ワールドレポート

大阪・名古屋

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Osaka and Nagoya <大阪・名古屋>

大阪・名古屋の記事一覧

田川陽子のマルグリット、水城卓哉のアルマン──ピアノソロに乗せて踊った『椿姫を奏でる』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko SuzunaSparkle-Music with Dance-「椿姫を奏でる」『椿姫を奏でる』堀登:振付、『Gift 遠い家族が教えてくれたこと』菰田いづみ:振付ピアノの生演奏に乗せての公演。公演タイトルになっている『椿姫を奏でる』の前に、菰田いづみ振付の『Gift 遠い家族が教えてくれたこと』が上演された。サン・サーンス

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/12/11掲載

上野水香、倉永美沙、中村祥子、近藤亜香を迎えて華やかに開催された、グラン・ドリーム・バレエ・フェス 2023

ワールドレポート/名古屋関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiグラン・ドリーム・バレエ・フェス 2023 松岡伶子:芸術監督『パキータ』松岡璃映、市橋万樹:振付、『L'Air d' Esprit』ジェラルド・アルビノ:振付、『ライモンダ』3幕より 梶田眞嗣:振付、『ラ・バヤデール』2幕より 徳山博士:振付上野水香(東京バレエ団ゲスト・プリンシパル)、倉永美沙(サンフランシスコ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/11/10掲載

望月則彦振付「マルグリット」佐多達枝振付『カルミナ・ブラーナ』ほか─神原ゆかり還暦記念、ゆかりバレエ公演2023

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna『「マルグリット」〜椿姫』より抜粋 望月則彦:振付、『カルミナ・ブラーナ』佐多達枝:振付ほか神原ゆかりの還暦記念ということで、望月則彦振付『「マルグリット」〜椿姫』より抜粋や佐多達枝振付『カルミナ・ブラーナ』と見応えある作品が並んだプログラム。そして、そのメインどちらの演目でも神原自身が還暦とは信じられない身体

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/11/10掲載

ウクライナ出身のマラーホフとウクライナから避難したバレリーナとともに──「マラーホフより愛をこめて'23」

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna針山愛美プロデュース公演『パキータ』ウラジーミル・マラーホフ:振付、『はじまりの鼓動〜舞〜』『ジュピター』針山愛美:振付、『IZANAI』『I'm you』宝満直也:振付,『ゴパック』カテリーナ・エフチコーワ:振付 ほかウラジーミル・マラーホフがベルリン国立バレエの芸術監督だった頃にダンサーとしてともに仕事をし

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/11/10掲載

YGP 2024 日本予選で高橋杏がホープ・アワード、磯見源が優秀振付者賞を受賞した

ワールドレポート/大阪香月 圭 text by Kei Kazuki高橋 杏『パキータよりVa』プリコンペティティブ部門 ホープ・アワード©松澤 綾子(STAFF TES)ユース・グランプリ(YGP) 2024 日本予選が10月15〜22日、あましんアルカイックホールにて行われた。9〜11歳のプリコンペティティブ部門における最優秀賞「ホープ・アワード」には、高橋杏が選ばれた。彼女は昨年の日本予選で

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/11/06掲載

このスタジオで育った福岡雄大、石川真理子、福田圭吾ら中心に大迫力の矢上恵子振付『Toi Toi』など──K★バレエスタジオ

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko SuzunaK★バレエスタジオ 37th Concert『Toi Toi』『FROZEN EYES[凍りついた眼]』矢上恵子:振付、『タランテラ』矢上香織:振付、『レ・パティヌール(スケートをする人々)』矢上久留美:振付矢上香織、久留美、恵子の3姉妹が立ち上げたK★バレエスタジオ。ここから、山本隆之、福岡雄大、福田圭吾、福

