ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2005.08.10]

●谷桃子バレエ団の創作小ホール公演「CREATIVE PERFORMANCE III」

谷桃子バレエ団の「創作の楽しみ,苦しみをあじわいながら、じぶんの意欲を発揮し,勉強していける場」としての創作小ホール公演が行われた。

まずは『Nasty Matter』(振付・岩上純)。いささか自虐的なタイトルだが、パーカッションとギターによる小気味のいい舞台だった。 自分たちの音楽を演奏して自分たちで踊り、存在を確認するかのようなダンスである。

次の『Go with the flow』(振付・日原永美子)には、<流れに身を委ねて…自由に到る方便>というサブタイトルが付いていた。 バレエ『白鳥の湖』を、オデット、ロットバルト、その娘オディール、王子、そしてオリジナルにない「謎の少年」の五人を登場させ、光と影の物語に解読する、という試み。 高部尚子、前田新奈が個性的なダンスを見せた。

最後は『Danzon』(振付・松島勇気)。Danzonとはスペイン語でダンス・マニアのことだそうだ。 一瞬、ピエール・ガルデルの『ダンスマニア』を思い出したが、この『Danzon』はストーリーのないダンス。 オープニングから、ちょっと気をひくポジションをダンサーに与えていた。ダンスの楽しさ、おもしろさを表す様々のフォーメーションなどをみせ、ラストも気の利いたエンディングであった。

全体に3作品とも若々しさが感じられ、思いきった表現に挑戦しようという意欲を見せていた。ぜひ続けてほしい公演である。
(7月19日、青山円形劇場)