令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ワールドレポート

2013年6月

2013年6月の記事一覧

オペラ座ダンサー・インタビュー:ヴァンサン・シャイエ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAVincent Chaillet ヴァンサン・シャイエ(プルミエ・ダンスール)テンポラリー作品に多く配役されているイメージの強いヴァンサン。ガルニエ宮で6月22日から始まる『ラ・シルフィード』では、リュドミラ・パリエロをパートナーに初役でジェームスを踊る。『天井桟敷の人々』のラスネール

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2013/06/13掲載

古典バレエとコンテンポラリーな作品が楽しめたラフィネ・バレエコンサート

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi東京シティ・バレエ団ラフィネ・バレエコンサート 『ラ・バヤデール』より影の王国 安達悦子:再振付、『雨の下の<私たち>』中島伸欣:振付ほかラフィネ・バレエコンサート 2013は、東京シティ・バレエ団の創立45周年記念公演シリーズ III として開催された。古典バレエとコンテンポラリーなバレエ作品によるプログラム構成であ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/06/10掲載

震災からの復興を希求する "コッペリア" の物語が熱く踊られた

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi松山バレエ団『コッペリア』または『Festival de la Renaissance』清水哲太郎:構想・構成・演出・台本振付松山バレエ団が<『コッペリア』または『Festival de la Renaissance』>新制作し初演した。レオ・ドリーブの『コッペリア』に基づいて、清水哲太郎が換骨奪胎。設定を原典のポーラ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/06/10掲載

吉田都とジョゼフ・ケリーのグラン・パ・ド・ドゥが夢みる時間を輝かせた

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchiスターダンサーズ・バレエ団『シンデレラ』鈴木稔:演出・振付バレエ『シンデレラ』は、心の純粋な少女に奇跡が訪れるという物語が多くの人々に愛されている。同時にバレエの題材としても相応しいし、セルゲイ・プロコフィエフの音楽もまた、多くの人々に愛されている。というわけで、じつに多くの振付家が『シンデレラ』の振付を手掛けている。

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/06/10掲載

オペラ座の底力を感じさせた、洗練されたエスプリとスケールの大きな魅力的バレエ

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchiパリ・オペラ座バレエ団『天井桟敷の人々』ジョゼ・マルティネス振付『天井桟敷の人々』はオペラ座がエトワールだったジョゼ・マルティネスに委嘱して振付られた大作バレエだ。原作とされたのはあまりにも有名なジャック・プレヴェール脚本、マルセル・カルネ監督、ジャン・ルイ・バロー、アルレッティ、ピエール・ブラッスール、マルセル・エラ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/06/10掲載

ページの先頭へ戻る