ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2008.01.10]

Bugs Under Groove『バグズグバ2007~これでもか!!』

浜崎あゆみ、SMAP、安室奈美恵などの人気アーティストの振付師やバックダンサーなどを務めていた男性ダンサー6人が集まって結成したグループBugs Under Grooveが、東京、大阪、名古屋で公演を行った。
  今回、6回目を迎えた「バグズグバ」シリーズで、リーダーのTETSUとサブリーダーのTAKAが構成・演出した『バグズグバ2007~これでもか!!』と言うタイトルが付けられている。

舞台全体にバラエティとしてはじつに手慣れた構成で、軽いギャグや楽しいダンスがタイトル通りぎっしりと盛り込まれていて、この上なく楽しいエンタテイ ンメントになっている。シリーズ公演だけに、ファンもしっかり付いていて、和気あいあいのいい雰囲気の公演だった。
ダンスは細かい動きがなかなか魅力的で、それぞれのシーンがやや短いようにも感じたが、群舞は日本人らしいいいリズムを作っている。ソロの見せ場も増や して欲しいとも思った。スパニッシュ風のダンスはあったが、ダンスのスタイルとしては民族風のものやアフリカンやカビリアン、ポリネシアンなど、もう少し ジャンルを多くしてもいいかもしれない。また、ストーリー性というか具体的な設定を前面に出したショーを加えるてもいいのではないか、と思われた。

それにしても、7時から15分休憩で9時40分まで、ダンサーたちが観客席を行き来するサービスも含めて、みっちり詰め込んだ構成はファンにはたまらなく魅力的だろう。
これからは、さらに大胆に積極的な舞台を創って、日本の新しいショーを創る気概で、ダンスシーンを引っ張って行ってもらいたいと思った。
(11月28日、シアターアプル)