ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2005.04.10]

●東京シティ・バレエ『dance one forty plus』

 ティアラこうとうが主催するティアラ140+シリーズの#5の「東京シティ・バレエ meets コンテポラリーダンス」として、『dance one forty plus』の公演が行われた。これは100年近い歴史を刻んできた日本のダンスの初期の作品と、今日上演されているダンスを同時にひとつの舞台で観てしまおう、という企画である。

まずは伊藤道郎が創案したダンスの基礎訓練のシステム「テン・ジェスチャー」と、その動きに基づいて創られたダンス『アヴェ・マリア』。身体の動きが、流れるように構成されて優雅な、敬虔な雰囲気の溢れる作品。指導はイトウ・ミチオ同門会の井村恭子である。

石井獏作品は女性ソロの『アニトラの踊り』。東京シティ・バレエの若林美和が踊った。ショー的な要素があって姿体の美しい見せ方、エロティックな視線などが印象的で、観客に直接うったえかける動きで構成されている。獏の長男、歓夫人の石井はるみが指導にあたった。

今日のダンスは、野坂公夫振付の『double --分身--』。男性と女性のパ・ド・ドゥで、重なり合い絡み合う複雑な動きである。日本のダンスの初期作品とはまったく趣きが異なり、内面的、内省的な 作者の内側から編み出された動きとその構成によるダンスである。山口智子と小林洋壱が踊った。


後半は若い女性振付家による作品が続く。木佐貫邦子の『コンテCCK』は、このホールの三角形のステージの形と大きさ充分に計算した、3人の女性ダン サーのダンス。3人のダンサーが1対1、1対2、2対1、3人などにばらされて踊るのだが、見ていてたいへんにバランスがいい。動きのヴァリエーションも 豊かで、さまざまに変化するフォーメーションの楽しさで見せるダンスだった。冴子振付の『Super Axis』はブルーのトップとピンクのパンツ、イエローのトップとパープルのパンツのファッションを纏った2人の女性ダンサーによるダンス。動きもまた鮮 やかだった。最後は、JOU振付の『Polychrome Garden』。セーラー服を着た6人のダンサーが踊る、いわゆるスクール・ガール・ダンスである。学校の校庭の現実音をそのまま流し、女子高生の生態を ダンスにしている。独特の感覚の言葉や姿体、仲間との距離感など思春期の女性の身体のリズムをうまく捉えていた。かつてフランクフルト・バレエが来日した 時、京都公演だけだったが、スクール・ガール・ダンスを上演したことがあり、この舞台を観て思い出した。あの時はバケツをやりとりしたりするスリリングな 表現に重点をおいたダンスだった、と記憶している。JOUの作品は動きの構成もよくできていたし、観察もなかなか鋭い。しかし、捉える対象が作者と近いた めか、イメージが飛躍するような描写は少なかったかもしれない。



(3月11日ゲネプロ、ティアラこうとう小ホール)