ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2007.12.10]

加藤みや子ダンススペースが『蓮の花』『笑う土』を上演

『蓮の花』は、岡田隆彦の未完の詩「蓮の花・世界は開く」に基づいて創られたソロ・ダンス。
大きな淡いグリーンのショールを肩に纏った加藤みや子に、水面に光りを投じた反映のような照明があたり、静かにダンスが始まった。無音の中でショールを 外すと、ピンクのサリーのような衣裳。木の鈴を振るような音が微かに流れる。しだいに舞台の手前に近づくと、そこには水を張ったガラスの大きな器があり、 光りに満ちた水面が揺らいでいる。無音の中でを踊るシーンなどがあって、冷えきった身体に暖かい血が通い始めるように、ピアノの音が流れて、生命の息吹が 舞台に満ちてくる。加藤の踊りがいっそう軽やかになるが、やがて天寿が尽きたかのようにピンクの身体は床に横たわる。
1000年の年月を越えた種子が花を咲かせるという蓮の花。その花の花弁が開く運動が、まるで生命の円環を表しているかのように感じられるダンスだった。

『笑う土』とタイトルを聞いた時には『山の音』という小説を思い浮かべたが、ダンスは山村の夜のシーンから始まった。夜は、地中のエネルギーが律動している。
ここには音はふんだんにあった。語りのリズム、生きるリズム、下駄のリズム、歌うリズム、風のリズム、キノコ汁を食べるリズム、そして排泄のリズム。魂 は地中深くを巡って語り合い、想像力が翔けて奇妙なオブジェを作る。あらゆる感情が混交して笑いが生まれ、それはもちろん踊られることになるだろう。
力強いフォルのダンスと、自由闊達な表現のヴィジュアル、溢れるばかりの音などが見事にバランスのとれた素敵な舞台だった。
来年の夏にはブラジルで『笑う土』は踊られるという。ブラジル人のダンサーもジョイントする予定だ。地球の裏側でも再び笑いの花が咲くことになる。
(11月1日、青山円形劇場)


「笑う土」

「笑う土」