ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2007.12.10]

DANCE COMPANY BABY-Qの『GEEEEEK(ギィィィィィク)』

 東野祥子がBABY-Qに振付けた『GEEEEEK』は鮮烈なダンスだった。『GEEEEEK』とは、祭りなどで異常な見世物をみせる芸人を意味するGEEKをさらに強調したもの。
シャンデリアが吊るされた上手のコーナーに、真っ赤なビロードの幕が垂れて裾が床に触れている。半裸の女性の身体とおぼしき物体が、幕の内側にゆるゆると引き込まれていく、といういささかホラー映画風の幕開きだった。
ノイズをコラージュした激しいサウンドと、ほとんど無茶苦茶に見える幼児がむずがって暴れる時の引き攣ったようなダンサーの動き、顔が前後真逆に付いて いるかのように錯覚させる奇態な扮装、昭和の風俗の断片やランダムな幾何模様やぶっきらぼうなマジック書きなどの映像の乱舞、などなどがかなり強烈なイン パクトを持って交錯する舞台だった。
とりつくろった精神性は皆無だが、奇天烈なポーズや鬱屈した身体を突き動かすエネルギーには満ち満ちている。
最後の東野のソロが圧巻だった。すべてのイメージはこのダンスの中に秘められていたのか、と実感させられた。
(11月3日、森下スタジオ)