ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2006.05.10]

『囚われた野性~折りの中の狐達~』KAyM 旗揚げ公演

 ストリート、バレエ、ジャズ、モダン、ブレイクダンス、カポエラ・・・とそれぞれのジャンルのダンスを得意とする、6人の若いダンサーが集まって<KAyM>(カイム)が立ち上げられた。
桑原文生、三枝宏次、佐籐洋介、辻本知彦、三木雄馬、山田茂樹。舞台という虚空をバラバラに突っ走る六個の才能。ボリショイ劇場の正面を飾るアポロンの四頭立ての馬車のように、これが、まさに鼻息荒き六頭立ての馬車となったのである。操る馭者は上田遥。

あらゆるジャンルのダンスが出尽くした日本で、踊れて振付もできるパフォーマーとして確立したダンサーたちをひとつにまとめて、若いエネルギーのバクハツをダンスでやったらどうなるか、という上田のコンセプトから<KAyM>の舞台が創られたのである。
オープニングは小さなモニターに楽屋とおぼしき映像が映され、ガタン、バタン、ドカン、と椅子かなにかを壁に投げつけているような激しい音だけが連続して聞えてくる。暴走するエネルギー、大丈夫なのかplan B、と思った。

プログラムには演目として、0.因、1.心、2.速、3.対、4.奮、5.気、6.己、7.楽、8.郷、9.静寂、~祭り~、と記されていた。ジーンズ を履いた6人のダンサーがからみつつ、それぞれの得意な踊りをソロで見せる、という構成である。6人とも競うように鋭い技を披露した。なかでもバレエのス テップで異彩を放った三木雄馬と、力強い身体を使って独特の動きを見せた辻本知彦のダンスが印象的だった。
(4月22日、plan B。)
*辻本知彦のインタビューがFuji-tv ARTNET「ダンサーって?!」でご覧いただけます。


※画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。