ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2007.11.12]

山名たみえダンスフレグランス2007『REAL』

  山名たみえを芸術監督として活動をつづけているコンテンポラリー・ダンスのグループ、カンパニーDeuxが、山名たみえダンスフレグランス2007として、『REAL』を上演した。
今回の『REAL~崩壊、再生、そして命の~』は、生命の連関というか、<「生きている」事実と「生まれてくる生命」があるという真実>。そこにある連関のゆるぎないリアリティに、真正面から取り組んでいる。

ダンスは、prologueから「名も無き悲しみ」「女たちの唄」「ある崩壊の風景」「再生の記憶」epilogue、といったシーンのイメージによって構成されている。
冒頭は、深いブルーを基調として照明の中、舞台全体を覆う万国旗のような空疎な装飾が一挙に崩れ、人々の無節操な生き方が露になる。
悲しみの唄が歌われ、男性ダンサー2人と女性ダンサー3人が、フレームだけの額縁を床に立てたり、手に持って踊る。特に速い動きではないが、全身を大き く使って彼らの喪失感の深さと大きさを表しているかのよう。そして、実際の妊婦が加わった3人の女性ダンサーが踊る。
オレンジを基調としてシーンでは<神々の黄昏>的な情景が繰り広げられる。奇妙に歪んだ身体が激しく絡み合い、痴態が繰り広げられて精神の頽唐が描かれる。
次のシーンでは、清らかに悠久に流れる水の音の下、人々が集って再生の喜びを表す・・・。

全体にほとんどのシーンで、舞台の2カ所以上の空間で動きが創られ、それが同じになったり、まったく異なる動きになったりして舞台に緊張感を与えていた。
通してみると、2元的な動きを構成して流れを創っている。種々に工夫された動きが随所にみられたが、私には「名も無き悲しみ」の動きが最も美しかったと思われた。


(10月11日、新国立劇場 小劇場)