ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2009.01.13]

牧阿佐美バレヱ団の『くるみ割り人形』

 牧阿佐美バレヱ団の『くるみ割り人形』は総監督を務める三谷恭三が、プティパ、イワノフ版に基づいて演出・改訂振付している。
 今年の公演では、4人のキャストが組まれ、伊藤友季子の金平糖の精と踊った中島哲也が王子役にデビューした。私は、やはり金平糖の精のデビューとなった青山季可と菊地研の王子が踊った日を観た。

 三谷版の第1幕は、コロンビーヌ、ハレーキン、ヴィヴィアンディエールなどの人形たちの登場から、くるみ割り人形が姿を現し、さらには王子に変身するまでの演出が非常にスムーズで説得力がある。
 そしてシュタールバウム家の客間に飾られていたクリスマスツリーが、クララの夢の中で一気に巨大になり、その背後から雪の女王(田中祐子)が現れて、純白の雪の国のシーンになる。ここは、自然と人間の理想的な共生が象徴的に描かれているたいへん美しいシーンであり、合唱の響きもよく映えていた。
 第2幕は、男女4人のソリストが中心となって踊る花のワルツが見もの。スパニッシュ、アラブ、チャイナ、トレパック、棒キャンディ、ケーキ・ボンボンと踊られたディヴェルティスマンとコントラストを成す整然とした力強い群舞で、バレエ全体の美しさを浮かび上がらせる。ソリストが充実している牧阿佐美バレヱ団ならではの舞台である。
 菊地研の踊りには次第に成熟味が加わってきており、全体の踊りのラインで表現する力が備わってきた。青山季可は、美貌のプリマとして落ち着いた踊りで安定した力を発揮していた。敢えて欲を言えば、もう少しふんわりとした感じがほしいかもしれない。しかしこのコンビは、なかなかバランスのとれた素敵なパートナーシップを見せてくれたと思う。
 クララを踊った山本ありさも花があり、可愛らしい。今後に期待したい。
(2008年12月13日 ゆうぽうとホール)