ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2007.02.10]

現代舞踊公演の中野真紀子、河野潤、横山慶子作品

 現代舞踊公演は主催する現代舞踊協会が、定評ある名作と、現在、活躍している舞踊家を選んで行うものである。


中野真紀子
「A moment---刹那---」
  タイ国立舞踊学校に留学し、韓国やインドネシアなどでも作品を発表している中野真紀子は『A moment----刹那----』を上演した。まず、8人の女性ダンサーたちの身体に印した、黒い蔓と赤い花の模様が目に入る。ボディ・ぺインティング かタトゥのように、刺激的な印象を与える。
伊勢友一が演奏するパーカッションとともに、あまり、伝統的なスタイルには拘泥せず、かといってモダンダンスの手法にも無頓着なフォーメーションを、闊 達に動かして、プリミティブな身体性を追究している。女性ダンサーたちによる、はじけるようなパワーを感じさせる見応えある舞台であった。


河野潤「変貌」
 現代舞踊家として、説明の必要もない活躍をしている河野潤は『変貌』を発表した。ストラヴィンスキーの『春の祭典』の後半部分を使い、折田克子扮する時の神と藤原悦子の犠牲と群舞によって構成された作品で、一般公募から選ばれた伊藤喜一郎の台本を使っている。
それぞれのダンサーの腰のあたりに、柔道着の帯のようなものを垂らして踊る。ペアの振りはその帯を使っていて、カップルの絆にも見える。やがて天から灯りが降りてきて、ダンサーたちの衣裳を吊り上げるが、犠牲の女性だけはもとのままの衣裳である。
時間の流れと人間の社会が変わっていく関わりを描いた作品で、折田が存在感を見せた。


横山慶子「大地」
 横山慶子は、平成15年度に江口隆哉賞を受賞した『大地』を、時間を短縮したニューヴァージョンで上演した。
ひとつの家族の中の夫婦の変転を、政治権力の興亡、自然のうつろいを背景に描いた作品である。恐らく自伝的な要素も投影されていると思われるが、迫力あ る描写で、観客をぐんぐんとひっぱっていく。なかなか力強くドラマティックなダンスである。ただ、音楽を始めすべてに荘重な雰囲気を強調して描かれている 点が、少し気になった。人生の喜びを垣間見る明るい楽しいシーンも見たかった、と無い物ねだりの気持ちになってしまったのである。(1月20日、新国立劇 場 中劇場)