ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2009.01.13]

松山バレエ団の『くるみ割り人形』

 松山バレエ団は今年、創立60周年を迎え、新『白鳥の湖』『眠れる森の美女』に続いて『くるみ割り人形』を上演し、チャイコフスキーの三大バレエをすべて上演したことになる。

 松山バレエ団の『くるみ割り人形』は、清水哲太郎の演出・振付。醜いくるみ割り人形を一心に大切にする純粋な心を、人間性の象徴として捉えて描いている。
第2幕は、チョコレート、コーヒー、お茶、大麦糖、砂糖菓子、ギゴーニュおばさんと子供たち、というお菓子のディヴェルティスマンを独自の振付とダンサー構成によって、しっかりと踊る。
そして、森下洋子のクララと清水哲太郎の王子のグラン・パ・ド・ドゥが終わると華やかな花のワルツ、続いてデヴェルティスマンのヴァラエティに富んだ登 場人物たちがそれぞれ踊った後、クララは夢の中で、王子との長い別れのパ・ド・ドゥを踊る。王子は純粋な心では生きることの出来ない人間の切なさをうった え、純粋な心で生きて行こうよ、というメッセージを込める。
森下洋子の豪華にして華麗な踊り、特に美しいピルエットが印象深い。
また、花のワルツでプリンシパルを踊った鎌田真理子がきれいなアームスを見せた。アラブ(コーヒー)のソリスト、佐藤明美も今更ではあるが落ち着いた踊 りで良かった。中国(お茶)とトレパック(大麦糖)は全員のフェッテが受けたし、あし笛(砂糖菓子)も楽しい振りだった。
そしてラストシーンの、夢から覚めたクララが夢の中で掛けられたショールをドロセルマイヤーからさり気なく掛けてもらうまで、クリスマス・イブの楽しみは続いた。
(2008年12月20日 ゆうぽうとホール)