ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2006.11.10]

東京バレエ団『白鳥の湖』

 東京バレエ団が繰り返し上演しているゴールスキー版『白鳥の湖』。ダブルキャストのうち、吉岡美佳と木村和夫が踊った日を観た。二人がこの作品でペアを組むのは初めてというが、吉岡のオデット/オディール、木村のジークフリート王子を観るのも初めてだった。

吉岡のオデットは、腕の動きも繊細に現われた。一つ一つの動きを丁寧に、正確に連ね、しっとりと情感を漂わす。王子と出会った時の驚きや恐れ、別れ際で の王子への愛や信頼を、全身から滲み出すように表現した。これで、王子に対する心の変化を、もっとはっきり伝えられればと思う。オディールの演技は、控え 目でもなく、オーバーでもなく、品の良さも漂わせた。ただ、フェッテで最初の強靭さが持続できなかったのが惜しまれた。
木村というと、『ジゼル』でのヒラリオンの卓越した演技がまず目に浮かんでしまうが、ジークフリート王子として、思った以上に颯爽と登場した。立ち姿に手 足の先まで神経を行き届かせ、若者たちへの気さくな応対にも、そこはかとなく威厳をのぞかせる。オデットや白鳥たちとのやりとりや舞踏会での演技にはまだ 硬さが残っていたが、オデットへの一途な思いを、ロットバルトとの戦いにぶつけるように見せてくれた。しなやかなジャンプや回転技などに、一貫して安定し た踊りを見せたのはさすがだった。

ロットバルトの高岸直樹は、これまでの舞台同様、ドラマを要所で引き締めており、得難い存在。また道化の大嶋正樹も、鮮やかな回転技や跳躍を連射するだけ でなく、うまく場をつなぎ、盛り立てていた。パ・ド・トロワでは、小出領子の端整な踊りが光っていた。ほかに、スペインを踊った四人(井脇幸江、奈良春 夏、後藤晴雄、平野玲)も、切れ味の鋭いダンスでインパクトを添えた。また、例えば幕開けの庭園で、ダンスやマイムが繰り広げられている傍らで、周りの人 々が楽しげに談笑を交すなど、細部にまで気を配った舞台作りにも感心した。着地や群舞が少し乱れた所もあったが、総じて質の高い舞台だった。
(10月5日、ゆうぽうと簡易保険ホール)