ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2005.11.10]

●東京小牧バレエ団『シェヘラザード』ほか

 東京小牧バレエ団が、その前身にあたる小牧バレエ団が1946年に創立されてから60周年を迎えるのを記念して、 創立の年に小牧正英による改作版で日本初演された『シェヘラザード』と、1949年に小牧バレエ団が日本初演した『レ・シルフィード』と『牧神の午後』を、多彩なゲストを招いて上演した。 戦後の日本のバレエ史を振り返るような企画である。

幕開けはショパンの音楽による詩情豊かな『レ・シルフィード』(原振付・フォーキン)。 詩人役のエンバ・ウイルスとプリマ・バレリーナのジャクリーン・ジェンセンが優雅に踊り、空気の精たちも幻想的に舞ったが、群舞には今一つ精緻さを求めたい。 マラルメの詩に基づいてニジンスキーが振付けた『牧神の午後』(音楽・ドビュッシー)は、水浴びに来たニンフに欲情を刺激された牧神がニンフの落としたスカーフで自慰するという物語。 特異なのは、技巧的な技は用いず、腰を落とした横向きでの歩きやポーズが連らねられていること。 牧神役の李波やニンフの周東早苗らは、このバレエの伝統を無視した振りを慎重に再現したが、李波には野性的なエロティシズムをより濃厚に匂わせて欲しかった。

『シェヘラザード』(音楽・リムスキー=コルサコフ)は、『千夜一夜物語』の中から、サルタンが自分の留守を狙って妾らと奴隷たちが繰り広げた狂宴に怒り、 皆殺しにするという挿話をドラマティックに描く。金の黒奴を踊ったアルタンフヤグ・ドゥガラーの、しなやかな身のこなしや力強い跳躍が冴えた。 愛妾の関根かなみも、なまめかしくドゥガラーとからみ、鮮やかなピケを披露。これで、サルタンが狩りに出る際の秘めた心の内を滲み出せればと思う。 フォーキンとクニアーゼフの振り付けを元にした小牧版は、登場人物をわかりやすく描き分け、踊りにもメリハリをつけた手堅い仕上がりだが、 最初と最後に娘シェヘラザードと語り手を登場させたのには疑問が残る。娘の踊りがやや単調なこともあり、むしろ無いほうが余韻が生まれそうだ。 ともあれ今回の記念公演Ⅰは、ディアギレフが率いたバレエ・リュス関連の3作を並べたことで、小牧バレエ団が古典だけでなく、近代作品の普及にも努めてきたことを改めて認識させた。
(10月22日、新宿文化センター)