ワールドレポート

パリ

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Paris <パリ>

パリの記事一覧

マイムも楽しかったウルド=ブラームとオファルトの『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Frederick Ashton ¨LA FILLE MAL GARDÉE¨フレデリック・アシュトン振付『ラ・ フィーユ・マル・ガルデ』『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』の第1キャストを見た。このタイトルは『リーズの結婚』とされることもあ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/07/10掲載

デュポンと復帰したモローが踊ったサシャ・ヴァルツの『ロメオとジュリエット』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Sasha Waltz ¨ROMÉO ET JULIETTE¨ サシャ・ヴァルツ振付『ロメオとジュリエット』2007年10月にガルニエ宮で世界初演されたサシャ・ヴァルツ振付の『ロメオとジュリエット』が再演された。 舞台上には客席に向か

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/07/10掲載

パリの観客の心をつかんだ東京バレエ団『ザ・カブキ』2回目のガルニエ宮公演

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURA[特別レポート]The Tokyo Ballet at the Paris Opéraオペラ座では毎シーズン、外部カンパニーの公演がプログラムされる。世界の名だたるカンパニーの中からゲストをセレクションするのは、芸術監督ブリジット・ルフェーヴル。演目はカンパニーのレパートリーの中から選

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/06/11掲載

ベジャール芸術と日本の伝統が一体となった『ザ・カブキ』がガルニエ宮で喝采!

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoMaurice Béjart "LE KABUKI" モーリス・ベジャール振付『ザ・カブキ』The Tokyo Ballet at the Paris Opéra 東京バレエ団 パリ・オペラ座公演パリ国立オペラ座のガルニエ宮で東京バレエ団による引越公演『ザ・カブキ』が5月18日から22日まで6回にわたって上演された。その初日の

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/06/11掲載

デュポンとシアラヴォラのマノン、オファルトとガニオのデ・グリューが競演

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Kenneth MacMillan " L'Histoire de Manon " ケネス・マクミラン振付『マノン』ケネス・マクミランはセシル・オーブリー主演(アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督・1948年)の『情婦マノン』と、そのリ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/06/11掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:アリステール・マダン

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAAllister Madin アリステール・マダン(スジェ)6月18日より『リーズの結婚』で3度目のアラン役に挑む。契約ダンサー時代を含めるとすでにオペラ座でのキャリアが7年になるアリステール。まだ25歳と若く、ステージ上に弾けるようなエネルギーを放ち、ダイナミックできれのよい動きを見

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/05/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:リュドミラ・パリエロ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURALudmila Pagliero リュドミラ・パリエロ(エトワール)アルゼンチン出身の28歳。映画館での生中継も行われた3月22日の『ラ・バヤデール』で、ガムザッティ役を踊りエトワールに任命されたチリのサンチャゴ・バレエ団でソリストを経て、2003年にオペラ座バレエ団に入団。その4年後

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/04/10掲載

グラスの音楽、チャイルズの振付の最小限のユニットを積み重ねた「時空旅行」

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoRobert Wilson "Einstein on the Beach" ロバート・ウィルソン演出『海辺のアインシュタイン』1976年7月にフランスのアヴィニョン演劇祭で世界初演され、大きな反響を呼んだ『海辺のアインシュタイン』がモンペリエ・オペラで再演された。この後、イタリアのレッジオ・エミリア、ロンドン、トロント、ニュー

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/04/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー : ピエール=アルチュール・ラヴォー

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAPierre-Arthur Raveau ピエール=アルチュール・ラヴォー(スジェ)昨年開催された昇級コンクールで、入団3年目の彼が男性スジェの空席1席を勝ち得た。正確なテクニック、高い音楽性。見る者の眼にとても快適な印象を残す動きをする彼。1年前からさまざまなガラに参加し、ソリストと

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/03/12掲載

マリ=アニエスとブリヨンが踊ったピナの<舞踊によるオペラ>の感動

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Pina Bausch, Christoph Willibald Gluk " Orphée et Eurydice "ピナ・バウシュ振付、クリストフ・ヴィリバルト・グルック作曲『オルフェとユーリディス』2009年6月30日にピナ・バ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/03/12掲載

サレンコ、カニスキン、カブレラ、ガルスティヤンなどが活躍「21世紀エトワールガラ」

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoGala des Etoiles du XXIeme siècle 『21世紀のエトワールガラ』Théâtre des Champs-Elysées シャンゼリゼ歌劇場シャンゼリゼ歌劇場の「21世紀のエトワールガラ」が14回目を迎えた。今年は当初予定されていたダンサーのうち、ルシア・ラッカラ/シリル・ピエールのカップルがキャン

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/02/10掲載

踊りのエネルギーが弾けるようなブルノンヴィルの『ナポリ』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet Royal du Danemark デンマーク王立バレエ団Sorella Englund / Nikolaj Hubbe "Napoli" ソレラ・エングルントとニコライ・ヒュッベ振付 『ナポリ』ガルニエ宮の新春はデンマーク王立バレエ団の引越公演だった。演目はオーギュスト・ブルノンヴィル(1805・1879)の原

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/02/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:レティシア・プジョル(エトワール)

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURALaëtitia Pujol  レティシア・プジョル(エトワール) 昨年末、バスチーユの『シンデレラ』で初役で好演。ジャン=ギヨーム・バールの創作「泉」を怪我で降板し、ファンを悲しませたレティシア。12月の 『シンデレラ』では、これまでの義姉役ではなくシンデレラ役で舞台復帰を果たした。

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/02/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:マチルド・フルステ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAMathilde Froustey マチルド・フルステ(スジェ)12月は『オネーギン』の舞台で、生き生きと軽やかにオルガ役を好演。今月末の「Love from Paris エトワール」ではフローリアン・マニョネ、ヤニック・ビタンクールと踊る。愛する東京の街を歩きまわれる機会を楽しみに、

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/01/10掲載

ロシアの大地を具現したモイセーエフ・バレエ団の火山の噴火にも似た衝撃

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet Igor Moisseievイゴール・モイセーエフ・バレエ団 パリ引越公演パリのパレ・デ・コングレで12月20日から1月1日までロシアのイゴール・モイセーエフ・バレエ団の引越公演が開かれた。なだらかに傾斜した座席はゆったりしていて、広い舞台をどこからでもよく見られる会場だ。創立75周年を迎えた同バレエ団は2007

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/01/10掲載

ヒロインの心の揺らぎを繊細に表したオーレリー・デュポンのタチアナ

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団John Cranko "Oneguine" ジョン・クランコ振付『オネーギン』ジョン・クランコ振付のオネーギンは2009年4月にマニュエル・ルグリとクレールマリ・オスタの組み合わせで見た。今回は予定されていたニコラ・ル・リッシュが『

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2012/01/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:アリス・ルナヴァン

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAAlice Renavand  アリス・ルナヴァン(スジェ)12月、バスチーユ・オペラ座の『シンデレラ』で意地悪な義姉をコミカルに演じ、新たな一面をアピール。プルミエール・ダンスーズの1空席をめぐり、11月9日、12名の女性スジェが競ったコンクール。その結果、自由課題に『ドン・キホーテ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/12/12掲載

瀟洒なヴェルサイユ王立歌劇場で上演された『マリー・アントワネット』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoTheatre national de Chaillot  ヴェルサイユ王立オペラPatrick de Bana " Marie-Antoinette" パトリック・ド・バナ振付 『マリー・アントワネット』ヴェルサイユ王立歌劇場は、マリー・アントワネットの王太子(後のルイ16世)との結婚祝典のためにルイ15世が建造し、177

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/12/12掲載

ページの先頭へ戻る