ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様、お元気ですか?今年のニューヨークは異常気象で、10月下旬でも昼間はまだ暖かい、おかしな気候です。普通ならニューヨークでは、この時期はもう寒くなっているはずですので、ちょっと心配です。日本はいかがですか?秋も深まってきたでしょうか。

ア・カンボジアン・マジック・フルートの公演

 10月9日から14日まで、ジョイスシアターにて、Pamina Devi(パミナ・デヴィ)の、ア・カンボジアン・マジック・フルートの公演がありました。手の甲と指を全部反らせて踊る、カンボジア独特のダンスです。ダンサーは全員女性たちばかりで、女性役、男性役をしていました。宝塚みたいですね。物語がずっと続いて、ダンスで表現した演劇のような感じで面白かったです。

物語は「私の運命的なツインソウルの結婚相手はどこにいるの?」と探していくと、結局は自分が飼っていた小鳥が人間の女性に姿を変えて、ツインソウルだったと分かるお話でした。「運命的な結婚相手は、あなたの身近にいるものですよ。遠くまで探しに行くのではなく、身近な周りをよく見回してごらんなさい」というメッセージなのだと思います。

衣装はすべてシルクの布で作られた、とても豪華な伝統的な衣装でした。鮮やかな色とゴールドで、すごくきれいでした。頭の上には、ゴールドの塔のような、細長く高い被り物をしていました。独特な濃い目のメイクも美しかったです。
後ろに一列に座った、10人のミュージシャンが生演奏していました。舞台上でお香が焚かれ、客席にまで香りが充満していました。

カンボジアの伝統的なダンスで、全体的に上半身は反らせて、お尻をうんと後ろに突き出して、ヒザを曲げたまま踊っていました。バレエでいうルルベやアティチュードのようなこともしていました。

私は初めてカンボジアの伝統的なダンスを鑑賞しましたが、衣装もメイクも豪華絢爛、キンキラキンで、全員が手や指を外に反らせたまましずしずと踊るので、その独特な、不思議な世界に引き込まれていくようでした。スピリチュアルな要素がとても強いと思います。観ていると、霊的な要素があまりにも強いせいか、両肩がものすごく重くなってきて、息をしにくくなり、息苦しくてたまりませんでした。きっと、意味の深い、スピリチュアルな踊りなのでしょうね。