ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2008.02.11]

東京シティ・バレエ団の石田種生振付『白鳥の湖』

橘るみ・小林洋壱
  東京シティ・バレエ団の石田種生版の『白鳥の湖』が再演された。今回は、オデットとオディールを別々のダンサーが踊る公演と同じダンサーが踊る公演が、それぞれ1回ずつ行われた。
オデットを関本美奈、オディールを橘るみが踊った舞台を観た。ジークフリートは小林洋壱、ロートバルトは佐藤雅基だった。
石田種生版はどちらかといえば、ブルノンヴィルのヴァージョンに近いのだが、ジークフリート王子の心理に深く迫っている。第2幕で花嫁を選ぶ式典に登場 するジークフリートのオデットへの深い想いを抱いた表情を、クローズアップするように描いた演出は、このドラマを引き締める見事なものだった。
第3幕のジークフリートが心底から許しを乞い、オデットも許し、二人でロートバルトに立ち向かって愛の力で勝利を得る、と言うストーリーは説得力がある。囚われの白鳥が人間の姿を取り戻すエンディングは、音楽の構成も含めて良く整えられていると思う。
オデットを踊った関本美奈は、当初は緊張気味だったが、長身でスリムなプロポーションを活かした良い踊りだった。ポール・ドゥ・ブラはきれいだったが、表情にはもうひと工夫ほしい気がした。
オディールを踊った橘るみは小柄だが細くしなやか、しっかりした踊りで人気を集めていた。
(1月19日、新国立劇場 中劇場)

関本美奈・小林洋壱若生加世子・黄凱