ワールドレポート

2021年7月

2021年7月の記事一覧

マリインスキー劇場「バレエ・ガラ」名教師コワリョーワ先生を囲んで、ヴィシニョーワら教え子が見事に踊った

ワールドレポート/その他梶 彩子 text by Ayako KajiMariinsky Theatre BALLET GALA Marking the anniversary of Lyudmila Kovalevaマリインスキー劇場「バレエ・ガラ」リュドミラ・コワリョーワ先生を記念してI. PAS DE QUATRE Music by Cesare Pugni Choreography by

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2021/07/23掲載

英国ロイヤル・バレエ・スクールの日本人卒業生3人が名門バレエ団ジュニアカンパニーに入団決定!

ワールドレポート/ロンドンアンジェラ・加瀬  Text by Angela KaseロイヤルオペラハウスPhoto by Angela Kase(すべて)7月10日ロイヤル・バレエ・スクールが、ロイヤル・オペラ・ハウスのメイン・ステージにて2年ぶりの大劇場公演を行った。(2020年は新型コロナ禍のため学校公演は中止)例年は初等科であるホワイトロッジと高等科アッパー・スクールの全生徒が集まって公演

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2021/07/13掲載

セ・ウン・パクがエトワールに任命されたパリ・オペラ座バレエ『ロメオとジュリエット』をウールド=ブラームとエイマンで観る

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris  パリ・オペラ座バレエ団Rudolf NOUREEV : "Roméo et Juliette"『ロメオとジュリエット』ルドルフ・ヌレエフ:振付セ・ウン・パク、ポール・マルク© Agathe Poupeney/ Opéra national de Par

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2021/07/12掲載

マリインスキー・バレエの壮大なヤコブソン版『スパルタクス』、往年の名バレリーナ、オリガ・モイセーエワに捧げられた

ワールドレポート/その他梶 彩子 text by Ayako KajiThe Mariinsky Theatre マリインスキー劇場"Spartacus" Dedicated to the memory of Olga Moiseyeva ballet by Leonid Yakobson set to music by Aram Khachaturian『スパルタクス』オリガ・モイセーエワに捧ぐ

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2021/07/12掲載

新国立劇場バレエ『ライモンダ』、主役を中心としたダンサーと音楽の一体感が圧巻だった

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団『ライモンダ』マリウス・プティパ:振付、牧阿佐美:改訂振付・演出木村優里 撮影:長谷川清徳(すべて)新国立劇場バレエ団の『ライモンダ』は、2004年に牧阿佐美の改訂振付により初演された。主役は、ライモンダがスヴェトラーナ・ザハーロワ、吉田都ほか、ジャン・ド・ブリエンヌはアンドレイ・ウヴァーロフ、イー

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/07/12掲載

見事だった上野水香のカルメン、完成度の高い舞台を見せた東京バレエ団アロンソ版『カルメン』

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki東京バレエ団『スプリング・アンド・フォール』ジョン・ノイマイヤー:振付『カルメン』アルベルト・アロンソ:振付© Kiyonori Hasegawa(すべて)東京バレエ団が、ゴールデンウイークに〈上野の森バレエホリデイ〉のバレエ公演として企画しながら延期になっていた2作品、ジョン・ノイマイヤーの『スプリング・アンド・フォー

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/07/12掲載

ピーター・ライトの素晴らしい演出、そして塩谷綾菜のスワニルダが可愛かったスターダンサーズ・バレエ団『コッペリア』

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiスターダンサーズ・バレエ団『コッペリア』マリウス・プティパ、エンリコ・チェケッティ、ピーター・ライト:振付、ピーター・ライト:演出テアトロ・ジーリオ・ショウワで上演されたスターダンサーズ・バレエ団のピーター・ライト版『コッペリア』を、5月にオンライン配信された新国立劇場バレエ団のローラン・プティ版に続いて観た。ローラ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/07/12掲載

イスラエル・ガルバン『春の祭典』、音楽そのものが踊るということ

ワールドレポート/東京坂口 香野 Text by Kaya SakaguchiDance Base Yokohama『春の祭典』イスラエル・ガルバン:演出 振付 ダンスがくん、とガルバンの動きが止まったとき、「あ、終わりだ」という感覚と「何かすごいものを観た」という違和感みたいなものが同時にやってきて、どう反応していいのかわからなかった。体がうまく動かない。熱のこもった拍手がゆったりとわき起こり、

