ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2005.07.10]

●堀内充バレエプロジェクト『DANCE de "H"』

 一年半振りとなった「堀内充バレエプロジェクト」の演目は、「存在と現実」をテーマに、堀内が作・構成・振り付け・詩を手掛けて出演もした『DANCE de "H"(ダンス・ドゥ・アッシュ)』。自身が多彩な活動を展開しているだけに、今回はミュージカル俳優の宮川浩を招いて歌唱を加え、自ら制作したバレエ映像も織り込むという力の入れようだった。

ステージの下手寄りに階段状の台、上手に細長い大きなパネル(照明の具合で鏡にも、半透明の幕にもなるのが効果的)が置かれている。 舞台は堀内のソロ「存在の踊り」で始まった。何かのサインを示すような細やかな手や腕の動き、切れ味の良い脚の運び、鮮やかな回転など、堀内のみずみずしいダンスは魅力的だった。 けれど、社会の中での自身の存在を確認するには他者の存在も必要だろう。 そこで堀内は、現実世界から遊離したような女たちや現実世界の男女の踊りやをながめ、時には自身も踊りに加わり、時空を共有する。 特に、ゲストの佐藤崇有貴との対話するようなデュオが印象に残った。

「過去・夢〈幻想的円舞曲〉」と名付けられた映像では、四人の女性がJ・シュトラウスの雅なワルツでクラシックバレエを舞う中に、堀内も紛れ込んで踊るという形で展開。 踊る場所が野外のステージと室内と何度も目まぐるしく切り替わるが、踊りが途切れることはない。 そこだけ切り取られたような異質の世界だったが、古典バレエの整然とした秩序の美が強調されていたようだ。だが、踊りだけで概念を表すのはたやすいことではない。 これを補う意味もあるのだろう、すべてを異なる次元から見つめる男として宮川を起用し、歌わせ、語らせた。 メンデスゾーンの甘く心地よい旋律を用いた「歌曲〈瞑想の歌〉」の余韻も手伝って、幕切れの堀内は、他者とともに、今ここにある自分を素直に、客観的に受け入れているように見えた。
(6月6日、ル テアトル銀座)