令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

第8回ワガノワ国際バレエコンクールが開催された

ワールドレポート/ペテルブルク

香月 圭 text by Kei Kazuki

Vladlen Semenovのコーチング© Andrew Lush/VBA.jpg

Vladlen Semenovのコーチング © Andrew Lush/VBA

2018年10月14〜21日サンクトペテルブルクで第8回ワガノワ国際バレエコンクール(Vaganova-PRIX)が行われた。このコンクールは、ワガノワ・バレエ・アカデミーがロシア文化省と共同して1988年に設立されたコンクールで、過去にはロパートキナ、ザハーロワ、コルプなどワガノワ卒業生のほかセミョーノワ、ムンタギロフ、新国立劇場バレエ・ソリストの寺井七海、中家正博も入賞している。2006年以降開催が途絶えていたが2016年に再開。その第7回大会では島田陽衣と吉江絵璃奈、千野円句、高森美結が入賞し、日本でも大いにメディアを賑わせた。

本年度はアグリッピナ・ワガノワの愛弟子でキーロフ・バレエの名プリマだったイリーナ・コルパコワが前回に続いて審査委員長を務め、ワガノワ・バレエ・アカデミーの筆頭副校長兼芸術監督ジャンナ・アユポワやローザンヌ国際バレエコンクール・ディレクターのキャスリン・ブラッドニー、牧阿佐美などが審査にあたった。

審査員:左よりジャンナ・アユポワ、イリナ・コルパコワ、ミハイル・ラブロフスキー、タデウス・マタチ.jpg

審査員:左よりジャンナ・アユポワ、イリナ・コルパコワ、ミハイル・ラブロフスキー、タデウス・マタチ
©Andrew Lush/VBA

審査員:左より牧阿佐美、キャスリン・ブラッドニー、ジェイソン・ビーチー、ジョ・ジュヒョン.jpg

審査員:左より牧阿佐美、キャスリン・ブラッドニー、ジェイソン・ビーチー、ジョ・ジュヒョン ©Andrew Lush/VBA

センターワーク© Andrew Lush/VBA.jpg

センターワーク© Andrew Lush/VBA

バーレッスン© Andrew Lush.jpg

バーレッスン© Andrew Lush/VBA

本大会にはロシア、ウクライナ、カザフスタンなど旧ソ連共和国やアメリカ、オーストラリア、イスラエル、韓国、中国などアジア勢、イタリア、ハンガリー、ポルトガルなど18カ国から14〜16歳のジュニア男子11名、ジュニア女子21名、17〜18歳のシニア男子10名、シニア女子20名、合計62名が参加した。日本からはワガノワ・バレエ・アカデミーに留学中の4名とパリ国立高等音楽舞踊学校留学生1名が参加した。二次審査に3名が選ばれ、健闘した。

ローザンヌ国際バレエコンクール予備選考(コンテンポラリー)Marat Sultanov from Latvia© Andrew Lush/VBA.jpg

ローザンヌ国際バレエコンクール予備選考(コンテンポラリー)Marat Sultanov from Latvia © Andrew Lush/VBA

10月16日、ワガノワ・バレエ・アカデミーでの一次審査ではクラスレッスン、10月18日のエルミタージュ劇場での二次審査ではクラシックのデュエットもしくはヴァリエーション2種類が評価対象となった。一次審査を通過したのはジュニア男子5名、ジュニア女子10名、シニア男子7名、シニア女子9名。グランプリを獲得したのはワガノワ・バレエ・アカデミーのMihail Barkidija。ジュニア男子1位も獲得した。
2019年2月に開催される第47回ローザンヌ国際バレエコンクールの予備選考も同時に行われ、10カ国16人が参加した。クラスレッスン、クラシックのヴァリエーションに加え、コンテンポラリーの審査(10月17日)を経て3名が選ばれた。
10月20日マリインスキー劇場にてワガノワ・バレエ・アカデミー校長ニコライ・ツィスカリーゼの司会による授賞式が行われ、続いてコンクール入賞者のガラ・コンサートが行われた。コンサート第二部では入賞者を含むワガノワ・バレエ・アカデミーの卒業生・生徒たちによるセルジュ・リファール振付『白の組曲』が上演された。この模様はマリインスキー劇場からライブ配信されている。

