ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2007.02.10]

日仏国際共同制作、ジョセフ・ナジ振付・演出『遊*ASOBU』

  日本からダンサー、黒田育世(BATIK)、斎藤美音子(イデビアン・クルー)、田村一行、捩子びじん、塩谷智司、奥山裕典(以上、大駱駝艦)が参加し て、フランス人のダンサーたちと、ワークショップを重ねながら創ったダンスである。世田ヶ谷パブリックシアターがアヴィニヨン・フェスティバル、オルレア ン振付センターとともに制作に加わっている。

ナジ独特とも言える、やや暗くして現実味を消した、意識の中の出来事を見ているような雰囲気の中で踊られる。舞台奥に、顔や手を包帯でぐるぐる巻にされた男が坐る。その前で、様々のパフォーマンスが繰り広げられる。
パーカッションのコンポによる演奏(作曲、アコシュ・セレヴェニ、シラルド・メゼイ)と、ギクシャクした人形振り的な動きを組み合せたシーンが展開す る。ダンサーたちはほとんど黒い衣裳を着けているのだが、配置と動きの流れの造型は変化に富んでいて、次はどんなシーンが現れるのか興味を惹かれる。日本 の座禅や文楽、ひょっとこ踊りといったものをダンスにした、と思わせるような表現もある。「遊ぶ」という視点から、人々の営為を切って見せ、姿を現した諧 謔を楽しんでいるのだろうか。

パーカッションが刻むリズムとダンスシーンが展開していくテンポが、旅をしている時に感じる感覚を想わせるものがあり、観客はいつしかナジがナビゲーションする、人類の意識の流れの旅人になっている、という錯覚に陥るかもしれない。
顔を包帯で巻かれていた男は、じつは木偶で、ラストシーンではこの木偶が白い衣裳を纏った花嫁と式を行う、というじつに美しいイメージが描かれている。
黒田と斎藤の二人の日本人ダンサーは、鋭い動きをみせて魅力的だった。大駱駝艦のダンサーも独特の味わいを演じて光っていた。(1月26日、世田ヶ谷パブリックシアター)