ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

渡辺真弓 text by Mayumi Watanabe 
[2006.04.10]

パリ・オペラ座2006 - 2007シーズン、プログラム発表

 来シーズンは、委嘱初演がバンジャマン・ミルピエ、ティエリー・マランダン、ロビン・オーリンの3本。アシュ トン振付『ラ・フィユ・マル・ガルデ』とプティの『プルースト』の名作2本がレパートリーするのも注目される。リファール作品も久々に登場。『レ・ミラー ジュ』は、進級試験では、しばしばヴァリアシオンが踊られるが、作品としては15年ぶりの上演になる。

 ガルニエ=G,バスティーユ=B
■ノイマイヤー振付『椿姫』
9月18、20、21、23昼夜、24、27、30日昼夜
G
■<リファール/マランダン>リファール振付『白の組曲』『レ・ミラージュ』、マランダン振付『イカールの飛翔』世界初演
10月9、10、11、15昼夜、16、17、21、22、24、26、28日
G
■<デュアト/ロック/ミルピエ>ミルピエ振付『Amoveo』、デュアト振付『ホワイト・ダークネス』、ロック『アンドレオーリア』
11月10、13、14、16、17、18日
G
■コラリ/ペロー版『ジゼル』
12月8、9、10、12、13、14、16昼夜、17、19、20、21、23、24、25、26、28、30日
G
■バレエ学校公演デモンストレーション
12月10、13、17日
G
■バール振付『コッペリア』
12月15,16昼夜、17、18、20、22、23昼夜、25、26、28、29、31日。2007年1月1,2,4日
B
■客演シュツットガルト・バレエ団『じゃじゃ馬馴らし』
1月5、6昼夜、7、8、9日
G
■<バランシン/ブラウン/フォーサイス>バランシン振付『ミューズを率いるアポロ』『アゴン』、ブラウン振付『O zlozony / O composite』、フォーサイス振付『精密の不安定なスリル』
2月2、3昼夜、5、7、9、11、12、14、15日
G
■ヌレエフ振付『ドン・キホーテ』
2月27日、3月1、2、4、5、7、9、12、15、17、23、26、28、31日、4月1日
 
■プティ振付『プルーストあるいは心のインテルメッツォ』
3月1、4、7、8、9、12、13、15、16、19、21、24、26、28、31日
G
■バレエ学校公演 ブルノンヴィル振付『ナポリ』、スキビン振付『コーカサスの虜』、ノイマイヤー振付『ヨンダリング』
3月5、6、10、11日
G
■客演 歌舞伎『勧進帳』『口上』『紅葉狩り』
3月23、25、27、29、30日
G
■ヌレエフ振付『シンデレラ』
4月10、11、13、17、18、20、24、26、28、30日、5月3、5、8、10、11日
G
■ロビン・オーリン振付『陽気の人、ふさぎの人、温和の人(L'Allegro,il penseroso ed il moderato)』世界初演
4月23、25、27、29日、5月2、4、6、7、9、12日
G
■アシュトン振付『ラ・フィユ・マル・ガルデ』オペラ座初演
6月22、23、25、26、28、29日、7月2、4、5、7、9、10、11、13、14、15日
G