ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2007.11.12]

新上裕也、西島千博、小林十市が振付に参加した『DANCE SYMPHONY』

 男性ダンサーばかり14名(ほかにUnder Cast2名)が踊り、Super gala dance revolution と銘打った『DANCE SYMPHONY』が上演された。ダンサーばかりでなく、演出・振付の新上裕也、振付の西島千博と小林十市、企画・制作・プロデュースの栫ヒロ、構成の荻 田浩一、音楽の松本俊行まですべてが男性。わずかにスーパーディレクションの名倉加世子が紅一点だった。
ダンサーは新上、西島の他に、トロカデロ・デ・モンテカルロ・バレエ団に日本人として初めて入団し、「セブン・サムライズ」などにも出演している名取寛 人、『レ・ミゼラブル』に出演するなどミュージカル、ストレートプレイなどでも活躍し、「DIAMOND☆DOGS」のリーダーのリーダーである東山義久 ほかが出演している。

男性ダンサー同士のお決まりのような掛け合いも多少あるが、タイトル通りあくまでシンフォニックなダンスを構成しようと徹底していた。 「プレリュード」(新上、小林/振付)第1楽章『夏』(新上、西島/振付)第2楽章『秋』(新上/振付)第3楽章『秋~冬』(新上、西島)第4楽章『再び春』(西島、新上)エピローグ・フィナーレという構成だった。

バレエからポピュラー・ダンス、ヒップホップまで、様々なジャンルで活躍してきたダンサーをひとつの舞台に載せて、こうしたシンフォニックなダンスを創 ることは、なかなかたいへん苦労が多かったと思われる。しかし、生硬さを感じさせることなく、巧みに統一感を持たせて仕上げている。やはり、振付家にもダ ンサーにも、キャリアに裏打ちされた実力があったからに違いない。
バレエダンサーのバランス感覚が要所を抑え、そのほかのダンサーたちのエネルギーをうまく活かして流れるように華やかに創られたダンス・シンフォニーだった。新上はもちろんだが、「言い出しっぺ」らしい西島や人気の東山などが光っていた。


(10月20日、天王洲 銀河劇場)