ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

  皆様、こんにちは。ニューヨークは暖かくなり、春真っ盛りです。桜もモクレンの花も満開です。と同時に、ニューヨークは花粉症の人がとても多くなる季節でもあります。日本はいかがでしょうか?お体だけには気を付けてくださいね。4月はバレエ公演がほとんどなかったので、今回はコンテンポラリーダンスのレポートをお送りします。また5月にはニューヨーク・シティー・バレエの公演が行われるので、来月号はその世界初公演の『ロミオとジュリエット』をぜひレポートしたいと思っています。お楽しみに。

マックス・ポラック & ルンバ・タップがジョイス・ソーホーで公演

4月5日から8日まで、ジョイス・ソーホーにて、マックス・ポラック & ルンバ・タップの『Viis』の初公演がありました。ジョイス・ソーホーは、ジョイスシアターの系列の小さな劇場です。おしゃれなブティック街のソーホーのど真ん中にあります。客席と舞台が同じフロアー上にあって至近距離なので、特にタップダンスなどはすごい迫力で観ることが出来ます。ニューヨークに旅行でお越しの機会があれば、ジョイス・ソーホーのダンス公演もチェックして観劇するのもおすすめです。

  マックス・ポラック & ルンバ・タップは、ニューヨークをベースに活動しています。彼らはとてもニューヨークらしいタップ・ダンスカンパニーなので、レポートしてみました。以前、このコラムでも、タップシティー(ニューヨークのタップのフェスティバル)に出演していたものをレポートしたことがあります。タップダンスはもともとジャズのリズムで出来上がっていったものですが、最近はヒップホップのリズムを使ったファンク・タップなども出てきていて、バラエティーがあります。
 マックス・ポラックは、1991年にニューヨークに移住後、ラテン・キューバン・コミュニティーの影響を受け、自分のパフォーマンスにアフロ・キューバン・ジャズの音楽の要素を取り入れて、独自のスタイルを確立しました。彼は、もともと大学でジャズを専攻したプロのドラマーだったそうです。
 ニューヨークにいるタップダンサーには、パーカッショニストも兼ねている人たちも大勢います。タップダンスはリズム感が重要な要素なので、打楽器奏者がタップを取り入れたり転向するケースが多いのでしょうね。

 今回の公演は、6人のミュージシャンたちの生演奏と4人のダンサーたちのコラボレーションです。マックス・ポラックとポール・カールトン(メンバーのサックス奏者)が作曲したオリジナル曲を使った公演です。
 ダンサーの一人は日本人女性で、岩堀チカコです。ダンサーは4人だけですが、人種がとてもバラエティーに富んでいて、黒人男性、フランス人女性、そしてオーストリア出身のマックスです。パーカッシヴな音楽に乗って、途中にはタップダンスのバトルも繰り広げられて、歌もあり、楽しく明るい公演でした。彼らは、自分たち独自のカラーで表現しているので、面白いと思います。


 

 
マックス・ポラック