ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2006.10.10]

TAPMAN×PIANOMAN×MOVIEMAN 最後の舞台

 熊谷和徳、稲本響、奥秀太郎による「TAPMAN×PIANOMAN×MOVIEMAN 」という構成の舞台は、今回で完結するという。たいへん楽しい舞台だったので、いささか残念である。
新国立劇場の優れた機能を使って、上下の変化をつけた舞台と背景に映されるアニメーション、3種類のピアノと表現のヴァラエティは多い。以前からやられ ていることだが、アニメーションの映像の転換に合わせて踊るタップは、スリルがあって実に楽しい。絶妙のタイミングがリズムの正確さを証している。
今回はさらに、出張タップマン熊谷和徳が、移動用の小型の板を持参して観客席に立ち、タップを踏む。時に、観客席の椅子の脚を打つ音を使ってリズムに変化をつけていた。
 ピアノマン稲本響とタップマン熊谷の息はぴったり。カーテンコールで踊ってもうこれで終りかな、と思っていた ら、移動ピアノを転がしてピアノマンも観客席にやってきて熱演する。それにこたえて、タップマンも板を持ち、もう楽屋に上がろうとしていたのだろうか、白 い汗拭きタオルまで持って観客席に登場する。
ピアノマン、タップマンの熱演と客席の交歓で、タップのリズムが鳴り響き、劇場は爆発寸前になった。タオルを手にしたタップの王子様は、とても気さくに観客と交流していた。踊ることの楽しさを良くしっているカッコイイ王子様だった。
(9月9日、新国立劇場 中劇場)