令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

環佐希子振付『恋のガーデン』など──環バレエ団「初秋のバレエコンサート」

ワールドレポート/大阪

すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna

環バレエ団・環ジュニアバレエ団「初秋のバレエコンサート」

『恋のガーデン』環佐希子;振付、『Sleeping Beauty/眠れる森の美女』よりハイライト 原田高博;振付

IMG_0248.jpg

『Sleeping Beauty/眠れる森の美女』よりハイライト オーロラ姫:田中佑美、デジレ王子:上村崇人
撮影:田中 聡(テス大阪)(すべて)

環バレエ団・環ジュニアバレエ団「初秋のバレエコンサート」では、原田高博振付による『Sleeping Beauty/眠れる森の美女』よりハイライトと、団長の環佐希子のオリジナル作品『恋のガーデン』の2演目が上演された。

『Sleeping Beauty/眠れる森の美女』は、1幕のローズ・アダージオなどの場面と3幕の結婚式の場面を中心にコンパクトに構成。6人の妖精の踊りを結婚式のディヴェルティスマンの1つに位置づけた。オーロラ姫は踊り分けて、1幕を池田由希子、3幕を田中佑美。池田は軽さが感じられる踊り、それはオーロラの若さに繋がり良かった。ただ、欲を言えば、今後踊り重ねて深みを増した表現も見せて欲しいところ。田中は落ち着きが感じられるオーロラ、華もあり、楽しげに結婚の幸せを表現した。上村はピリリと、キリッとした日本男児らしい魅力を感じさせる王子をテクニックを持って好演。また、リラの精の福井一菜は、美しい首のライン、恵まれたスタイルを活かして惹きつけた。

IMG_0247.jpg

『Sleeping Beauty/眠れる森の美女』よりハイライト オーロラ姫:池田由希子

IMG_0249.jpg

『Sleeping Beauty/眠れる森の美女』よりハイライト オーロラ姫:田中佑美、デジレ王子:上村崇人、リラの精:福井一菜

後半の『恋のガーデン』は、興味深いオリジナル作品。幕が開くと、色とりどりの花々が咲き乱れる美しい庭での幻想的なガーデン・パーティ。視覚的な美しさにまず息をのむ。

IMG_0250.jpg

『恋のガーデン』恋人:西藤愛乃、河島真之

IMG_0256.jpg

『恋のガーデン』恋人:西藤愛乃、河島真之、ジプシーの女:米田くるみ

西藤愛乃と河島真之カップルを中心に、恋人達が優雅に踊る。そこに登場するジプシーたちの中心で踊るジプシーの女(米田くるみ)の妖婉な美しさにどんどん惹きつけられていくカップルの男性(河島)。その様子に傷心の女性(西藤)とジプシーの女(米田)、どうしようもなくジプシーの女に惹かれてしまう男性(河島)──3人の心のあやを描いたパ・ド・トロワ。朝になると、ジプシーたちは去り、恋人たちは元通りのお互いを想い穏やかに踊る。そのストーリーに、ふと『二羽の鳩』を少し思い出した。

まず、ジプシーの女役の米田の表現力が秀逸。誘惑する演技が自然、彼女の舞台をこれまでも何度か観ているが、いつも天性のものかと思える表現が強く印象に残る。まだ若く、さらに経験を重ねれば、例えばこの役に感して言えば、さらに妖婉さが増し、迫力が増すのではないかと期待できる。そして主役カップル、西藤は素直で優しく控えめな女性像を丁寧に表現。切ない気持ちがじんわりと伝わった。河島は長年の舞台経験も活かして、さすがに細やかな心情を、恵まれたスタイルを活かして。恋人も決して嫌いではないけれど、他の女性に惹かれていく男性像を繊細にあらわした。
どちらの演目も、若いダンサーたちが、伸び伸びと取り組んでいて気持ち良く観た舞台だった。
(2018年9月22日 大阪メルパルクホール)

IMG_0257.jpg

『恋のガーデン』恋人(女性):西藤愛乃

IMG_0259.jpg

『恋のガーデン』恋人:西藤愛乃、河島真之、ジプシーの女:米田くるみ

撮影:田中 聡(テス大阪)(すべて)

ページの先頭へ戻る