ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様、こんにちは。今秋は暖かかったニューヨークも、ようやく寒くなってきました。また今年も、マンハッタンの街中にクリスマスの美しい飾りつけが施され、一番華やかで綺麗な季節となりました。ダンス公演も目白押しのシーズンです。  私の近況は、数々の受賞歴がある著名なアメリカ人コスチューム・デザイナーのアシスタントの仕事もし始めました。今ちょうど公演中のもので、オフ・ブロードウェイの演劇です。私にとってはこれが2つ目の公演のお手伝いです。私の専門である美術に関係があるコスチュームの仕事なので、楽しんでいます。滅多に出来ない経験です。ショービジネスの舞台裏の勉強にもなります。結構、多忙な生活を送っていて充実しています。

フィンランドのカンパニーの『ボロウド・ライト』

 11月7日から10日まで、テロ・サアリネン・カンパニー&ザ・ボストン・カメラタが『ボロウド・ライト』を、BAM(ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック)で公演しました。

 これは私にとってはとても珍しい、フィンランドのヘルシンキのカンパニーです。フィンランドと言えば、日本でもヴィンテージ食器が有名で密かなブームになりつつありますが、その国のダンスといったらどんなものだろう? と、とても興味を持ちました。

 この公演は、振付がテロ・サアリネンで、ダンスカンパニーのテロ・サアリネン・カンパニー(8人)と、ザ・ボストン・カメラタというオペラのカンパニー(8人)とが一体になった作品でした。歌手もダンサーも全員が舞台に出ていました。全員で歌いながら簡単な振りで踊ったりもしていました。基本的には、周りで歌手が歌い、その前や横でダンサーたちが踊っていました。

 舞台セットは、周りが全体に黒壁、舞台の後ろと横には幅の広い段がついた台が連なっていて、衣装も黒づくめ。照明も薄暗くシンプルで幻想的でした。
 歌手がコーラスでハモリながら、手拍子も入れ、ダンサーたちはコーラスに合わせて足を踏み鳴らしながらリズムを刻み、動いていました。

 この作品は、シェーカー教徒(18世紀中ごろ英国で生まれたキリスト教の一派の信者、礼拝中に身体を振って踊る)の音楽を使った作品で宗教的なものなのですが、何も知らない私たちが公演を観ると、それはとても幻想的で芸術的でした。