって踊るアレッシオ・カルボーネ。永遠の青年といった印象を受けるが、2020年1月で定年を迎えるという。25歳のときからプルミエ・ダンスールとして、彼はさまざまな作品に配役された

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/10/16掲載

パリ・オペラ座ダンサー・インタビュー:アンドレア・サーリ

ワールドレポート/パリ大村 真理子(在パリ・フリーエディター) Text by Mariko OMURAAndrea Sarri(アンドレア・サーリ) カドリーユ昨年末の『プレイ』でプルミエ・ダンスールのフランソワ・アリュとのデュオで、毎晩大活躍したアンドレア。2016年に入団したてのカドリーユだが、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルの『grosse fugue』『浄夜』でも、その切れの良い動き

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/09/18掲載

ジャン=クリストフ・マイヨー芸術監督(1960年生)が率いるモナコ公国のモンテカルロ・バレエ団が国立シャイヨ劇場で引越公演を行った。

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallets de Monte-Carlo モンテカルロ・バレエ団"LE SONGE" Jean-Christophe MAILLOT『夢』ジャン=クリストフ・マイヨー:振付ジャン=クリストフ・マイヨー芸術監督(1960年生)が率いるモナコ公国のモンテカルロ・バレエ団が国立シャイヨ劇場で引越公演を行った。ジャン=クリストフ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/09/10掲載

2018年9月・10月パリ、ダンス公演案内

Ballet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団☆☆Gala Ouverture de la saison de danse パリ・オペラ座バレエ・シーズン開幕ガラ☆☆オペラ座バレエ団 デフィレ☆Ohad NAHARIN オハッド・ナハリン振付 DECADANCE 『デカダンス』(レパートリー入り)公演日 9月27日20時開演音楽 ペレーズ・プラド、デ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/09/10掲載

アリス・ルナヴァンとフランソワ・アリュが踊った『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』、アリュのエネルギッシュな跳躍に客席が沸いた

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団"La Fille mal gardée" Frederick ASHTON (Jean DAUBERVAL)『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』(リーズの結婚)フレデリック・アシュトン:振付(ジャン・ドーベルヴァル:原振付パリ・オペラ座

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/08/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:セ・ウン・パク

ワールドレポート/パリ大村 真理子(在パリ・フリーエディター) Text by Mariko OMURASae Eun Park(セ・ウン・パク) プルミエール・ダンスーズ2018年度のブノワ・ダンス賞に輝いたプルミエール・ダンスーズのセ・ウン・パク。彼女の名前はセ・ウンだが、オペラ座内では仲間たちからサエと呼ばれて愛されている。これまで日本であまり語られることがなかった彼女なので、この機会に紹介

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/07/14掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:オニール 八菜

ワールドレポート/パリ大村 真理子(在パリ・フリーエディター) Text by Mariko OMURAHannah O'Neill オニール 八菜 (プルミエール・ダンスーズ)今年7月にアメリカ・ツアーが予定されていたパリ・オペラ座バレエ団。それがキャンセルとなったため、ツアーに配役されていた半数近くのダンサーたちが今シーズンはとても早い時期にパリでの仕事を終えている。オニール 八菜のパリでの最

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/06/19掲載

優れた音楽と見事に共鳴するムーヴメントによるケースマイケルの素晴らしいダンス3作品

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団"Quatuor N°4" "Die Grosse Fuge""Verklärte Nacht" Anne Teresa de KEERSMAEKER 『弦楽四重奏曲第4番』『大フーガ』『浄夜』アンヌ=テレサ・ドゥ・ケースマイケル:

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/06/11掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:キャロリーヌ・オスモン

ワールドレポート/東京大村 真理子(在パリ・フリーエディター) Text by Mariko OMURACaroline Osmont キャロリーヌ・オスモン(コリフェ)3月に開催されたコールド・バレエ昇級コンクールで、コリフェの2席を競ったのは17名のカドリーユ。その結果、1位で上がったのがキャロリーヌ・オスモンである。 5月19日からオペラ・ガルニエで始まる「ティエレ、シェシュター、ペレーズ、

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/05/19掲載

アデュー公演で見事な存在感を感じさせたマリ=アニエス・ジロー

ワールドレポート/パリ三光 洋Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団"Orphée et Eurydice"Pina BAUSCH 『オルフェとユーリディス』ピナ・バウシュ:振付春のガルニエ宮では3月24日から4月6日までピナ・バウシュ振付の『オルフェとユーリディス』が上演された。この作品はドイツのヴ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/05/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:ヴァンサン・シャイエ

ワールドレポート/パリ大村 真理子Text by Mariko OMURA(在パリ・フリーエディター)Vincent Chaillet ヴァンサン・シャイエ(プルミエ・ダンスール)先日パリ・オペラ座で公演された『オルフェとユリディーテェ』で、革エプロンの男性3名の中の一人として、一際鋭い踊りで存在感を示したヴァンサン・シャイエ。2018〜19年のシーズンはサバティカル・イヤーをとり、オペラ座の舞台

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/04/12掲載

ジルベール&ガニオ、オニール&ビッテンクールがラヴェルの音楽の魅力とともに踊った『ダフニスとクロエ』

ワールドレポート/パリ三光 洋Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団"Daphnis et Chloé"Benjamin MILLEPIED "Boléro" Maurice BEJART 『ダフニスとクロエ』バンジャマン・ミルピエ:振付『ボレロ』モーリス・ベジャール:振付2月24日から3月24日まで

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/04/10掲載

パリエロ、ジルベール、ガニオ、ブザールが競演、プルミエ昇級のマルクも加わった『オネーギン』の華麗な舞台

Ballet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団"Onéguine" John CRANKO 『オネーギン』 ジョン・クランコ:振付2009年に引退したマニュエル・ルグリの要望でオペラ座バレエ団のレパートリーに入ったジョン・クランコ振付の『オネーギン』が2月10日から3月7日まで上演された。 2009年にはルグリの引退公演で、マチアス・エイマンとイザベ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2018/03/12掲載

ページの先頭へ戻る