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/07/12掲載

楽しくなつかしい、リアルな夢の手触り 山田うん振付『オバケッタ』

ワールドレポート/東京坂口 香野 Text by Kaya Sakaguchi新国立劇場 ダンス『オバケッタ』山田うん:振付・演出振付家として国内外で活躍する山田うん振付『オバケッタ』は、子どもも大人も楽しめるダンス作品としてラインナップされた新作だ。観劇は7月3日(土)の午後。小劇場は、就学前の子どもから年配者まで、様々な世代の観客でほぼ満席となっていた。「怖い話」と「図鑑」が好きな子は多い。「

  • #ワールドレポート
  • #東京

2021/07/12掲載

敏捷でテクニックに優れた若いダンサーたちが活躍した、法村友井バレエ団の『不思議な仔馬』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna法村友井バレエ団『不思議な仔馬』アレクサンドル・ラドゥンスキー:原振付、法村牧緒:芸術監督・演出・振付、法村圭緒:振付不思議な仔馬:久村萌子© 尾鼻文雄(OfficeObana)(すべて)日本人で初めてロシアのワガノワ・バレエ学校に留学した法村牧緒。帰国後、日本でロシア・バレエの上演に尽力しているが、そのなかで

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2021/07/12掲載

マリインスキー劇場の白夜祭、若手振付家ワルナワの『ダフニスとクロエ』をゲールギエフの指揮で鑑賞

ワールドレポート/その他梶 彩子 text by Ayako KajiThe Mariinsky Theatre マリインスキー劇場Daphnis et Chloé 『ダフニスとクロエ』ballet by Vladimir Varnava set to music by Maurice Ravelウラジーミル・ワルナワ振付、モーリス・ラヴェル音楽フォーキン振付『ダフニスとクロエ』(音楽:ラヴェル)

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2021/07/08掲載

オレーシャ・ノーヴィコワが悲願のプリンシパルに、永久メイはファースト・ソリストに、マリインスキー・バレエの昇級情報

ワールドレポート/その他梶 彩子 text by Ayako KajiPhoto by Mikhail Vilchuk ©State Academic Mariinsky Theatre2021年6月20日、入団19年目を数えるオレーシャ・ノーヴィコワが、主役を踊った『ライモンダ』の公演後、ユーリー・ファテーエフ芸術監督により舞台上でプリンシパルに任命された。プリンシパルにふさわしい実力と功績が

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2021/07/07掲載

次回ローザンヌコンクールはモントルーのストラヴィンスキー・オーディトリアムで22年1月30日より開催される

ワールドレポート/その他香月 圭 text by Kei Kazuki2022年ローザンヌ国際バレエコンクール(Prix de Lausanne)は、モントルー(スイス)のストラヴィンスキー・オーディトリアムおよびモントルー&コンベンション・センターで、1月30日〜2月6日に開催される。決選は2月5日。ローザンヌに本拠を置く舞踊振興財団よりコンクールの概要が発表された。参加資格は2003年2月6日

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2021/07/07掲載

第21回英国批評家協会賞(National Dance Award)授賞式がオンラインで行われた

ワールドレポート/その他香月 圭 text by Kei Kazuki第21回英国批評家協会賞(ナショナル・ダンス・アワード)の授賞式が2021年6月27日、ロンドンのセルヴァンテス劇場にてオンラインで行われた。「傑出したパフォーマンス賞 古典の部 女性」で平田桃子(バーミンガム・ロイヤル・バレエ、『ジゼル』タイトル・ロール)と、5月にプリンシパルに昇進したばかりの金子扶生(英国ロイヤル・バレエ、

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2021/07/06掲載

パフォーミング・アーツの新たな地平を目指すフェードラ賞の授賞式が王立モネ劇場で行われた

ワールドレポート/その他香月 圭 text by Kei Kazukiパリ・オペラ座やハンブルク州立歌劇場の音楽監督を務めたスイスの作曲家ロルフ・リーバーマンが提唱した「次世代の芸術家を支えていくべきだ」という理念に、ヨーロッパの篤志家たちが賛同して、2014年にネットワーク「フェードラ・プラットフォーム」が立ち上げられた。劇場やオペラハウス、音楽や演劇フェスティバル、ダンス・カンパニーといった文

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2021/07/05掲載

『最後のレッスン』、バレエ教師 若佐久美子の著書が刊行された

ワールドレポート/その他安達 哲治バレエ教師、若佐久美子先生は、16年前に発症した卵巣がんの治療・再発を繰り返しながらも教え続けてきた。しかし昨年、新型コロナ感染拡大の猛威の中で猛烈な痛みに襲われ、ついに再再発となってしまった。医師には「これが最後の治療」、と言い渡された。もう生徒たちと会うこともできないかもしれない、歩くこともできなくなるかもしれないと覚悟を決めた。だが、指導者を失った生徒たちが

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2021/07/01掲載

ページの先頭へ戻る