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/10/10掲載

二山治雄の『薔薇の精』から今年のファイナリスト、齋藤杏の『フローラの目覚め』まで── ローザンヌ国際バレエコンクール出場者達の祭典

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko SuzunaDance at the Gathering2023西尾智子:プロデュース法村牧緒:芸術監督昨秋には、ローザンヌ国際バレエコンクールの日本で初めての予選(1989年の東京大会は予選ではなく本大会)が行われたことが記憶に新しい。その主催でもあったダンスウエストが例年行っている「Dance at the Gathe

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/10/10掲載

関西ゆかりの実力派ダンサーが集って──全日本洋舞協会合同公演2023

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna全日本洋舞協会合同公演2023『卒業舞踏会』片岡恒子:演出・振付ほかドヴォルザークの曲に乗せた群舞でのオープニングで幕を開けた舞台。初々しい魅力を感じさせる藪内暁大と、津田佳穂里、的場涼香による『白鳥の湖』第1幕よりパ・ド・トロワに続いては、林田まりやと大巻雄矢の『海賊』第2幕よりメドーラとアリのグラン・パ・ド

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/10/10掲載

中村恩恵振付『ベートーヴェン・ソナタ』を水城卓哉と貞松正一郎の主演で──貞松・浜田バレエ団

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna貞松・浜田バレエ団『ベートーヴェン・ソナタ』中村恩恵:振付ベートーヴェンは日記で、自分に対して2人称を使い、「お前は自分のための人間であってはならない。ただ、他者のために──」などと書いていたという。そこから"語りかけるベートーヴェン"と"語りかけられるベートーヴェン"を軸に、中村恩恵が2017年に新国立劇場バ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/09/11掲載

金子扶生&ワディム・ムンタギロフを筆頭に、ヨーロッパを中心に世界で活躍するダンサーが集った「アーティスティック・バレエ・ガラ2023」

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzunaアーティスティック・バレエ・ガラ2023矢倉鈴奈:企画・構成・演出ヨーロッパを中心に世界で活躍するダンサー達が、クラシックはもちろん、それぞれが活躍するバレエ団でのレパートリーを披露してくれるアーティスティック・バレエ・ガラも7回目を迎えた。『ドン・キホーテ』第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ大谷遥陽、アイトール・

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/09/11掲載

ドロッセルマイヤーも踊った山本庸督によるオリジナリティ溢れる演出振付で『The Nutcracker 〜クララの夢〜』を上演

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko SuzunaY.S.BALLET COMPANY『The Nutcracker 〜クララの夢〜』山本庸督:振付音楽が鳴り出すと、幕前、上機嫌でクリスマスパーティに向かう準備をしているドロッセルマイヤー(振付も手掛けた山本庸督)、気の良いおじさんという雰囲気でウキウキとした気分が伝わる。続いては、メイドさん(三島久美子)と一

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/09/11掲載

ダンサーたちの世代毎の表現を追求した苫野美亜振付『mid/point』ウィーン国立バレエの橋本清香&木本全優による『Mozart à deux』など──Contemporary Dance Pieces II

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko SuzunaContemporary Dance Pieces II『十四夜月』『mid/point』苫野美亜:振付、『Mozart à deux』Thierry Malandain:振付苫野美亜プロデュースで自身の作品2つ、『十四夜月』と『mid/point』に加え、同じ山口けい子バレエ出身でウィーン国立バレエ団の橋本清

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/09/11掲載

菅井円加と二山治雄による心が浮き立つ『ラ・シルフィード』、ローザンヌコンクールで話題になった宮崎圭介など──BALLET AT A GATHERING

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko SuzunaBALLET AT A GATHERING末松かよ:企画・構成これから素晴らしいダンサーに成長していきそうなコンクールなどで頭角を現す若手から、今、まさに世界の檜舞台で活躍するトップダンサーまでが集ったガラ「BALLET AT A GATHERING」。厳選された出演者で、踊ったダンサー全てが何か目を引くものを

