ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2009.10.13]

大植真太郎、中村恩恵、金森穣の作品を上演

dancetoday 2009 さいたま芸術劇場

C/Ompany (大植真太郎、柳本雅寛、平原慎太郎)

tokyo0910f01.jpg

『イキ、シ、タイ』演出:大植真太郎、振付・出演:大植真太郎、柳本雅寛、平原慎太郎
さいたま芸術劇場の小ホールは。三方の客席からフロアを見下ろす。天井は高く、正面の両サイドには剥き出しの階段や設備があるが、背景は巨大スクリーンになり、無論、アーティストの出入りとして使える。しかし、大植真太郎はそういった劇的な空間にはあまり関心を向けてはいない。
フロアに白いリノリウムを敷き、下手奥に畳み一畳分くらいの黒い敷物が大きな×印で止められている。上手奥のコーナーに男(大植)がテープで貼付けられ、やはり×で貼り付けられている。
客席の灯りも落とさず、無音の中、二人の男性ダンサー(柳本と平原)がじゃれ合うようにダンスを始める気楽な感じのオープニング。
二人は密着し絡み合い、頭でパートナーの身体を持ち上げるような動きの中、「パンダ」とか「痛い」「そうなるか」といった意味のない即興的な言葉をつぶやきながら緊張感のないリラックスした動きを展開する。
一度二人の動きが止まった後、×で貼付けられていたダンサーも加わって3人のダンスとなり、複雑な動きが続く。そして中島みゆきの歌が流れ、天からごくありふれた無色の薄い小さなビニール袋が口をあけたまま舞い降り始め、やがて無数のビニール袋が3人の上に落下し、フロアは袋だらけになってしまう。まるで3人のダンサーに空気を送り込むかのようなその光景が、なんともいえずじつに美しかった。
日常的な戯れの果てに、いつも何気なく身の回りにあるものが舞台に現れて、思いがけない美の情景をみせたのには驚かされた。

廣田あつ子×中村恩恵

tokyo0910f02.jpg

『Le droit de rêver 夢みる権利』演出・振付:中村恩恵、廣田あつ子
次の『Le droit de rêver 夢みる権利』は、打って変わって仄くらい舞台に2脚の椅子が置かれた中、黒いヴェールで顔を覆い、時代がかったロングコートのような衣裳を着けた二人の踊り。スモークが焚かれおどろおどろしい音が響き、二人のデビルが踊っているのかのような雰囲気だった。
一人が真っ赤なキャミソールに着替え、ヒールの音を響かせて剥き出しの階段を昇り下りして夢の幻想空間を印象づける。
巨大スクリーンに不気味に流れるゲル状の物質が映し出され、フロアをお風呂場の小さな椅子に乗って足を付けずに移動する動き。三途の川を渡っているのでもないだろうか、終始、不可思議なイメージが描かれた。
タッパが高く回りを客席が囲み舞台が底にあるという劇場空間を活かした照明で、天に吊るされたミラーボールも地獄の不規則な光を感じさせるかのようで効果的だった。

unit Cyan

tokyo0910f03.jpg

『trio 〜《シアンの告白》より抜粋』演出・振付:金森穣、出演:金森穣、井関佐和子
新たに立ち上げたプライヴェート・ユニットによる金森作品では、舞台上に井関の幼いの頃のあどけない表情のアップの大きな写真が吊るされ、そこで二人の激しいかかわり合い踊られる。
二人のヒストリーを語るかのように、貴重な井関のバレリーナ姿の踊りもあった。上手に置かれた赤い模型飛行機は、二人の海外でに出会いや創作体験を示しているのだろうか。
白い壁に身体をぶっつけるなど激しい葛藤もあったが、結局、二人は愛し合い、幸せな愛を育み、そのプロセスがダンスによって告白されていく。
人も羨む優れたダンサー同士のカップルの、闊達なダンスのエネルギーを感じとることのできる作品である。
ただ、「公私混同、虚実混同、自作自演を模索開始」と自ら謳っているとは言え、敢えて言わしていただくと、もう少し風雪の予感も欲しかったというか、少し斜に構えた表現も欲しい気がした。いずれにしても、創作者にはプレッシャーとの闘いは永遠に続くのかも知れない。
(2009年9月11日 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール/撮影:池上直哉)