ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2009.04.10]

珍しいキノコ舞踊団とアートユニット「plaplax」が初コラボレーション

伊藤千枝振付・構成・演出『The Rainy Table (ザ・レイニィ・テーブル)』
珍しいキノコ舞踊団
tokyo0904l01.jpg

「日常」の感覚をキュートに表現する女性だけのダンスカンパニー珍しいキノコ舞踊団と、身近な道具とメディアテクノロジーによるファンシーな作品で知られるアートユニット「plaplax(プラプラックス)」が、初めて共同で作品を手掛けた。題して『The Rainy Table』。「日常」の隙間から広がる「旅」をテーマにしたという、1時間強の作品。

 舞台中央に楕円形のテーブルとイスが1脚。左手前には、馬の首や前脚、尻尾などをかたどった像が床から突き出ており、右端には回転木馬のような馬の置物が見えた。舞台が闇に包まれると、雨の音と雷鳴がとどろき、イナズマや棒のような雨しずくのイラストが背後の壁に投影された。明るくなると、女が座るイスの後ろから別の女が現れ、からんで踊り始めた。やがて左右からもダンサーが現れ、計6人のダンサーがペアやトリオなど、様々な形で踊った。互いにもたれたり、体に巻きついたり、肩に乗ったり、動きは多様。共有のボディー・ランゲージを介して、体で挨拶し、おしゃべりしているといった雰囲気である。コミカルでも深刻でもなく、淡々とした、けれど親密なやりとりである。

tokyo0904l02.jpg

 これを、plaplaxの映像が彩り豊かにした。いななきながらスクリーを疾走する白馬や、落下するバラやユリの花、ハトや蝶の群れなどが、キノコ舞踊団のキュートさを強調するように、時には彼女らを押しつぶすように映し出された。舞台のダンサーにシンクロするように、別の踊る姿が投影されると、日常と非日常が交錯するような不思議感が漂った。
中央に運ばれた回転木馬にダンサーたちが乗って遊ぶのと並行して、白い馬の頭部が映し出され、男の声が話し始めた。「コンニチワ、馬です。…人参を食べさせて馬力を出せというが、人参では出ない。力なら牛のほうがある…」などと語って消えた。なぜ馬を用いたのか、などと考えずに、場面の変化を楽しめばよいのだろう。大野由美子の音楽も変化に富み、魅力的だった。いつもながらのキノコ舞踊団の展開だったが、plaplaxと協同したことでキュートさが増し、しかもお洒落な印象を受けた。
(2009年3月20日、シアタートラム)

tokyo0904l03.jpgtokyo0904l04.jpg