ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

斎藤 珠里 text by Julie Saito 
[2006.10.10]

パリ・ダンス情報から

THEATRE DE LA VILLE パリ市立劇場
*JOSEF NADJ : ASOBU
ジョゼフ・ナジ振付『遊*《ASOBU》』

  日仏国際共同制作として今年7月のアヴィニヨン・フェスティバルのオープニングを飾ったジョゼフ・ナジ(オルレアン国立振付センター)の新作『遊ぶ 《ASOBU》』が、ここパリ市立劇場を皮切りに10~12月にヨーロッパをツアーする。その後、来年1月には東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシア ター、2月には滋賀県びわ湖ホールでも公演される。16人のダンサーの中には、日本の黒田育世(Batik)、斉藤美音子(イデビアン・クルー)、舞踏カ ンパニー「大駱駝艦」から田村一行、塩谷智司、捩子ぴじん、奥山裕典が参加している。

  ベルギーの画家・詩人のアンリ・ミショー(1899~1984)の残した作品にインスピレーションを得たナジが、日本人6人、フランス人10人のダンサーと共に東洋と西洋、「旅」「遊び」のエスプリを盛り込んで創作したという。
 公演は、10月3~7日午後8時半開演、8日午後3時開演。

*MICHEL ANNE DE MEY: SINFONIA EROICA
ミシェル=アン・ド・メイ振付『シンフォニア・エロイカ』

 1959 年、ブルュッセル生まれのミシェル=アン・ド・メイは1976~79年、ベジャールの創立したダンス学校ムードラで学んだ女性振付家。昨年、ベルギーの振 付け拠点シャルロワ・ダンスの芸術監督に就任した。音楽と動きの関係性を重視した作風で知られ、1990年にベートーベンの英雄交響曲やエロイカ変奏曲を 用いた『シンフォニア・エロイカ』を発表。代表作の一つで、カップルやグループ、ヒーローといった人間関係が織り成す様々なシーンが走馬灯のように作品を 駆け巡る。今回は、1990年版に新たな光をあてた新ヴァージョンとして発表している。
公演は、10月11~14日午後8時半開演。


THEATRE DE LA VILLE
2 place du Chatelet,
75004 Paris
電話 33-(0)1 42 74 22 77
www.theatredelaville-paris.com

THEATRE NATIONAL DE CHAILLOT
シャイヨー劇場

*WILLIAM FORSYHE : THREE ATMOSPHERIC STUDIES

イラク戦争に訴えるフォーサイス・カンパニーの話題作
キ リストを十字架に張り付けにした聖画と、イラク戦争の状況を伝える報道写真に感化されて創作したというウィリアム・フォーサイスの新作は、戦争における人 間の本性に問いかけた話題作だ。先鋭ダンサー18人には安藤洋子に加え、今年、金森穣の率いる新潟市レジデンシャルカンパニーNoismから移籍した島地 保武も含まれる。時代に一石を投じる、というフォーサイスの尖ったメッセージに注目が集まる。
公演は、10月4~6日午後8時半、7日午後7時半開演、Salle Jean Vilarで。


*RICHARD SIEGAL : STRANGER/STRANGER REPORT

リチャード・シーグルによるソロ作品
1997~2003年にフォーサイス・カンパニーに在籍した経験をもつシーグルの作品だ。舞台と観客の間では本当に感情の交流は行われるのか---。そんな疑問に答えることをテーマにしたというシーグル。作品のタイトルが意味する「異邦人」の抽象概念に迫るという。
公演は10月5日~21日午後8時半(15日のみ午後3時)、studioで。

THEATRE NATIONAL DE CHAILLOT
1 place du Trocadero,
75116 Paris
電話 33-(0)1 53 65 30 00
www.theatre-chaillot.fr


THEATRE DU CHATELET
シャトレ座

Les Paladins 『レ・パラダン~遍歴騎士』
フランス・バロックの巨匠ラモーの傑作舞踊劇

フ ランス・バロック音楽を代表する作曲家ジャン=フィリップ・ラモーの晩年の傑作『レ・パラダン~遍歴騎士』は喜劇とバレエをミックスさせたいわば舞踊劇。 1760年、パリ王立音楽院の舞台で上演されたが、その後は2世紀あまり日の目を見ることがなかった作品だという。それをシャトレ座が2003年、振付家 ジョセ・モンタルヴォとドミニク・エルヴュに委託することで新たな光を当てたといえる。ヒップホップやCGを配した映像、しかも演奏は古楽器演奏の第一人 者ウィリアム・クリスティー指揮。ジャンルを超えたパフォーミング・アーツとして復活したラモーの傑作は、すでに2003年にシャトレ座で初演された後、 ロンドンと上海でも話題を集めた。今回のパリでの再演後、今年11月に東京・渋谷のオーチャードホールでも上演される。

  公演は、10月16、17、19、20日が午後7時半、22日が午後4時開演。

THEATRE DU CHATELET
2, rue Edouard Colonne
75001 Paris
問い合わせは33-(0)1 40 28 28 00
チケット予約電話01 40 28 28 40
ネットサイト www.chatelet-theatre.com
窓口(午前11時~午後7時) 1, place du Chatelet, 75001 Paris