《第8回ワガノワ国際バレエコンクール入賞者》

◇グランプリ
Mikhail Barkidjija(16歳/ロシア ワガノワ・バレエ・アカデミー)
◇ジュニア男子
1位 Mikhail Barkidjija(16歳/ロシア ワガノワ・バレエ・アカデミー)
2位 Junsu Lee(16歳/韓国 韓国国立芸術院)
※2018年第46回ローザンヌ国際コンクール4位入賞
3位 Yan Besishev(16歳/ロシア ワガノワ・バレエ・アカデミー)
◇ジュニア女子
1位 Seyeon Min(15歳/韓国 韓国国立芸術院)
2位 Yulia Bondareva(16歳/ロシア ワガノワ・バレエ・アカデミー)
3位 Lizi Avsadjanishvilli(15歳/ジョージア ワガノワ・バレエ・アカデミー)
◇シニア男子
1位 Marko Juusela(18歳/フィンランド ワガノワ・バレエ・アカデミー)
2位 Danila Khamzin(17歳/ロシア ペルミ国立舞踊学校)※2018年第15回ペルミ国際バレエコンクール「アラベスク」ジュニア男子1位
3位 Alexei Khamzin(17歳/ロシア ペルミ国立舞踊学校)※2018年第15回ペルミ国際バレエコンクール「アラベスク」ジュニア男子2位
◇シニア女子
1位 Anastasia Smirnova(17歳/ロシア ワガノワ・バレエ・アカデミー)2016年度第7回ワガノワ国際バレエコンクール ジュニア女子部門で出場し、ディアナ・ヴィシニョーワ賞受賞
1位 Alexandra Khiteeva(17歳/ロシア ワガノワ・バレエ・アカデミー)
2位 Aviva-Gelfer Mundl(17歳/アメリカ ワガノワ・バレエ・アカデミー)※2018年第46回ローザンヌ国際コンクール8位入賞後、ワガノワ・アカデミーへ留学中。
3位 Anastasia Gorbacheva(17歳/ロシア ワガノワ・バレエ・アカデミー)

◇N.ドゥジンスカヤおよびK.セルゲイエフ賞
Seyeon Min(15歳/韓国 韓国国立芸術院)
◇グリシコ社賞
Maria Malinina(18歳/ロシア ペルミ国立舞踊学校)※2018年第15回ペルミ国際バレエコンクール「アラベスク」ジュニア女子 ディプロマ入賞
◇ワガノワ・バレエ・アカデミー研修
Marat Sultanov(17歳/ラトヴィア リガ舞踊学校)
Joana Senra(16歳/ポルトガル 国立高等舞踊学校)
◇ローザンヌ国際バレエコンクール予備選考
Vladislav Khodasevich(16歳/ベラルーシ ワガノワ・バレエ・アカデミー)
Marat Sultanov(17歳/ラトヴィア リガ舞踊学校)
Joana Senra(16歳/ポルトガル 国立高等舞踊学校)
◇観客賞
大澤ホロウィッツ有論 Aaron Osawa-Horowitz(18歳/アメリカ ワガノワ・バレエ・アカデミー)※大澤ホロウィッツ有論はニューヨーク生まれ、ロンドン育ち。ロイヤル・バレエスクールを経て2016年9月よりワガノワ・アカデミーへ留学中。
Yulia Bondareva(16歳/ロシア ワガノワ・バレエ・アカデミー)

観客賞:大澤ホロウィッツ有論© Andrew Lush.jpg

観客賞:大澤ホロウィッツ有論 © Andrew Lush/VBA

観客賞Yulia Bondareva© Andrew Lush.jpg

観客賞:Yulia Bondareva © Andrew Lush/VBA

《日本人参加者》
名田 暢 Itaru Nada(16歳/日本 ワガノワ・バレエ・アカデミー)ジュニア男子
定免 泰成 Taisei Jomen(17歳/日本パリ国立高等音楽院)シニア男子/一次審査通過
高木 風音 Kazane Takaki(17歳/日本 ワガノワ・バレエ・アカデミー)シニア女子/一次審査通過
加藤 沙彩 Saaya Kato(17歳/日本 ワガノワ・バレエ・アカデミー)シニア女子/一次審査通過
原 和奏 Wakana Hara(18歳/日本 ワガノワ・バレエ・アカデミー)シニア女子 

《審査員》
イリーナ・コルパコワ(アメリカン・バレエ・シアター バレエ・ミストレス) 審査委員長
ジャンナ・アユポワ(ワガノワ・バレエ・アカデミー筆頭副校長兼芸術監督)
ジェイソン・ビーチー(ドレスデン・パルッカ舞踊大学学長)
キャスリン・ブラッドニー(ローザンヌ国際バレエコンクールCEO兼芸術監督)
ジョ・ジュヒョン(韓国国立芸術大学教授、韓国国立総合芸術学校校長)
ミハイル・ラヴロフスキー(モスクワ舞踊アカデミー芸術監督)
牧 阿佐美(新国立劇場バレエ研究所所長)
タデウス・マタチ(ジョン・クランコ・スクール校長)

◆第8回ワガノワ国際バレエコンクール公式サイト
https://www.vaganovaprix.ru/

◆第8回ワガノワ国際バレエコンクール・ガラコンサート動画
Mariinsky.tv
https://mariinsky.tv/e

ページの先頭へ戻る