ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2007.11.12]

mami dance space 2007-3『ひすい色のみず』

流山児★事務所の舞台の振付でも知られる、北村真実が今年3回目の公演、『ひすい色のみず』を公演した。

ダンサーは全員、一人ずつ微妙にデザインの異なったグレイの衣裳のトップとパンツを着ている。会場は地下1階ロビーにあるギャラリー風のホールで、やや 細長く奥が深い不定形になっていて、中央にブリッジがある。下手には数本の太い円柱が立っていて、その間からもダンサーが出入りする。
激しい動きはないが、フェミニンなタッチが混じり、時折、ダンサーがランダムに速歩で縦横に進む。すると、まるでルネ・マグリットの絵が動いているよう なおもしろい効果が生まれた。そのほかにもドアやブリッジを上手く使って、会場の雰囲気とダンスを調和させて効果をあげた。

北村のスローなソロや、古賀豊とのデュオが要所で折り込まれる。特に、北村と古賀のデュオは、力強く印象に残った。そのデュオを背景に、6人に女性ダン サーが一列に並んで、スローモーションでそれぞれの動きを見せながら、しだいしだいに前進し、観客席の寸前でストップするシーンはおもしろかった。
男性ダンサーは中村しんじと古賀だけで、女性は北村の他に石巻由美、関口淳子など7名が踊ったが、入り組んだ空間に均質にダンスを配し、じつに無駄無く構成されていて感心した。振付が総じてスローな動きを特徴として構成されていることにも興味をひかれた。

ロビーの感じを活かして、照明を抑え、仄かな光りを使い、全体に明暗が浮かび上がってくる、透明感のある空間を創っていた。


(Tokyo Design Center GALLERIAHALL)