ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2007.06.10]

ダンスカンパニーカレイドスコープ<Part 1~7人のコレオグラファーによる~Members Dance Show Case>

二見一幸が主宰する「ダンスカンパニーカレイドスコープ」が、自身を含めた7人のメンバーによる10分強の新作7本を上演した。「ダンサーは同時に創造 者であるべき」という二見の持論を反映させた企画で、今回が2度目。前回も参加した5人に、力をつけてきた2人を加えて、“カレイドスコープの世界”を紹 介するもの。試験的な要素もあるようで、発表会的な公演になるのではと恐れていたが、思った以上に意欲的な作品が並んだ。
幕開きは喜多真由子の『KERNEL』。女性2人と男性1人が、踊る組み合わせや動きの密度を照明や暗転に連動して変えていく。大きく揺れる電球は効果 的だった。ソロは2作品。佐々木紀子の『Citta』と中村真知子の『Bright』は、メリハリをつけながら過激な動きをふんだんに織り込み、自己の内 面をえぐるように表出した緊迫感あふれる作品だった。高杉あかねの『deep chested』は、男女4人の関係性や心が触れ合うことの難しさを綴ったのだろうか。大竹千春の『UNPRETTY』は、女性2人が引き合い、反発し合 うような描写が興味を引いた力作。田保知里の『始まりと終わりのエッジ』で描かれるのは、白い直方体の枠の向きを変えたり倒したりしながら、近づいてはす れ違うひと組みの男女。出会うことはできても、距離が生じてしまうのだろう。実にスピード感あふれる展開だった。
二見の『魚の背』には、木琴を叩き、歌いもする共演者がいたが、ダンスはほとんど二見が踊った。木琴に合わせ、二見は腕や上体をくねらせ、跳ぶなど、多 様な動きを網羅。スクリーンの前に立ち、シルエットで投影される自分の姿をユーモラスに操作してもみせた。床に敷いた青い膜に屈みこみ、泳ぐ動作を模す様 に、境界を越えて浮遊するイメージを感じた。観る人の反応まで先取りしたような作舞には余裕が感じられた。7作とも、それぞれ個性的だったが、創作意図が うまく伝わらないものもあったのは、経験の多少にもよるだろう。ただ、横文字のタイトルには一考を要するものもあり、不明瞭な外国語のナレーションも気に なった。これは今後の検討課題だろう。
『Bright』
中村真知子
『UNPRETTY』
大竹千春、幸内未帆
『魚の背』
二見一幸

(5月26日夜、麻布die pratze)