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/09/11掲載

パリ・オペラ座のエトワールとして活躍したアティリオ・ラビス振付『アルカード』が京都バレエ団により上演され、オマージュが捧げられた

ワールドレポート/京都関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi京都バレエ団 Triple Bill『ロゼット』堀内充:振付・指導、『卒業舞踏会』ダヴィット・リシーン:原振付、エリック・カミーヨ:指導、『アルカード Arcades』アティリオ・ラビス:振付、カール・パケット:指導京都バレエ団は、パリ・オペラ座バレエ団と長く深い交流を積み重ねて多くの舞台を作ってきた。私が知っている

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/08/10掲載

上杉真由主宰niconomiel(ニコノミエル)の公演「地に還り 血は廻り」は、A、B、2つのプログラムで

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna『folia』村林楽穂:振付、『on』村林楽穂、高橋佑紀:振付、『Orb─ウチ⇄ソト─』宮原由紀夫:振付、幻想バレエ『組曲クロード・モネと私』上杉真由:振付、『脈々と〜音降る夜と遠い記憶〜』上杉真由:構成演出・一部振付"人"そのものだったり、"人と人との関係性"だったり、"社会と人"だったり──いつもそういった

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/08/10掲載

望月則彦没後10年の今年、山口陽子&河邉こずえによる新たな振付・演出による『カルミナ・ブラーナ』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzunaアルティ・アーティスト・プロジェクト『カルミナ・ブラーナ』山口陽子、河邉こずえ:振付京都府立府民ホール "アルティ" に実力派のダンサーや振付家たちが集って作品を創り発表する "アルティ・アーティスト・プロジェクト"。その芸術監督を務めていた望月則彦が2013年に他界してから10年が経とうとしている。2010年

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/08/10掲載

田川陽子のカルメン、野々山亮のホセ、水城卓哉のエスカミリオ、ピアノとパーカッションの演奏とともに上演された『カルメンを奏でる』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna田川陽子バレエアカデミー『カルメンを奏でる』堀登:振付ドイツのゲルセンキーシェン州立バレエ劇場で活躍後帰国し、各コンクール1位受賞など数々の優秀な生徒を育てている田川陽子。彼女が主宰する団体のサマーコンサートだ。『カルメンを奏でる』カルメン:田川陽子、ホセ:野々山亮撮影:田中 聡(テス大阪)1部、2部は、小作品

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/08/10掲載

神戸ファッション美術館で上演する「Contemporary Dance Pieces II」をプロデュースする苫野美亜にインタビュー

ワールドレポート/大阪・名古屋インタビュー=すずなあつこ──積極的に振付作品を発表するとともに、公演プロデュースや中村恩恵振付作品のバレエミストレス、K バレエスクールなどでコンテンポラリーの指導者としても活躍する苫野美亜さん、今回の神戸美術館の公演は、Dance Performance LIVE ♯9「Contemporary Dance Pieces II」ですが、スタートはクラシック・バレエ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/07/12掲載

原美香が山本隆之をパートナーに踊った山本康介振付の新作『「Hommage」〜オマージュ〜』など、原美香バレエスタジオ

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna原美香バレエスタジオ The 10th Performance『「Hommage」〜オマージュ〜』山本康介:振付宮下靖子バレエ団のプリマを長年務め、海外での経験も経て、2010年には自ら主宰する原美香バレエスタジオをスタートさせた原美香。その10回目の舞台であるとともに、原の還暦記念でもあるという(芯が強くも、

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/07/10掲載

高岸直樹の改訂振付により40歳以上の女性ダンサーたちによる『レ・シルフィード』&『ライモンダ』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna吹田市民劇場メイシアター・バレエ公演『レ・シルフィード』&『ライモンダ』高岸直樹:改訂振付女性ダンサーは全員40歳以上というバレエ公演が大阪、吹田市のメイシアター主宰で開催された。改訂振付と指導を高岸直樹が担当し、国田美和が指導するとともに『ライモンダ』第3幕を主演した。今、40歳代、50歳代と年齢を重ねても、

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2023/07/10掲載

ページの先頭へ戻る