ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

神秘的な古代イタリアの「スパイダー・ダンス」

Tarantella! - Spider Dance Alessandra Belloni, Antonio Fini 『タランテーラ!(スパイダー・ダンス)』

 12月20日、21日、1月10日、11日に、マンハッタンのATAにて、『タランテーラ!(スパイダー・ダンス)』の公演がありました。
こちらは小さなカンパニーですが、内容が個性的で面白そうだったので拝見してみました。

 古代イタリアのダンスを再現したものです。生演奏、歌、ダンスで構成されています。演奏は、パーカッション、ドラムス、ギターのような弦楽器、ギ ターです。主役と芸術監督、振付のアレッサンドラ・ベローニは、手に大きなタンバリンのような、ブラジリアンがよく使う楽器のような皮を張ったものを持 ち、それを鳴らしながら歌を歌っていました。

  舞台右上につるしてある大きな白い網に、赤いレオタードのような衣装を着た女性ダンサーがでてきてつかまり、それをひも状に使ってスルスルと上に上り、上 で逆さになったり、サーカスの曲芸のようなことを繰り返していました、ポールダンスのような感じですが、ヒモだし動くので、もっと迫力がありました。上ま で行ったら、身体に巻いてあるヒモ状の網を急に外して、クルクルと下に急に落ちたりしていました。これは、迫力がありました。
ローマ風の格好をした、金のパンツに紫のたすきをつけた男性ダンサーがそろで踊りました。この男性はイタリア南部出身のアントニオ・ピオ・フィニで、 マーサ・グラハムのカンパニーでも踊っているダンサーで、上手かったです。3人の女性と次々に、うえにおおいかぶさったりリフトでくるくるまわしたりし て、踊り続けました。
ブラック・マリア像(顔が黒いマリア様)も出てきました。

  一番盛り上がった圧巻のシーンは、会場が急に暗く照明を落とされたところにでてきた、先ほどの金のパンツの男性ダンサーです。この男性は、チェーンの先に 火を焚いたもの(何かをオイルでひたしてそれに火をつけたもの)を2本、両手に持って出て来て、それを激しく回転させながら踊りました。前に後ろに、斜め に回して、だんだんとヒモを長くして、火のわっかの直径を大きくしていきました。すごい迫力満点で、会場は無言で凍りつきました。

 ニューヨークの小さな劇場で、こんな迫力がある曲芸と生演奏とダンスのショーが上演されているなんて、驚きました。たまには小さなカンパニーも観劇してみたほうがいいなと思いました。観てよかった公演です。
(2008年12月21日午後、ATA)